蜜のあわれの作品情報・感想・評価

蜜のあわれ2016年製作の映画)

上映日:2016年04月01日

製作国:

上映時間:110分

3.3

あらすじ

赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。 「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか―」奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく―。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ…

赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。 「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか―」奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく―。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ蘇った幽霊のゆり子(真木よう子)が現れる。作家の芥川龍之介(高良健吾)、金魚売りのおじちゃん・辰夫(永瀬正敏)が3人の行方を密かに見守る中、ある事件が起きて・・

「蜜のあわれ」に投稿された感想・評価

AYANE

AYANEの感想・評価

3.5
こういう不思議系の映画は眠くなったしまうことが多いですが
二階堂ふみさん演じる金魚の少女らしくもうっとりするような眼差しやしぐさ、ひらひらの尾びれ、お水の音に自然と引き込まれていました
唇のラインでぷっつり切られた真っ黒な髪と真っ赤なひらひらした衣装がとってもお似合いで美しい
特に面白さは感じなかったけど、
色味が好き
この監督の新作、もともと題名とポスタービジュアルがカッコよくて観ようと思ってたけど
ああ、だから色味が好きなのかと納得
赤い金魚が二階堂ふみ演じる妖艶な少女になって大杉漣を翻弄するぞ!

二階堂ふみと大杉漣はそれぞれハマリ役。
なのだが内容はだいぶ雰囲気任せの部分も多い。

キャスト含めた"画の力"を楽しむ映画かと。
mayo

mayoの感想・評価

-
そういえば室生犀星は読んだことがないな。
清順のような画が撮りたいのはわかるんだけど、うーん。結局は真似事に過ぎないし本家は超えられないよ。建物とロケ地にしか魅力を感じなかった。
n

nの感想・評価

2.5
高良健吾演じる芥川(龍之介)が最高にカッコいいです!惚れ惚れしちゃう♡

金魚との恋を描いた作品で、決して面白い訳ではないのに、独特のセリフと映像と水の音でなんやかんや最後まで見ちゃった、まぁ、雰囲気映画です。

私にとって二階堂ふみは決して好きではないのになんとなく見てしまう、まさにこの映画のような女優さんであったりします。

そして今は亡き大杉漣さん。
モテモテですがな!!
大杉漣さんの急逝は本当に突然で、、
只々信じられなかった。
テレビ東京のドラマ "バイプレイヤーズ" でのご本人の役をとぼけた感じでイキイキと演じているのを観ていたばかりだったから、何が何だか。。

結局、人はいつ亡くなるのか誰にもわからない…と思った。


下積みの長かった人だった。
過去作を紐解くと、ちょっと人前では口にできないようなタイトルの作品のオンパレードに改めて驚く。こんなにたくさん、、
"ソナチネ"で北野武に見出されてからの活躍は周知の事実で、バイオレンス物の作品は苦手な自分の目に留まることはなかったが、正にバイプレイヤーとしてどんな人物にもなり得る素晴らしい俳優だった。
バラエティで見せてくれる、内面から滲みでてくる人の良さ、あったかさが好きだった。

また漣さんに作品の中で会いたいな、と思ってずっと今作を借りるべくレンタル店に足を運ぶも、一本しかない為いつも貸し出し中。。
やっと、この度観ることができた!


日本家屋に着物姿、昭和ノスタルジーを感じさせる老作家(大杉漣)と真っ赤な金魚の生まれ変わり?の赤子(二階堂ふみ)が織り成すファンタジーであり、時にミュージカル、そして官能的な…"おじさま"と"あたい"の可笑しくも切ない物語。。

石井岳龍という監督はよく知らないのだけれど、一番評価が高いのは"狂い咲きサンダーロード"、、なのかな。独特の感性の人だと思う。
"ふるさとは遠きにありて思ふもの"で有名な詩人・小説家として名を馳せている室生犀星が、晩年に書いた小説"蜜のあわれ"を映像化。

何と言ってもキャストが絶妙!
室生犀星がどんな人だったかわからないが、文芸に秀でた人にありがちな、妄想にとらわれる人だったと想像する。
大杉漣が演じると、暗くならずむしろコミカルで憎めない素敵なおじさまの出来上がり!この世界観にピッタリ。
赤子は、二階堂ふみ以外には演じさせたくない。
顔は幼いのに、口から出てくるおじさまを困らせる文芸調のセリフの数々、、そのギャップがたまらない。
そして、場面場面で変わる赤いドレス。
ひらひらと赤子が踊る不思議なダンス…
金魚ってこんなに官能的だっけ⁉︎

確かに"エロティック"カテゴリに置いてあるだけあって、そういうシーンは結構出てくるのだけれど、二階堂ふみが可愛らし過ぎて、全然いやらしい感じにはならない。
逆に、笑えたり微笑ましくもある。


1章 あたいの初夜
2章 金魚の空似
3章 死と税金
4章 命あるところ

というようになっているのだが、


二人を取り巻く登場人物に、幽霊の田村のおばさま(真木よう子)、金魚売り(永瀬正敏)、おじさまの友人・芥川龍之介の幽霊(高良健吾)、などまたまた個性的な面々。高良健吾の芥川龍之介役は、、
なかなかハマっていて素敵。
後ろ姿のヌードが美しい!

初老に差し掛かったおじさまが、老いること=死への恐怖からおそらく作り出したであろう赤子。
若い、イキのいいエネルギーを赤子から得て、創造の泉を満たしていたおじさま。

オープニング・クレジットの何と幻想的なこと!
何度でも観ていたかった。。
願わくば、エンド・クレジットももう少し余韻のあるものにして欲しかった。
音楽も美しくて!
ロケは室生犀星の故郷である金沢で行われたらしいが、今作の雰囲気にこれまた合ってるのだなぁ。。



"オレ達は震災も空襲も生き延びた。後はオマケだ、そうだろ?" とおじさまに向かって言う医者の言葉が、この時代を生きた人達を象徴しているように思った。





漣さん、
とてもじゃないけどこんな可笑しな役、漣さんしかできないよ。素敵なおじさま!笑
もっともっと、漣さんのことスクリーンで観ていたかったけど、それは叶わないので遺してくれた作品の中にまた会いに行きますね。。
天国でもサッカーしてるのかな。


なんか、涙が溢れてきちゃった。。

たくさんの夢を、ありがとうございました!


遅ればせながら、
大杉漣さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
切身

切身の感想・評価

3.1
大杉漣さん。
そして、あんまり好みじゃなかった方の二階堂ふみ。
あと、やたら目がでかい真木よう子。
キャストがなぁ。
sai

saiの感想・評価

3.2
台詞がまさに小説。
特に赤子の台詞はおじさまの書いた小説に影響を受けているせいか、かくも美しいし響きが良い。

全体的に古さの良さをいかしたシーンや色使いでそれはそれで良かったけれど、途中のやりとりが現代っぽくてちぐはぐ感もちょいあり。
とはいえ、ふみさん然り、真木さん含めて出演している女性陣の艶やかさが凄かった。

個人的には大杉連さんの演技が良くて、見ていて少し泣けた。
凄い俳優さんが亡くなったんだなぁと、寂しい気持ちになった。
二階堂ふみの金魚感も最高だったし
大杉漣の老い先短いスケベな老作家も最高でした。
こういう昭和的浪漫と様式美は、伝え残したいなあ。
画面の色味や話の緩急もいい塩梅で、
言葉遣いが古くとも新しい映画に感じました。
綺

綺の感想・評価

-
赤いっぱいでかわい〜以外になにも思わないくらい意味がわからない、、、高良健吾が芥川なのはチョベリグ!
>|