蜜のあわれの作品情報・感想・評価

蜜のあわれ2016年製作の映画)

上映日:2016年04月01日

製作国:

上映時間:110分

3.3

あらすじ

赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。 「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか―」奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく―。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ…

赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。 「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか―」奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく―。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ蘇った幽霊のゆり子(真木よう子)が現れる。作家の芥川龍之介(高良健吾)、金魚売りのおじちゃん・辰夫(永瀬正敏)が3人の行方を密かに見守る中、ある事件が起きて・・

「蜜のあわれ」に投稿された感想・評価

Tomomi

Tomomiの感想・評価

3.1
二階堂ふみちゃんが出てたから観た

うーんって感じ

音楽は好きだった
Kana

Kanaの感想・評価

2.0
美しい金魚と物書きのドロドロに儚い浪漫譚。
二階堂ふみの阿呆で妖艶な演技が美しい。
大杉漣の優しさを履き違えた身勝手さが憎らしい。
絵的にはすごく綺麗ですが、2時間は長いかなぁ。
1時間くらいにまとめて欲しかった。
真奈

真奈の感想・評価

3.0
"人を好きになるということは、愉しいことでございます。"

二階堂ふみがとにかくキュートだった。お尻めちゃ綺麗で羨ましい(?)
金魚みたいなフィッシュテール風の真っ赤な衣装がどれも可愛かった。
アクタガワの高良健吾も雰囲気あってよかったなあ。

女だっていつも男のことを考えてるのよ、の一連の台詞が個人的にとても好き。全編通して独特の台詞回しがよかった、真似したくなる。

大杉漣が今年亡くなったことを考えると、死期を悟ってる老作家がすごく切なかった…。
二階堂ふみちゃんがかわいい。女の子ーー!って感じがいい。
途中で出てくるダンスが謎だったけど、雰囲気が好きな映画だった。
Mika

Mikaの感想・評価

3.1
おじいさんと少女の種族を超えた愛、不倫、幽霊…という幻想的すぎる設定だらけのこのような類の映画があまり得意でないのだが、とにかく二階堂ふみの金魚役がかわいくてハマリ役だったから見続けられた。ぷくーっと顔を膨らますところがたまらなかった。
真木よう子の存在がいまいち解せず、、途中で二階堂ふみに絡みに行くところもよくわからなかった。文学的な深い意味があるのか?
つな

つなの感想・評価

3.5
金魚ってこんなにかわいいのか…

ほんとに文学の世界をそのまま映像にしたような雰囲気
優しくするばかりで自分を追いつめて苦しむおじさまはとても作家らしい
というか金魚をここまで愛でるなんてすごいな
この手の作品の難しさは、監督自身の人間に対しての言及の度合いと、それをどう物語という媒体を信頼し、その機能を理解しているかが非常に問われる点だと思う。

その意味で、本作は描こうとしているテーマの悉くを失敗しまくっていると言える。

映画という物語の場合。
生きることの躍動のための恋とエロス。物語というもののメタ視点。死。暴力。
それらを複合的に見せていく構造の構築、という事が、混乱していると作品は途端に曖昧になり、破綻する。
悪い場合、劇中での出来事が、劇中でのみ成立して途端に陳腐に成り下がってしまう。

観客が一瞬でも非現実の世界で、我を忘れてしまう、というのが映画のカタルシスだと思う。

が、まず、高良健吾以外の役者の演技力の無さに問題がある。
会話劇として、台詞がまったく現実感を持たない上に、個々の役者のパターン演技に終始している。
これはつまり、映像の世界観への無理解が原因(多くは監督の演技指導のできなさ、による)。

続いて脚本の不備。
物語を通じての具体的な表層的な出来事や心情の描写として多くの要素を詰め込んではいるが説明的。
誰にとってのどういう物語なのかが混乱している。
つまり主人公が大杉漣なのか二階堂ふみなのかが判別しない。
金魚が人間になっていく「人魚姫」的な物語なのかといえばそうでもなく。
大杉漣の死を描く作品なのだというのであればそれもまた、描き切れていない。

それぞれの物語がそれぞれの中でリンクしないので繋がらない。

そして何より監督、演出の技術不足。
石井監督の得意とするアクション演出は意図的に封印しているとして、人間ドラマを描くには世界観の構築がうまくいってない。
それは前述の人間への洞察と、脚本がうまくいってないことのブラッシュアップという視点がなかったからだと思う。

つまり、そのまま撮っちゃった、という感じ。

で、話は「ラストタンゴ・イン・パリ」をやりたいんだろう。だからこそ、SF設定をうまくやって、人物のエモーションを大事にして撮って欲しかった。
だが、役者は高良健吾と韓英恵以外は本当にダメ。


いやらしい映画は、いやらしくちゃんと撮れ!と言いたい。
ひさな

ひさなの感想・評価

3.4
誰にでも優しい人間の駄目なところを詰め込んだみたいな先生が見ててしんどかった

絵も台詞回しもすごく綺麗。好き。特に第2章。

邦画の踊るシーンはやっぱりあんまり好きになれません
しろ

しろの感想・評価

3.8
金魚が美しく艶やかな女性となり、男と生活を共にする。

金魚の赤子を演じる二階堂ふみさんは、幻想的でもあり妖艶な雰囲気を纏っている。

荻原浩さん原作の小説『金魚姫』でも金魚が赤い衣を纏った美しい女性として登場する。

金魚は、人の手によって鑑賞する為に品種改良されて現在の金魚の姿がある。
その為、人を魅了する金魚に虜になるのは、人として至極当然なのかもしれない。
悠

悠の感想・評価

3.0
ふみちゃんがすごく役に合ってるし可愛い。
文学的だがポップ
鏡が割れて、ふみちゃんが「はっ!」てなる時の表情がとても良い...

原作読みたいのにどこにも無い...
>|