野性の呼び声の作品情報・感想・評価・動画配信

「野性の呼び声」に投稿された感想・評価

とある犬の壮大な冒険の物語。

名犬、バック。
この犬、フルCGなのか、な。
スゴい豊かな表情。
賢い犬、バック。言葉は話せなくても完全に人間の意図を理解し、コミュニケーションが取れてる。

そんな犬が飼い犬から拉致されて北に売り飛ばされるところから話が始まる。

北は黄金発掘に明け暮れる時代。
パワフルなバックは北で犬ぞりなどの労働力として買われてしまう。
そこから彼の壮大な人生が幕を開ける。

買い手にも色々いる。
暴力的に無理矢理従わせる人間もいれば、愛を持って信頼しつつ言葉をかけて一緒に働く人間もいれば、主従関係を超えた対等に付き合う人間もいる。

そんな人間たちの都合と、拠り所となりながら点々としつつ、彼が触れたことのないモノや世界を体験し、導かれていく。

この要所要所に出てくる象徴的な“黒い大きい狼”。カッコいい。何かするわけでもなく、具体的に何かを示すわけでもなく、ちょいちょい出てきてバックに“何か”を奮い立たせる。

そのまさに“呼び声”に導かれるように、バックは1つの帰結に向かう。

ハリソンフォード、完全におじいさんになってしまったが、色んな悔恨にまみれたおじいさん。深みがあるおじいさん。

ある意味、バックとこのおじいさんだからこそ、人間同士では解決しない進展しないお互いの人生を埋め合うような関係性が良い。

その前に出てきた犬ソリで手紙配布の件もなかなか良い。人間と犬とのかけがえのないコミュニケーションと、犬同士の摩擦の中にバックの真の姿をバック自ら感じ取っていく。

あの雪崩のシーンは圧巻。

犬が主人公なだけに、双方向の会話はない。
犬なので、どこまでいっても言葉では理解し合えない。
なのに、そこには“何か”が確実にあり、バックも、そして、バックと関わる人間にも、“何か”を感じられる。

時に優しく雄大で、時に厳しく辛い自然の世界の中で、導かれるまま進む名犬、バック。

波瀾万丈な旅の先に見た彼の運命、そこにあり。
Hiroto

Hirotoの感想・評価

3.0
小説を先に読むべきだったかもしれない。
それでも、ハリソン・フォードがしぶくてかっこよかった。
映画版 流れ星銀。お金持ちに飼われていた犬が拐われて、野生の生活になって強くいく物語。流石に喋りはしないが犬が主役。昔の動物映画のような無理矢理感は無く、CGで表情を作っているのでとても見やすい。
みどり

みどりの感想・評価

3.5
バックの表情が豊かでもはや人間みたいでした🐕
作品と関係ないけどキャンプしたくなる笑🏕
ぴっぴ

ぴっぴの感想・評価

3.0
ハリソン・フォードの
渋おじいちゃんも素敵だけど
主人公は犬のバック。
めちゃくちゃ可愛かった。
犬飼いたくなっちゃうけど
バックを考えると
なによりも
「君は好きに生きろ!」と
叫びたい。

CG満載だろうけど
あまり気にはならない。
犬と一緒の生活、
きっとあんな感じなのかな。
期待しておこう。
msh

mshの感想・評価

3.5
わんこの声が聞こえる😳
波瀾万丈なわんこの犬生が
生き生きと魅力的に描かれてます✨
souma

soumaの感想・評価

3.8
『ここがホームだ』

それほど期待してなかった作品なのだけど
実のところ、かなり面白かった。
ちょっと子供向け?
っていうより、ファミリー映画って感じ。

みんなに言っておきたいこととしては
「主演:ハリソン・フォード」映画ではなく
主人公は、犬のバック!!!
わんこ好きなら絶対好きなやつなので
是非見てほしい。

それにしても、本当にわんこのCGは凄いな。
違和感がなさ過ぎて
逆に違和感しかないwww


時代はゴールドラッシュ時代。
物語は裕福な家庭で育てられたバック(大型犬)が
犬さらいに捕まり
犬ぞりとして売られてしまうところから。
大自然の中で
犬としての本能に目覚めていくというストーリー。

未経験の犬ぞりに奮闘するバックと
他の犬たちの雄姿が
この映画の一番好きなポイントでした。

ちなみに、この時点でハリソン・フォードは
数カットしか出てきてないという事実www


後半は、ハリソン・フォードとバックの
未知の土地への冒険譚。
観賞前は、これが作品の大部分なのかと思っていたので
意外な感じでした。



◆キャスト
・監督:クリス・サンダー
「リロ&スティッチ」や「ヒックとドラゴン」の監督。
なるほどねーーー!!!
道理で作風がファミリー向けっぽいなと思ったんだよ。
これは、監督のいいところが出てた作品だったと思う。
「ヒックとドラゴン」好きな人は是非~♪

・ソーントン:ハリソン・フォード
内容的には主演ではなく助演だねー。
それにしては、豪華なキャスティング。
むしろ豪華すぎて
見る前はそっちに引っ張られてしまう。


◆MEMO
原作は世界的に有名で
何度も映像化もされてるらしい。
peco

pecoの感想・評価

3.5
スターチャンネル
吹替
連れ去られた飼い犬が旅してご主人の元に戻ってくる話しかと思ってたら全然違ってた。やんちゃな駄目犬バックの成長物語でとても面白かった。
ワンコ達の表情やしぐさが可愛いい。しかし最初の飼い主の判事さん心配してるだろなぁ。
Maki

Makiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

これは映画館のスクリーンで見たかったなぁ!
本当に美しい自然が広がっていて、見とれる✨
オーロラの輝く空のもと、雪原を思いっきり駆ける犬達とか、綺麗だったなぁ✨

暖かな地でペットだったやんちゃなバック。
彼が表情豊かで愛嬌たっぷり。
なにより賢い。


紆余曲折あって巡りあったソーントンとのいい相棒関係、というか最初バックが酒浸りの彼を面倒見てた?(笑)
ウイスキーを元凶だと見るや持っていって埋めちゃうとか✨
最後に2人でたどり着いた楽園でウイスキー見つけたソーントンをじっっっ…とり見つめるバックとか(笑)
最 高 か ( 〃▽〃)

でっかい金塊咥えたバックを見てないソーントンとか、ちょいちょいクスッと笑えるシーンがあって、凄くよかった✨

あの真っ白な森林狼の美しさや、野生に導く黒い狼も見事。

そんな自然や野生の動物たちが美しいからこそ、浮き彫りになる人間の醜さが哀しい。
でもソーントンは安らかに眠れるだろう。
バックが守る土地だから。

しかしハリソン・フォードはいくつになってもカッコいい❤️


見てよかった✨
ha7ta6

ha7ta6の感想・評価

3.5
ハリソンさんの肉体が凄い!

やっぱりCGはぎこちなく見えます。
>|