狩人と犬、最後の旅の作品情報・感想・評価

「狩人と犬、最後の旅」に投稿された感想・評価

ノーマン・ウィンターは俳優ではないということもあり、全体的にドラマとドキュメンタリーの中間のような作りになっています。このように壮大で圧倒的な大自然を目にすると、人間の存在がいかに小さく、他の動物たちと同じように自然の一部なのだということがよくわかります。自然はやはり敬い尊敬すべきものなのです。しかし同時に人間には自然を調整しているという責任もあります。人間が上手に関わることにより、自然もより一層繁栄することができる。その二つの調和の仕方をノーマンは教えてくれます。
このような彼の哲学から私たちが学び、やるべきこと、そして彼がなぜこの映画に出演したのかその理由を考えなくてはなりません。
そして犬たちが本当にかわいい!
ak205

ak205の感想・評価

5.0
自然を壊さずその一部になって生きるというのはこういうことだな。
「捕った動物に対して許しは請わず感謝する」という狩人の言葉に重みがある。
動物愛護団体の人たちも一回観てみたらいいと思う。
Gasoline

Gasolineの感想・評価

3.3
自然が豊かすぎる!
木で家を作る能力に感心した。
狩人は散弾銃使うイメージだったけど
罠を仕掛けるスタイルだった点に驚いた。
あと映画として
映像の撮り方が想像できない。
撮影に要した苦労は相当なものだったと思う
ju

juの感想・評価

5.0
下手に映画館に行ってつまらない映画みるなら
これを観るべき!

ノーマンに会いにカナダに行きたい🇨🇦

尊敬するノーマン!!

映画の最初に出てた犬は
保健所から引き取った犬らしい

映画に出てた犬ゾリ犬達はノーマンの本当の犬
なんだってw

アパッシュの子犬も本当らしい🐕

狩人になりたいし、
こうゆう生活に憧れる!

御涙頂戴じゃなくて良かった

犬大好きだから可愛すぎ❤️
主人公ノーマン・ウィンターは実在の狩人だそうです
長年ロッキーの大自然と犬に囲まれ暮らしてきた彼ですが、自然破壊と寄る年波に逆らえず、今年限りで山を降りる決心をします
そんな折、ソリのリーダー犬を交通事故で亡くしてしまいます
【注意】
単にワンコかわいい・・・的な目線を期待して観ると、大自然に活きる厳しさに跳ね返されますよ~
MAENOLI

MAENOLIの感想・評価

4.5
2018 18 1

この映画大好きで10回くらい観てるんですが、何回観ても飽きないです。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.0
実話なんだな、すごい。
犬って人間の良きパートナーなんだね。
ロッキー山脈、広がる雪原、動物、大河、シベリアンハスキーたち。これは、これだけの映像を楽しむ為には映画館で観たいなぁ。澄んだ空気と犬たちの匂いが伝わってきそう。

田舎に住んでた頃、ウチにもハスキー居たんで、もう一度ギュッと抱きしめたい、と、思い出しながら。
ekoda8

ekoda8の感想・評価

4.0
なんだよ、犬を愛でる映画じゃんかっ!


ってなめてみてたけど、見終わって
「犬を愛でて何が悪い」に変わってた。

ドラマ性は無いので感動モノだと思ってかかると息切れします。
カナダの北極圏・ユーコン準州で暮らす罠猟師ノーマン・ウィンターのドキュメンタリー的作品

一年にわたる生活の撮影ゎBBCのネイチャー・ドキュメンタリーにも劣らない大自然との共存の記録である

フランス人冒険家/監督による大人向け/子供向けコメンタリーで詳しく語られるウィンターの哲学ゃ俳優/犬達の背景がとても興味深い♥

「人間が生き残る為にゎ自然との共存が必要だ」

(^^)/\(^^)
>|