アスの作品情報・感想・評価・動画配信

アス2019年製作の映画)

Us

上映日:2019年09月06日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「アス」に投稿された感想・評価

muka

mukaの感想・評価

3.4
もっと、子供の時のトラウマを自分の内面と向き合う精神的なホラーかと思っていたが、ゾンビ映画的な要素が。
ラストは少し読めていたが、こういう終わり方は嫌いではない。
テザードたらのジェットコースターのシーンが個人的には好きかな。
「ゲットアウト」の監督の作品ということで観賞。もしも自分の分身が現れて襲ってきたらどうしようなんてドキドキしてしまった。ラストが私的に一番ゾクッとしたし、ある意味一番怖いなと思った。ふわふわの白いうさちゃんがいっぱ出でてくるので不覚にもそこには少し癒されてしまった笑
みんなゲットアウトの方が好きって言うし、私もゲットアウトの方がスッキリして好きだったな
Hir

Hirの感想・評価

1.0

週末の貴重な時間を、、

たぶんこの作品は損している。

この映画のサントラは欲しいかも。
はむ

はむの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

怖かった〜〜
最後、主人公が息子を探しに行ったときになんで道わかるの?ってあたりからオチが見えてきました。
だけど、影になってしまった方と対峙するときそれについて恨み言的なこと言わないことに違和感。
なんかいろいろわからなかったですが、解説を読めとほかのレビュアーさんが言っていたので解説読むと、ほ〜〜そんな意図がと思うこと多数。アメリカ人に向けての映画だったのかとなんだか納得。そういう映画珍しいような?「we are Americans」の意味も解説読んでなかった全くスルーしてました。黒人差別の意識がこちらにはないから余計、気づかないのかな。
この監督の他の映画見たいと思いました。
ゆ

ゆの感想・評価

-
怖いの苦手だから解説を見ながら見た
意図的にたくさん主張を散りばめるのってすごすぎるよ。。
tsuccccchi

tsuccccchiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ホラーというよりもサスペンスよりなのかな

幼少期に迷子になったトラウマを抱える母親が
結婚後に家族と迷子になった地に戻ってくるところから始まり、
停電してからの「外に家族が立ってる」からゆっくりと怖くなってくる

全然警察こねーなって思ってたら、
アディの家族だけでなく、アメリカ中でこんなんなってたのね

冒頭の地下の話がここで繋がってくるのか、と。

そして弟くんが聡明で、
彼だけ仮面を被ったときに限り
分身と動きがリンクすることに気づき
最後の危機を回避する。

ただ、そこで分身アディ(要するに本物アディ)が弟くんを連れ去ったあたりから弟くんももしかして分身、、?なんて思ったけどそれは最後までわからんかった

ビーチでトイレに行くと言って一瞬いなくなり、
あのアトラクションに通りががったりしていたし、
弟くんの分身だけ異質だった。
アディが自分が本来地下の住人だったことを思い出したときにも、
弟くんは仮面を被ったので気づいていたような気がするけど。。

hands across America
は調べないとわからない
1986年に実際に起きたチャリティイベント
実際には募金がうまく集まらず、
富裕層の偽善と揶揄されていて
富裕層と貧困層を区別する結果になっていたそう

友人家族とビーチに行った際に、
友人家族のマウンティングの話もしていたし、
ゲットアウトしかり元々差別とか区別がテーマになってそうだし
それを地下の住人がやることにもメッセージが込められてそう
(つまりよくわからん)
0418

0418の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

外に4人並んでるシーンが新しい怖さで良かった ゲットアウトでも思ったけど、遠くのはっきりした人影の撮り方?が怖くて良い
Sarah

Sarahの感想・評価

3.8
怖...怖すぎて途中から早く終わらないかなって思ってたみんな一人二役?凄い
バトルってるシーンでノリノリのヒップホップ流れてるの狂気
ゆげ

ゆげの感想・評価

3.8
Good Vibrationsだったり、キル数でマウント取ったり、突然の後ろ歩きと色々とシュール

序盤はさておき中盤以降は何かの感染者に襲われるゾンビ系の映画みたいな雰囲気へ

とりあえず、姉が地味に強いのと、ハサミにヤられすぎ
>|