アイデン&ティティの作品情報・感想・評価

「アイデン&ティティ」に投稿された感想・評価

JBOY

JBOYの感想・評価

4.4
大人たちを困らせたいんだ!!!
ありがとうディラン
ありがとうティティ
やらなきゃいけないことをやるだけさ。
酔っ払った高円寺の夜に
この映画と出逢えて良かった。ぜ。
odkhr

odkhrの感想・評価

3.5
若い大森南朋すごい好きだな、今も好きだけど。
とにかく麻生久美子が女神です、終始。
AsamiiN

AsamiiNの感想・評価

3.6
何回観ても私もティティみたいになりたいよ。
そんでもってティティみたいな彼女が欲しい。
すごく。って言われたい。
Mountain

Mountainの感想・評価

2.5
なんか、こう…
見た後にモヤモヤっと余韻が残る映画でした。

夢を追いかけるバンドマンが現実を目の当たりにし、葛藤するお話。

麻生久美子の
達観したかのような、全てを包み込むような役柄が印象的でした。

この映画は
麻生久美子に惚れる映画だと思いますw


ゴイステの峯田さんとしてしか知らなかったので、役者として演技をしているのを見るのは初めてで新鮮でした。
内容うんぬんじゃなく中島の彼女の”女の鏡感”に感動系

いつの日かの思い出の映画
Kaz

Kazの感想・評価

5.0
グミチョコレートパイン、ソラニン、宮本から君へ、モテキ、ボーイズ・オン・ザ・ラン、そしてアイデン&ティティ。
ボンクラなヤングが必ずと言っていいほど手に取る作品は光であり、闇である。
自分と似たような境遇の主人公に心情が気持ちが悪いくらいにシンクロして、顔がよじれたり胃酸が逆流しそうになる。

どんな気がする?孤独であるということは。
どんな気がする?誰にも知られないということは。

本作は常にそう語りかけてくる。

今の自分をどう思う?

その問いに真っ向から向かい合えない自分がいたりして、あぁ、あの頃とそんなに変わってないかもなぁと思った。



追伸
ようやく観始めた「高嶺の花」。やっぱり自分の中には峯田和伸という人がこの先もずっと生きてゆくのだなと確信した。
しょ

しょの感想・評価

3.0
バンド経験者は観れると思うけどわそうじゃない人にはどうなんやろう。棒読みのセリフがなんとも
ふじも

ふじもの感想・評価

3.2
体調不良のコンディションで観たので寝落ちしてしまった。
ちゃんと観たらきっともっとステキなのかもしれない。
わたしは色即ぜねれいしょんのほうが好きだが好みでしょうな

男の人目線で見たらもっとぐっとくるかも
SATOKO

SATOKOの感想・評価

3.2
このタイミングで図らずもディラン(偽者だけど)が出てくる映画 笑
麻生久美子が女神……
えの

えのの感想・評価

-
京都みなみ会館にて。
ディランの語り、言葉
峯田の泥臭い演技。
生きづらさを痛感する、だけど みうらじゅんの変態さが詰まりすぎてる(笑)
>|