「アイデン&ティティ」に投稿された感想・レビュー

ねむたい
ねむたいの感想・レビュー
11時間
4.0
2017/03/28
なかしょ
なかしょの感想・レビュー
2日
2.5
バンドって1人じゃないから難しいのかなあと思った。
シミズ
シミズの感想・レビュー
5日
3.3
テレビのシーンは通常の峯田和伸という感じがした
tzm3
tzm3の感想・レビュー
6日
4.8
やる気が出せなくなった時とか自分に自信がなくなった時、とりあえず観たくなる映画。
みひろぎ
みひろぎの感想・レビュー
2017/03/21
2.5
銀杏が好きだった青春時代によく観た。
そうだよねぇバンドマンってこんなんだよねって感じ。
面白い面白くないは別として、私は好き。
KazuhiroKira
KazuhiroKiraの感想・レビュー
2017/03/19
3.8
アイデンとティティは一緒になってこそ!楽しかった!
ひろ
ひろの感想・レビュー
2017/03/18
3.6
みうらじゅんの漫画「アイデン&ティティ」を原作として、俳優の田口トモロヲが映画初監督、宮藤官九郎が脚本を担当して映画化された2003年の日本映画

1980年代後半~1990年代初頭の日本のバンド・ブームを背景とした作品だが、偽物のロックを語るバンドがはびこる中で、本物のロックを目指して苦悩するというのは、いつの時代でもある話だ。商業主義VSロックというのも、昔から続く戦いだ。

SPEED WAYも音楽の方向性で揺れ動いていて、こういうロック・ミュージシャンの青春というのは音楽好きにはたまらない。しかも、主人公の中島を演じてるのは、俳優デビューとなった元GOING STEADY、現・銀杏BOYZの峯田和伸なんだからテンション上がる。

ちょうどこの時期ゴイステが解散して、ソロ活動中だったから俳優という新しい挑戦をしてみたかったんだろう。彼女がいるのに女にだらしない高円寺に住むミュージシャンって、これ峯田の自伝なんじゃないのって思うぐらい、昔の峯田像そのままなキャラクター(笑)

後半のライブで歌う前に語るところなんか、自分のライブの時と変わらないし。歌も峯田が歌うとゴイステっぽくてよかったな。峯田って憎めないキャラクターだよね。

中島の彼女役の麻生久美子は、彼女のせいって言うより脚本のせいで微妙だったかな。あまりにも達観しすぎな女性が、ちょっと現実感なくて、あまり馴染めなかった。

SPEED WAYのボーカルのジョニーを演じた中村獅童。この頃まだ映画のキャリアも浅かったけど、「ピンポン」のドラゴンがインパクトありすぎたから物足りなかった。何よりもボーカルとして、歌唱力に問題があるような(笑)

脇役で浅野忠信、ポカスカジャン、大杉漣など豪華な人が出てくるのは贅沢だ。バンド・ブーム終焉後にロックを支えたニューロティカなんかも出演してるのは、ロックファンにはうれしい。

全編にわたってみうらじゅんが敬愛するボブ・ディランへのオマージュがあるのがよかった。中島が悩む度に、ディランの有名な歌詞が教えとして出てきたり、主題歌が「Like a Rolling Stone」だったりして最高。ロックが好きならボブ・ディランを聴いてることは義務だし、ディランの歌詞がいちいち心を打つ。

多少尺が長すぎて間延びしてるのと、脚本にも少々難があったものの、結局は音楽で全て吹き飛んですっきりする。そんな映画。
ミー
ミーの感想・レビュー
2017/03/18
1.2
就活生として刺さったのは「バンドっつったって社会なんだよ」だけで、しかもしんどい気持ちになったので私には向いてませんでした
adeletree
adeletreeの感想・レビュー
2017/03/15
-
峯田かわいいかっこいい
服部
服部の感想・レビュー
2017/03/14
3.4
この頃の峯田はもういない
>|