やっぱり契約破棄していいですか!?の作品情報・感想・評価

上映館(3館)

「やっぱり契約破棄していいですか!?」に投稿された感想・評価

mimiyi

mimiyiの感想・評価

3.8
設定が面白い!キアヌさーん、暗殺者組織がココにもあるよw個人成績のグラフ貼ってるとか会社の営業所みたいだけどw
殺る側も殺られる側も間が悪くなんともマヌケ揃いだが、自殺願望や暗殺の話がブラックな笑いでシニカルに進む。
もっと面白く出来そうなんだけどなぁ、ちょっと地味でもっさりしてる。なんか勿体ない。
なんだかんだと丸く収まるのかと思いきや・・
!!の伏線回収。オチがついたというより落とし前をつけた終わり方。
瞬時にはわからなかったけど、なるほどちょっと深い。
rimokev

rimokevの感想・評価

3.6
これは良いブラック。ちゃんと笑える。
堅い真面目な映画が続いたら、間にこういうの挟むと力抜けて良いかも。
あんなカッコいいアナイリンがしっかり冴えてない。
seaslug70

seaslug70の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

イギリスのコメディ映画。
自殺したいのに不運(幸運?)にも死ぬことができない青年ウィリアムと、ノルマが迫り、引退を勧告される殺し屋のレスリーとの出会いから、青年の死を巡る物語。
ウィリアムは小説家を目指すも上手くいかず、惨めな人生を送ってきた。彼は死を殺し屋のレスリーに委ねた。子どもを救ってヒーローとして惜しまれつつ死にたいとウィリアムは語るも、金銭的な問題で予告なしで1週間以内に射殺されることで契約が合意に至る。しかし、そんな彼のもとに小説についての話が舞い込んでくる。記者のエミリーは彼の小説に目をつけ、上司に頼み込み出版に向けた打ち合わせをセッティングする。ウィリアムはその日は殺害しないようレスリーに言うも、レスリーはこれを拒否。ウィリアムの殺害をこの日に狙う。いよいよ打ち合わせの場面で、レスリーは準備が万端、そして狙いを定め銃を放った瞬間、ウェイトレスが頭を下げ、ウィリアムは間一髪銃弾を逃れ、エミリーの上司の頭を貫いてしまう。ウィリアムはエミリーとその場を逃げ出した。この上司は他の殺し屋の殺しの標的であったため、レスリーはレスリーで窮地に立たされる。また逃げ出したウィリアムとレスリーは恋に落ちてしまい、そっちはそっちで窮地に立たされる。そしてなんやかんやあって、ウィリアムは無事生き延び、レスリーは殺し屋組織と和解できた。
と、ここまでの話だと結構おもしろかったので4点以上つけてたが、最後が衝撃的で胸糞悪すぎたので減点した。
shoonK66

shoonK66の感想・評価

4.0
ブラックな笑いがたっぷり。
暗殺者にもノルマがあったり、家族が居たりと想像と違ってて面白い
オチはバッドエンドっぽかったけど何故だか悲しいとは思わなかった
【吹替版】


【字幕版】
〇'19 9/27〜単館公開: ユナイテッド・シネマ金沢
●'19 9/27〜10/10単館公開: 福井コロナ
(首都圏等: '19 8/30〜公開)
配給:
ワイド(ARRI,PANALUX/ビスタ)
音声仕様表示無し
DCP上映
LPCM
パンフ発売無し
※L-chのスピーカーが死んでいるのか?
音が出てなかった。
久々に御一人様観賞
劇場では字幕版のみ。

どうでもいい話だが、殺し屋が出掛けるときにインコに「行ってくるよ」と声をかける。
原語では「boys」と呼ぶが、セキセイインコは鼻の部分が青いのがオス。
3羽くらいいたけど2羽は鼻の部分が茶色だったと思うのでメスが多いので「girls」と呼ぶべきではと思った。
ブラックユーモアが好きな人にはオススメ。

死にたがりの小説家と、人を殺すことが生きがいの暗殺者の話。交わってるようで、結末はそれぞれ全く別なもの。
死にたくない!と叫んで、やっと生きる意味を見つけた!と思える頃、死は唐突にやってくるのです.......そんな作品?かな?

私は皮肉も俳優も音楽もストーリーも好みだった。でも、つまらない人にはずっとつまらないかも?フライヤーの黄色に惹かれてハッピーエンドを期待した人は観ない方が良いかもしれない。
こんぬ

こんぬの感想・評価

4.3
最後のエンドロールの可愛さとその絵柄のシュールさ。音楽も良い。
KENTADOMAE

KENTADOMAEの感想・評価

3.2
生きるとは?

死にたい作家志望の主人公と殺し屋協会に属するノルマまであと1人の老いぼれの話。

運が良すぎて死ねない主人公が自らの殺しの依頼を運がない老人殺し屋に頼むところからストーリーが始まる。殺し屋に殺されそうな時、出版社から出版のチャンスが…!

コミカルな展開だか少しテンポが悪く感じた。
あと、ラストが個人的には好きじゃなかった。
ただ、生きることについてのテーマは良かったと思う。
英国ブラックコメディなのかな??
映画館貸し切り状態で鑑賞笑
皮肉が効いたストーリーで個人的に好きな映画でした。
若い人と年老いた人で違う心の移り変わりが何とも皮肉。
もっと殺し屋との追いかけっこをイメージしてたけど、基本ゆるーく物語が進んでいくので安心して観れます。
ハートフルとブラックユーモアが行き来する異色な映画だった。
「ダンケルク」のアナイリン・バーナードが終始可愛い❗
しお

しおの感想・評価

3.6
めちゃくちゃ面白い!というわけではないけどまったり見れた ところどころクスッとする感じ みんなカジュアルに死んだりうっかり殺されたりする 殺し屋も大変なんだな…。
ただ小動物が死ぬのがダメな人は観ない方がいいと思う ラストはすごく好みだった
>|