ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来たの作品情報・感想・評価・動画配信

「ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た」に投稿された感想・評価

imurin4

imurin4の感想・評価

4.5
伝統の先の革新、玄人の技と素人のスタンス。生みの苦しみと幸せ。アイデンティティとマーケティング。料理という形を得たアートですな。めちゃ琴線に触れる。世界は食材に溢れてる。

料理人の仕事はなぜそうするかを見つけること。客の頭から心配事を取りのぞき料理に集中させるこれも仕事。料理だけでなく全てが彼らの領域。
LONG

LONGの感想・評価

3.4
料理好きだから、こういうテーマの作品は好きです
プロのストイックな姿勢やオリジナルなセンス すばらしいです!!

期間限定だからもうないけれど、いつか来日した時にはお邪魔してみたいですね
ドキュメンタリー。インタビュー多めで料理もさばくところとかたくさんでてた😅お手拭きやお互い頭をさげることに驚いていた。私側からするとほとんどの人が刺青だったのがビックリ😳世界一のレストランがきたなんて当時全然知らなかった、行ってみたかったな。すごい挑戦だと思う。がんばって作ったものを真っ向から反対されたらがつんとくるし、みんなに料理を食べてもらうのは緊張するだろう。常にベストは難しい。すごいお金かかってそう。日本みたいにパパだけ出張とかではなく家族も来るのが当たり前みたい。食探しで全国をてんてんと。通訳の人がみんなかっこいい。日本の食も改めてすごいなと思えた。果物の皮むきのところがすごく気持ちよかった✨料理は美味しそうというより美しい。キャラ弁を作るような細かい作業。いいチーム。結局は人間関係。
Rick555

Rick555の感想・評価

5.0
ドキュメンタリーでこんなに頭をガツンと殴られたような衝撃を感じるのは初めて。

仕事に対する姿勢、01の創造アプローチ、リーダーのあり方などなど学ぶところが多すぎる映画だった。
cov

covの感想・評価

4.3
凄いアイデア。凄い努力。凄い好奇心。素敵すぎる人々。どんな味がするのか想像できん。食べてみたい!
Kaori

Kaoriの感想・評価

4.0
記録

今までの成功に頼らず、開拓する。
続けていれば成功する。

山の湿度と香りをを思い出しました。
YukiSato

YukiSatoの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

・シェフ。ものすごくカッコよく、尊敬されるべき職業だけど、自分には向かないと感じた。24時間、365日を捧げる必要があって、それを楽しめるタフさが必要。

・デンマークから日本に移ってレストランを開く上で、デンマークのやり方では意味がないと。

・厳しい言葉も発するけど、部下の特徴や優れたところを的確に把握しているようで、リスペクトされているリーダー。

・レストラン、料理に限らず、仕事を楽しんでいる人から、消費者は買いたいんだなと。
hi

hiの感想・評価

3.8
良いもの作る人たちは人柄もとても素敵だなと思った。はじめラースさんとかバレーダンサーかと思ったし、自己管理の意味では極め方が近いものがあるんだろうな。身体は資本だよなと改めて。ものづくりのプロセスが見れるのも面白かった。ありとあらゆるリサーチの後の選別・構成。ファーストインプレッションを大事にしての想像を膨らませる感じとか。でもやっぱりレベルが高いな、最後の完成したコースの美しさにビックリ。これだけ過程見てても驚くなんて凄い驚いた。
smatsunaga

smatsunagaの感想・評価

4.5
世界一のレストラン、デンマークのノーマが東京のマンダリンに特別出店した際のドキュメンタリー。

本国ではなく日本で出すことの意味やこだわりを追求しながらメニュー開発していくさまは、まさに真のプロフェッショナルの仕事ぶり。

仕上がったコース料理の美しさもそうだけれど、とことんこだわり尽くしてオープン当日を迎える瞬間には、まるでスポーツの試合のような興奮と緊張、高揚感があるように感じた。

妥協を惜しまないことの先にだけある悦びがある。
そんなことを教えてくれる。
2020-050

オープニングに間に合わなかったラースの行方が気になる・・・。
>|