TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)の作品情報・感想・評価・動画配信

「TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)」に投稿された感想・評価

SuzukiShin

SuzukiShinの感想・評価

4.2
今はなき築地。
各々のスペシャリスト、いや職人の住むところ。暖かくそして寛大で強い。
そういう場所だから多くの人が集まり心を動かされてきたのだろう。

俺か、他の仕事しろって言われても絶対にできねぇもん。やけに響いた。
hi

hiの感想・評価

3.9
ドキュメンタリー映画って基本的に対象物の力がほぼ全てだから、面白いと思ってしまう。スコアってしっくり来ないけど面白かったから付けてみる。築地についてとても良くわかり、丁寧に作られている作品。かつての築地も行って見たかったな。自分の仕事に誇りを持つだけではなく、お互いへのリスペクトが持てる環境ってとても魅力的だと思いました。おかげで日本は良いものが行くべきところへ行くって出来てるのかと初めて知りました。
個人的に思い入れが強い築地。
移転して、もう二度と見れない風景が涙を誘いました‼︎
N

Nの感想・評価

3.9
“信頼関係が大事なんです”とか“自分が商売できるのはお客さんありき”とか

いかにも綺麗事って思われそうな言葉を、まっすぐな目をしたいい年の大人達が語っているってだけでも見てよかった映画。
わや

わやの感想・評価

4.1
異世界を覗かせてもらっている感じ

熱くは語るけど決してウェルカムではない感じがすごく好き
もう見ることができない風景とそれをめぐる悲しみが見られる。
よいドキュメンタリー。
切り身の細胞がまだ生きていて呼吸してるみたいに動いていた こんなに緊張感がある食べ物ほかにない
ゆーか

ゆーかの感想・評価

3.5

2019年119作品目

今年はドキュメンタリーたくさん見るなー

築地、活気があって、人情に溢れた場所。
移転してから、行ってないけど、
この独特の日本の文化は、なくならないでほしいな。

おいしい魚が食べたくなった。
めちゃめちゃ良いな。

日本の四季、旬があって、卸売から仲卸、職人の魂があってこそ、日本の食文化に魚がある。
魚ってうまいよなぁ。
Lico

Licoの感想・評価

4.0
「シェフにとって築地は考古学者にとってのエジプトで、必ず訪れるべき場所」

もっと長く見ていたかった。
めちゃくちゃかっこよかった。

もし1日でもここにいる全員が喋ることを禁じられたら、築地は成り立たなくなる。会話と情報に溢れた場所。

プライドと責任感のある人達からでる言葉はとてもかっこよくて、カメラがあるからというより画面越しでも熱量は即座に見て取れた。


昔から魚が好きで食べるのも見るのもご馳走でありご褒美であり身近にある娯楽であり

幼い頃水族館に行きたいと、何度も泣いて駄々をこねた。頻繁に行けるような距離ではなく、その度に水槽のあるお魚屋さんに連れて行ってもらっていた。

図書館で同世代の子が間違い探しの絵本に夢中になる中、魚やお寿司の図鑑を見て周りに珍しいと言われ、今でも携帯でゲームといえば魚系で、動画を見ると言えば、美容、動物と次いで魚系で
女性で珍しいねと言われるのも慣れた。

小さい頃から釣りに行き自分で捌き、今では料理の幅も広がり、現代では動画で色々な情報を得られるようになったのもあって自分の興味が次々と繋がりやすくなったと思っているけれど、、

やはり現場を見てみたい。

築地はもう叶わないから、せめてこの映画で。
場所は変われど人は変わらないであろう豊洲に是非行ってみたい。

この映画を移転問題のニュースが連日続く時に見ていれば感じ方も違っただろう。

世界各国の和食料理店の密着をネットで見るのが好きで、この映画に出てくる洗練された食人料理人の方達の「お客さんに幸せになってもらうためのバトンを渡されている。使命がある」などのお話もとても好きだった。
>|