屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

上映館(9館)

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ2019年製作の映画)

Der goldene Handschuh/The Golden Glove

上映日:2020年02月14日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

あらすじ

「屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ」に投稿された感想・評価

ぴな

ぴなの感想・評価

3.4
スクリーン1


色んな意味でむき出しな映画。
本当に悪臭が漂ってきそうで思わず眉をひそめる。
ヨナスの怪演ぶりが凄まじい。特殊メイクを以上の演技っぷり。怖いもの見たさで釘付けになってしまう。
場末感ある酒場とジンがこんなにも強烈に映るとは。
エンドロールを見ると、ホンカが住む屋根裏部屋の再現度がいかに凄かったか分かる。

ホンカが女性たちに酷い言葉を投げつけられるシーンはちょっとキツかったな。彼の狂気を見せつけられる前だったから余計に。
お酒を断っている時は比較的まともで、テッド・バンディのようなサイコパスというわけではない。それがまたリアルでとてもグロテスク。
そう、この映画を一言で表すならグロテスク、がピッタリだと思う。
いやでも、この映画好きだわー。
れな

れなの感想・評価

3.8
久しぶりに吐き気催した。
ずっと苦虫噛み潰したみたいな顔で見る羽目に。
グロいとかそおゆうのじゃなくて、人間の底辺のもっと下を見せられた感じ。
まずこれホラーとして見たら駄目だな😨
2時間ずっと汚い映画。
これ女性目線的にどーなの??😱
自分でも見終わった後の感情を理解できてないから評価つけれない🤣
とりあえず3.8にしてみたけど、これより上なのかもしんないし下なのかもしれん。
わからない映画に久々に出会ったぞ!
でも今フリッツホンカさんの記事読み漁ってるから面白かったのかもしれん💦
いや、面白いとゆうより衝撃が勝る。


みんなお酒飲み過ぎです。
殺された女性たちは危機管理能力が低いので自業自得☹️
最後の子を除いては。
中年女性の売春婦たちの末路がえげつない。殴られても暴言吐かれてもしがみ付くその精神。ただ目は死んでいる。
1番太った女性、反撃したかと思えばwはやく逃げなさい😭1番苦しんだじゃないか。
私的にシスターの登場のおかげで救われた老婆の涙が印象的だった。良かったね🥺


フリッツホンカ自身はルックスが良くないのに理想だけは高いみたい。上の段に逃げても拒否られるため、結局行きつく先は売春老婆。



そして1番びっくりしたのはなんと言っても、この連続殺人鬼フリッツホンカを演じたヨナスダスラーの特殊メイク👏
曲がった鼻、特徴的な斜視、髪の生え際まで忠実に再現!
すっぴんは22歳の超イケメンくんなのだ🎈
そりゃ、メイキャップ賞獲るわ!


あれ?
私こんなに語ってるくらいだから
やはり4.5くらいの評価なのかもしれん
arch

archの感想・評価

4.3
悪臭が画面から伝わってくる。悍ましい醜い人間の醜い生き様が描かれている。
実在する殺人鬼フリッツ・ホンカ。最後まで見れば分かるが、ヨナス・ダスラー演じるフリッツは現実以上に醜い。場面によってはもう人には見えない。
今作は「アメリカンビューティー」の"男が恋して生まれ変わる"をダークにグロく、下劣に醜く描いている。生まれ変わり彼は化け物になった訳だが。

今作は社会的弱者の物語で、近年の「ジョーカー」や「パラサイト」にもある鬱憤を殺人という形で発露するという点で似ている。
しかし、今作が真に描いているのは貧富などの"高低差"ではなく、弱者同士の負の連鎖とその泥沼の中で起こる"男女"の格差だ。男が女を搾取するという描写が今作は特に醜く描かれている。
また、今作は先程あげた作品とは違い、堕ちたところから描かれ、一時の更生も描かれてる。それが彼の同情の余地がないことを示し、彼は本性であることを観客に分からせる。
後多分彼は性欲のままにやったというよりも怒りをぶちまけていたように感じた。


ビジュアル面、こんなにも見てられない作品も久しぶりだ。
残念なのはあっさりしたラスト、火事に繋がるカットがなくてとても唐突に感じた所ぐらい。

2度見たいとは思わないが、弱者の恐ろしさと狂気を逃げずに真っ向から描ききった今作には「ジョーカー」にはない必死さがあった
自分自身の人生をとっくに諦めて
惰性で生きながらその後ろめたさを酒で紛らわせている"人種"が
同属の上辺の優しさに縋りあって惰性で関係を持つさま
その関係性の余りにもな不安定さ
そもそもが信頼という概念を置き去りにした人間模様が放つ悪臭が
フリッツ・ホンカの家の中の悪臭そのものなのではないのかしらなんて

メンヘラ地獄
『ジョーカー」が公開されたあとだからこそ効いてくる
ヒロイズムが一切介在しえない無軌道な殺人鬼としての主人公像
美化するでもなく貶めるでもなく固定されたカメラが映し出すフリッツ・ホンカの姿は
あまりにも生々しく心に迫る
Yoko

Yokoの感想・評価

4.0
頼むからもう誰かこいつ殺してくれ~~な主人公。
お近づきのための手段としてもう殺人が身体に精神に馴染みすぎている人。
選択肢に殺人がある人生は、自分にはとても哀れに映った。
タツキ

タツキの感想・評価

2.7
そもそもこういう題材に食傷気味になってるのは否めないが。いざとなれば弱腰になる演出とか、テンポの悪さなど。編集もあまり感心できない。美術、メイクアップだけは本当に素晴らしい。
久しぶりに映画観てて吐きそうになった。自分がジョーカーに求めていたほぼ全てがこの映画にあった気がする。映画は孤独を描くにしろ何にしろ人物との関係性はちゃんと描かないといけないと思ってるんだけど、ジョーカーにはそれが無くて、ただのホアキンの独りよがりでしかなかった。この映画は人物の関係性から発する孤独をちゃんと描いてて素晴らしかった。
パラサイトとの共通点も多くて、あの歪な屋根裏の間取りや匂いを強烈に想起させる演出なんかがまさにそれだった。主人公が既婚の清掃員を無理やり押し倒そうとして拒絶されて、そのまま飲んだくれてぶっ倒れるシーンは爆笑した。登場人物全員がひたすらタバコを吸い、飲んだくれて音楽を聴いてて、孤独や絶望をテーマにしていながら、終始ご機嫌な映画だった
akiko

akikoの感想・評価

3.8
エンドロールを見るとフリッツの部屋の再現性の高さが感じられ、この人は実在したんだと改めて思う。屋根裏の閉塞感もタバコの煙で真っ白な飲み屋も見ているだけで始終息苦しかった。
nonbiri

nonbiriの感想・評価

3.6
終始汚さが際立つ。ようあんな部屋にずっと住めたもんよね
シリアルキラーは何考えてるんかさっぱり分からない
ヤバすぎるよ。主人公。歩き方からしてモンスターだわ。怪演。
BARにいる脇役達もよく作り込まれてる。セリフ、態度から、我々が普段日常で見る生活困窮者のそのものでした。皆さん演技がうまい。
生活困窮、現実逃避のための酒。それがセットになった映画でした。
>|