ディストラクション・ベイビーズの作品情報・感想・評価・動画配信

ディストラクション・ベイビーズ2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:108分

3.3

あらすじ

「ディストラクション・ベイビーズ」に投稿された感想・評価

サトシ

サトシの感想・評価

3.5
とにかく豪華俳優陣につられて鑑賞。
主人公に柳楽優弥、連んで悪さをする菅田将暉、キャバクラの店長に池松壮亮、北村匠海、小松菜奈、でんでんなど、挙げたらキリがない程です。
舞台は住んだ事がある愛媛県松山市。
大街道を歩きながら、強そうな相手に喧嘩を仕掛けボコボコにされながらも、また、やり返すとにかく喧嘩ばかりやっている映画でした。
L

Lの感想・評価

2.0
終始えぐかった....
暴力性とか狂気性とか私には理解できない.....
シロ

シロの感想・評価

2.8
理不尽な暴力シーンが多いため基本的に目を背けたくなる。感情を無にして小松菜奈様を拝む映画。
わたし

わたしの感想・評価

3.3
喧嘩しかしてないじゃあないの
柳楽優弥の「どうやったん?なあ、どうやった?」に0.3あーげる♡
予告では暴力映画という風に認識していたが、それは良くも悪くも全編続く。
とにかく理由もなく喧嘩の相手を求める泰良の行動を追うだけ。

あまり悪人というイメージのない柳楽優弥が演じることで、逆に善人がキレたらこうなるぞという例のような男。
暴力を探し求める男であり、出会うのはヤクザであろうと暴力団であろうと殴る蹴るの繰り返し。

後半ここに裕也が興味を持ち、二人で出会う人間の男女関わらず殴っていき警察問題にまで発展していく。

安易な理由付けをしないことが、この映画の利点であると思う。
暴力に対しての理由がなければ理不尽以外の何者でもない。
これを具現化することにって感情移入を避けようとするきらいがある。

爽快感などまるでないし、見た後は不快感しかないが、演じる役者の新たなイメージだったり、邦画らしくない点が新鮮だった。
AINA

AINAの感想・評価

3.6
柳楽優弥様……
すごすぎて言葉にならないです

小松菜奈さんや菅田将暉さんが評価されるのももちろん分かるし、すごいんですが、
柳楽優弥がすごすぎて2人も凄いのに次元の違いつけられるってところがまた凄い
そら

そらの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2019年15本目。えーーー?!って感じたけど(笑)こういう投げっぱなしは割と好きな感じかも。お兄ちゃん喧嘩する度に強くなってくの面白かったなーワンピースの世界なら海賊王になれるし、生まれる時代と場所を間違った感じがしたなぁ。喧嘩して勝つってのがほんと好きなだけで、だから女子どもとか弱い相手は狙わないんだよね。いつも強そうだったりガラの悪そうなチンピラとか狙ってく。刀狩してた弁慶的な発想というか(笑)コンさんに勝った時に万歳して奇声あげて喜ぶのめっちゃかわいかったじゃん。コンさんとのファーストバトルのときはあのちょっと寸足らずのスウェットのおかげかちんちくりん感もあってそれはそれで可愛かったな。おっきいひとじゃないものね柳楽くん。背ぇ高いひとといるとちっこく見えてかわいい…。しかし菅田将暉はクズだったなー気持ちいいくらいのクズ。とにかくやべーやつらが共鳴しあっちゃってさらにやべーことにというやつですね。というか、お兄ちゃんはなにも変わってないのよな。まわりがお兄ちゃんに勝手に影響を受けてしまうというか、自分の奥底に眠る本能みたいなのに侵されてしまうというか。ユウヤだってかなり小心というか臆病な子っぽかったもんな。お調子者だけど。狂犬だけどなんとなく魅力的ーってことなんだろうなぁ、だからショウタもあんな兄貴でも大事に思って懐いてたみたいだし。うーん、いいね。
theocats

theocatsの感想・評価

1.8
主役の暴力衝動の訳の分からなさ、という掴みはOK!
街のチンピラまでのしてしまい、さらには勝手に付きまとってきた不良高校生と訳ありキャバ嬢まで巻き込むこととなりさてどうなる???・・・

しかし、結局はレッドゾーンまでふけ上がるわけではなく有耶無耶のまま終わってしまうのもまた現代邦画らしいと言えるのかもしれない。

せめて自動車で盛大に突っ込んでフロントガラス突き破る位は魅せてくれたらよかったのになぁ・・と思ったりもした。シートベルトを一人だけつけるという伏線があったんだから

実話ベースなのかフィクションかこの後に調べてみますよ。
針

針の感想・評価

-
ほとんど言葉を発することなくひたすら人をぶん殴りまくる柳楽優弥がとてもいいのですが、菅田将暉と小松菜奈が演じている役柄があまり好きになれず、個人的には微妙でした。
映画猫

映画猫の感想・評価

3.0
2022-417

菅田将暉・小松菜奈夫婦の初共演作品
柳楽優弥の圧倒的存在感、彼が画角に入っているかいないかで全然違う
裕也の言動全てが彼がいかに虚勢を張ってる小物なのか表してる
警察の取り調べを受けてる那奈を見ると、彼女も泰良や裕也とは違う種類のやばい人ではある
兄弟役で柳楽優弥と村上虹郎をキャスティングした人最高
>|

あなたにおすすめの記事