追跡者の掟の作品情報・感想・評価・動画配信

「追跡者の掟」に投稿された感想・評価

 ドルフ・ラングレンのファンの方向けの映画ですね。
 邦題がよくわからん。まあ、いつものことか。
まあ

まあの感想・評価

3.0
淡々とした映画。昔からドルフ・ラングレンが結構好きなので最後まで静かに観ました。
風来坊

風来坊の感想・評価

2.0
イタリアで犯罪組織に妻子を誘拐され、身代金受け渡しに失敗して妻子を殺害されてしまった男。未解決のまま10年が経ったが、手掛かりを掴んだという刑事の報せを受け、男は再びイタリアの地に降り立つ。アメリカ、イタリア合作のリベンジアクション。

イタリアロケを敢行したり、空撮を多用したりと予算はそれなりにあったのかなと思う。ただそれを面白さに反映する事は出来なかった模様。
ラングレンを見たい訳で、イタリア若手刑事を見たい訳でじゃない。若手刑事のパートはもっと減らせたのではないだろうか?
展開も単調でかったるくなって来てしまい集中力が持ちません…。

例えば冒頭の誘拐されてからの間だったり、重要な部分をはしょり過ぎて状況が分かり難い部分がありますね…。リベンジ物として妻子を殺されてから10年間の苦悩があまり伝わって来ない。
復讐を決意しているのに主人公の行動がアマアマで心情がよく分からん…。

イタリア警察特に課長だか何だかが腐り過ぎ…。実際に賄賂や汚職がまかり通っているというイタリア警察なので、あながちこの表現は間違っていないのかも知れない。

ラングレンさんももうお歳なので、無理は出来ないし動きにもキレない。
でも吹き替えを上手く使ったり、巨体を活かしたアクションにしたり工夫をすればまだまだイケると思うのですが、この映画では衰えばかりが見えてしまう残念なアクション演出。

爆発とか派手さはなく地味ですが、終盤はそこそこのドンパチがあるので、そこだけは面白い。ドルフ・ラングレン主演なので評価が甘くなってしまいますが、全体的にチグハグさが目立つ残念なアクション映画でした。
WOWOW,

ドルフ・ラングレン、主演作品。
家族が誘拐され殺されたのを復讐する。
前半の若いチンピラ絡みは動きが違い過ぎてかわいそう。南イタリアの小さな町の階段走るのつらそうでした。後半は知らないおじさん達と一応格闘してましたが、迫力なく、そのまま終わりをむかえてしまい何も印象に残りませんでした。

60点

旧作DVDで📀
久々に観るドルフ・ラングレン主演の作品🤜

2008年 7月 イタリアの避暑地ラーラント
旅行に訪れていたハカンソンは突然妻子を誘拐され殺されてしまう
未解決のまま10年が経ったある日、地元の刑事から連絡が入り再びターラントへ向かうハカンソンだったが...🛫

連絡して来た刑事の急死
暗躍する誘拐組織の存在
腐敗した警察権力や政治家の蔓延る街...
設定そのものは十分整っているのですが、今ひとつ...
ニーソン兄貴の「誘拐の掟」と比べるとパンチが全く効いてませんでした😓

クライマックスは、現地に転勤して来た若い刑事との人質奪還戦
それなりのアクション描写があったのですが、やはりラングレンは歳には勝てないのか...
ハードボイルド風の雰囲気は十分あったのですけど、ラングレンの体は重たく感じられて、緩慢なキレのないアクションの印象...😓

一瞬ラングレンの顔が伊東四朗に見えてくる場面がありました🤭
MayumiM

MayumiMの感想・評価

1.4
平たく云えば、イタリアの警察は腐りきってるぜ!と高らかに主張したい、という信念は理解できた。理解できたけど、もう少し物語を詰めてくれてもよかったんじゃ……イヤ要するに、この監督さんがドルフ・ラングレンを愛しちゃってるだけなのかもしれないけど。
むしろ、この監督に何か借りでもあるのかドルフ・ラングレン。弱みでも握られてるんじゃないのかドルフ・ラングレン……と要らないトコロで深読みしたくなる、そんな一作。
単調で途中で寝てしまいました。
ドルフラングレンゴツくてかっこいい。
だが、面白くはなかった。
ゆきみ

ゆきみの感想・評価

1.0
ドルフがかっこいい、もはやドルフが出ていることしか頭に入ってこない。
てつ

てつの感想・評価

2.0
人間核弾頭の肩書きはどこへ??

スタローンに続き、老いを感じざぜるを得ないドルフラングレン。
アクションシーンもおとなしいものになってて残念。
やはり身体を張ったアクションは若い力がいるのね~

愛する妻と娘を誘拐の末、殺害されしまうドルフ兄さん。
復讐の鬼となる・・・

リベンジムービーなんやけど、話がとても軽い感じ。
もっと妻と娘を失った哀愁とか苦悩が描かれてたらよかったのに。
リベンジに関しても、もうちょっと盛り上がりが欲しかったなぁ。

そんなドルフ兄さんが好きなので、僕はこれからも彼を追い続けます。
イタリアで妻と娘を誘拐され殺された男が10年後手がかりを掴み復讐するお話

「自然に溶け込み、その力を感じ声を聞く、追跡は聖なる務めだ。人類の起源にさかのぼる行為だ」
>|