パラサイト 半地下の家族の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

上映館(8館)

パラサイト 半地下の家族2019年製作の映画)

기생충/Parasite

上映日:2020年01月10日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「パラサイト 半地下の家族」に投稿された感想・評価

階段で雨がスニーカーをすり抜けて下へと流れるシーンが頭から離れない。
「裕福な人は優しい」そう呟くソン・ガンホに深くうなずいてしまう。
ブラックジョークを多く含む映画
韓国の貧富の差をカメラや映像を通して表現している所は魅力だと思う。
題名パラサイトの意味もじわじわと伝わってくる映画です。
KALPIS

KALPISの感想・評価

3.0
前半は割と軽い気持ちで見れるものの、中盤から後半にかけてガラッと色が変わる作品。
とはいえ周りが騒ぐ程の衝撃は無かったなぁ…。

ラストの展開は良かったと思うけど、所々ツッコミたくなる場面もあったのが、失速した原因かも。

監督得意のブラックジョークがよく描かれていたのと、時計回りに攻めたほうがいいそうですww
ロミ

ロミの感想・評価

4.5
アカデミー作品賞を受賞してから時間が経ってしまいました。
足が遠のいていたのは、見終わってから敬遠していた訳が分かったような気がしました。
私は、見ていて辛かったです。

格差社会を描いた作品だとまでは、受賞当時聞いていました。いつかこの作品を見るつもりでいたので映画評は読まないでいました。

人生は計画をしてはいけないのだ。と父が言う。

若者に夢を与えてはいけない言葉。

そりゃ〜人生なんて何とかなるもんだよと、諭されば良いのかもしれないが、
匂いは染み付いていて取れるものじゃない。

お父さんはソン・ガンホ
『タクシー運転手~約束は海を越えて~』を見ていたので運転手役はピッタリ。

この映画で、韓国人が考える隣国の北朝鮮の脅威と過去の日本との戦いに触れている事。
いつまで経っても過去の傷は癒されていない事を痛感した。

二重構造を考えた舞台には頭が下がる。
どこの国にも日向と影は有るが、下の下を描く画面は正面からまともに見る事が辛かった。
最後に息子さんが山に登り、あの家を見ているシーンが好き。

映画館を出たら、本物の雷が鳴り大雨が降った。
映画の一場面と重なり、余計に辛くなってしまった。
ていさ

ていさの感想・評価

3.0
2020/07/12
よかったけど、騒がれている程ではないような気がした。期待値上げすぎたかもな
なんでこんなに賞とれたんだろう…というくらい大した事ない作品。
欧米受けを狙って撮った感じ。

題材はよかっただけに残念。
面白かったねぇ

・・・時計回りにこねくり回すんがええのんか
笑ってしまった。

最後は無茶苦茶。

結局、人は人にすがるけど
その先に嫉妬があって
すがっていたはずが
いつしか悪に変わるのかなと

嫉妬という感情はとても厄介。
Ryutom

Ryutomの感想・評価

4.0
アカデミー賞を受賞する前から、ずっと見たかった映画

何で「パラサイト」ってタイトルなのか気になってたけど、見すすめていく内にこういう事か!と(笑)

でも納得いかないのは、何故あそこで家政婦を入れたのかというところ(苦笑)

見る人によって好みが激しく別れてるみたいだけど、私は好きだな

#41/100
水餃子

水餃子の感想・評価

4.1
韓国映画をあまり見たことがないのでなんだか新鮮だった。
比較対象の差の付け方や、展開のスピード、ハラハラドキドキするシーンの中にどことなく哀しみというか、全登場人物の気持ちに共感できる(私だけかな。。。😓)ところがあったり、見てて飽きないし、面白かった。
でもなんか最後の手紙のシーンがあまり私的にはしっくり来なくて感動max!!!とまではいけなかったな。
でもあれはあれでよかったんだろうな、とも思う!!もう一回観たらまた印象が変わりそうなラストだったということにする!!
>|