下女の作品情報・感想・評価

「下女」に投稿された感想・評価

2019年から2020年にかけて世界中を席巻したポンジュノ監督「パラサイト」に大きな影響を与えたと言われている本作。
家政婦としてやってきた女学生が裕福な一家に寄生し、平穏を脅かすという筋書きで、基本的には家の中で物語が進行していく。家族構成も父、母、姉、弟で「パラサイト」とダイレクトに繋がる部分も確かに多い。

殺鼠剤が登場するあたりに時代を感じるが、まぁこういった小道具の使い方が上手い。1Fと2Fで仕切られた境界線が、次第に融解して混沌としたラストに向かっていくあたりは必見。
紅孔雀

紅孔雀の感想・評価

3.5
韓国映画オールタイム・ベスト・アンケートで堂々の1位。「死ぬまでに観たい映画1001本」にも選ばれ、さらに『パラサイト』にも影響を与えた、という鳴り物入りの一作です。おどろおどろしい音楽に乗せ、裕福なピアノ教師一家が下女の毒牙にかかり崩壊する様を描きます。怪物キム・ギヨン監督が、下女の“階段落ち”をどう描くのか、に興味津々。ただポスターほどのインパクトは正直ありませんでした。結末にも意外性がなく(あ、サプライズ・エンディングはあるんですが)、韓国では鹿賀丈司似の男性がやけにモテるんだなぁ、といったノンキな感想を抱くばかり。申し訳ないことです。
思わず笑ったのは、不倫された奥さんが下女に料理を出しながら「世の中逆さまよ、なぜ私が愛人に食事を?」と嘆く場面。こうしたブラックユーモアが、ギヨン監督の隠し味なんでしょうか。とにかく、評価しにくい古典映画でした。
こう

こうの感想・評価

3.5
幸せな家庭でも一つの綻びでどんどん壊れていく様を描いていて怖かったです。弱みが一つあればそれにつけ込まれ、強い態度や厳しさも必要で跳ね除ける強さがなれけばと思います。 
家庭が悲劇になっていく様は見ていて辛かったです。
ジャケットにそそられClip!していたものの、古い韓国映画観る機会なんてあるのかなと思っていると、なななんとWOWOWで!

円満な家庭に下女(お手伝いさん)が現れてからというもの、段々と幸せな生活が壊れていく……。
前フリもあったので、罠とか陰謀系であると想像していましたが、ただ、みんなズルズルと深みにはまっていくだけのお話でした。
ラスト、そんな顔して笑うんですね。

下女(名前はなかったと)役の女優さん、仕草がいちいちキュートで怖い役とのギャップになんだかなあ。
彼女が佐藤かよに見えてしまって、さんま御殿に出演していた時、共演していたFISHBOY(PERFECT HUMAN弟)が好みだとグイグイ迫るんですが、FISH BOYは苦笑い。すると、
「絶対、虜にしてみせるから」
みたいなこと言って、ビックリしたのを思い出しました。って、なんの話⁉︎
h

hの感想・評価

3.5
格子窓からのカット、横移動、階段の隠喩がパラサイトを感じさせる
ラストは拍子抜けしたけど、余韻をもって上手にオチを付ける最近のいろんな韓国映画と違ってある意味面白い🤔
約60年前の映画。むかしの映画で当時の韓国もどんな様子なのかわからないし、ちょっとピンと来なかった💦
ただ、旦那さん、ちょっとぉ!しっかりしてくださいよって感じでしたね。
 最後で、えっ?ドテッとコケる感じというか、そんなオチ?で拍子抜け😏
1960年作。初めて観た韓国の古い映画。そんなの観るのも『パラサイト』の影響力ってことで韓国映画界は今こそ黄金時代か。伝説の本作はなんかものすげー楳図かずおだった。今まで観たどんな映画よりも楳図かずおだった。ホラーとギャグの境い目がうにゃうにゃと混じりあったあの感じ。タイトルもなんかグワシっぽい。下女の女優さんは徹底して楳図かずおだった。あの唐突な楳図いラストも、ここまでこの流れできてそれやんの?でなんか脳がグワシになった。今まで観たどんな映画よりも色欲に負けたらやばいぞを突きつけられた。恐るべし韓国映画のルーツをみた。あと初めて観た韓国実力派俳優のアン・ソンギがちびっ子で出てて吃驚した。
こナツ

こナツの感想・評価

3.4
「パラサイト」に影響を与えたらしい本作。

階段の上がり下がりで、登場人物の立場や夫による下女と妻の行き来を表現しているのがシンプルだけど良い。
テンポも良いし割とちゃんと怖いね〜

052/2021
くわ

くわの感想・評価

-
下女って言うのは
住み込みの家政婦さんみたいな事
なんですかね?
ある中流家庭に1人の下女が雇われ
問題が起きていく…みたいな
感じのストーリーですね。
1960年の映画ですが、
古さはそれほどは感じないですね。
ラストシーンは
最初につながる感じかーと、思って
ちょっと感心しました笑
その後の韓国映画に多大な影響を与えたことが窺い知れる。初見ですが何処かで観たことのあるような場面が多いのはそのためでしょうか。
>|