パラサイト 半地下の家族のネタバレレビュー・内容・結末

上映館(8館)

パラサイト 半地下の家族2019年製作の映画)

기생충/Parasite

上映日:2020年01月10日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「パラサイト 半地下の家族」に投稿されたネタバレ・内容・結末

貧富の差を題材にしながら、丘の上・半地下・地下の「縦の演出」が魅力的だった。
同じ雨でもあんなに違うなんて皮肉。
韓国ドラマが私には熱いイメージだったので避けていたところがあったが、見てよかった。貧困問題、光と影。生きていくことへの執着心。地下に住む人達が出てきたところで相当驚いたけど、その後の展開の速さ。飽きずに見れた。
公開してからだいぶ遅れて鑑賞。

DVDも出たし、U-NEXTとかでも配信されてるけど、映画館で観るのが良いと思った。
(前半と後半で雰囲気が変わるところの緊張感、洪水シーンの勢いなど)


(愛の不時着や梨泰院クラス見てから、この映画見ると役柄の違いが面白い。)
胸くそ悪い元々クライム物ってそこまで好きじゃないからか、前半は主人公家族がお金持ちを騙していく作戦にカタルシスはなかった

前半はもっとバレるバレないの駆け引きがあるかと思ったら、意外とあっさり成功していっちゃうのもなんだかな

桃アレルギーの家政婦にわざと桃の毛かけたりしてたけど下手するとあれだけでも死ぬ

結局社長が殺される理由もよくわからなかったし
社長が生きてればまだよかったけど
子供が可哀想だろお金持ちの家族みんなPTSDなる

ラストの家買うとかは頭のおかしくなった主人公の妄想ってことでいいよね?じゃないと胸くそ悪すぎて発狂する

途中で日本の軍艦を、鶴翼の陣で囲むようにとか反日っぽい発言してたのが少し気になるが…
まぁお金持ち家族も差別的だったってことか

あと少し話題になってた、竹島は我らが領土 の替え歌で歌ってたのも、よく考えると他人の家に嘘ついてづけづけ入り込み乗っ取ろうとするクズ貧乏家族の姉が歌ってたわけで、韓国人ってのをまんま表してるって思えばしっくりくる

面白い映画なんだけど、そこまで好きになれない映画だった
後味は悪いけど、よく考えられた秀逸な作品。貧困層エリアの半地下に住む無職の4人家族と富豪4人家族の話。2つの家族の対比を描くことで、韓国の格差社会の激しさを表している。素晴らしいのはその演出。住居が高台と半地下という対比から始まり、降った雨は貧困エリアに流れていき下水と共に溢れたり、そのせいで家を失った翌日に華やかな誕生日パーティーが開催されたりと、“対比”を様々な形で描写していく。また、両者の違いを決定的にしたのは‘’臭い“’。どんなに身なりを整えても変えられないもの。そして、運が舞い込んでくるという“石‘’に執着し、金を得たかと思いきや最終的にはそれが命を脅かすことになるなど、小物や伏線の使い方もうまい。
予告ポスターにも工夫があるらしく、自分だけでは気づかない伏線を回収するためにも、いくつかのネタバレ記事を見ることをお勧めします!
モノクロ版見てきた。
トイレから吹き出る汚水が墨汁みたいに真っ黒で、濁りと臭いの奥行きが深かった。
パクソダムが汚水で塗れつつタバコをふかす画から、快さみたいなものが何一つ感じ取れなくて強烈だった。初見でモノクロ版なのどうなん?って思ってたけど良い。
照明でモールス信号を表現するところがあるんだけど、静かな暗闇の中でつー、とんって浮かぶ光に、白と黒のコントラストならではの印象深さがあった。
なんとも救いようのない話。


韓国ドラマや映画が元々好きで、
話題になっていたので、コロナが流行る前に観ました。

いつも観ている韓国ドラマより、そこまでのお粗末感はなかった。

けど普通、お手伝いさんを雇う時あんなにアバウトで良いのだろうか?!
お金持ち故の人を疑わない純粋さなんだろうけど…。

結末は韓国らしさが満載で、あ〜やっぱりそうだよね、そうしちゃうよねって感じでした。

ウォンビン主演の『母なる証明』の時もそうだけど、この監督さんは観た後に、なんとも気持ちの悪さを残すような感じがする。


【余談】
地下に潜んでいた元家政婦の夫だけど、
『愛の不時着』のヒョンビンの婚約者の叔父役の人だって気づかなかった!
びっくり!!俳優ってすごい。
映画館でみててんけど、家族が帰ってくるかどうかのめっちゃハラハラドキドキのシーンで隣のおじいさんが立ち上がらはってそれがほんまに一番怖かったwwwwww
すごいバッドエンディングやね。

長男の英語家庭教師から、長女の絵画家庭教師、父の運転手、母の家政婦と順調に行ったが、家族のいない時にハメを外しすぎたな。これがすべての始まりだが、これがないと映画にならないからしゃーない。

豪邸に住む家族とその日暮らしの家族の対極にある暮らし、そして地下に住む家政婦の旦那の秘密。奥さんがやたらキレイ。ただあの一家はドラッグまみれでしたね。

ストーリー的には途中までドキドキしたけど、あの無差別事件はちょっと無理があったかな。

ラストの家を買って、父親を救ったんだね。。。と思ったけど、それは今後の希望のお話でした。おしまいおしまい。
地下に人がいるという状態は怖すぎるが、実際によくある話なのかな?
アメリカとかにも屋根裏に人が住んでいたということもあったし。
この話は、計画というキーワードがあったが、計画しすぎてもダメだし、ノープランでもダメって言うことを言いたかったのかな?
メッセージ性はあまりなかったが、楽しめた
>|