バーニング 劇場版の作品情報・感想・評価・動画配信

バーニング 劇場版2018年製作の映画)

버닝/BURNING

上映日:2019年02月01日

製作国:

上映時間:148分

ジャンル:

3.7

あらすじ

『バーニング 劇場版』に投稿された感想・評価

ごろー

ごろーの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

伏線を回収しないスタイル。
解釈の仕方が色々ありそうだけど、やっぱり分からん‥。
静かで綺麗な作品だけど、説明が少なく解釈の幅広くて難しい。

「ないということを忘れる」というセリフが序盤に出てくるんだけどめちゃくちゃ印象的。無を消し在とする、独特の哲学が通底していたのかもしれない。
Riko

Rikoの感想・評価

3.9
短編の小説も読んだけど、映画の方がまだ私には理解できた
けどやっぱり解釈の仕方が難しい
BigDipper

BigDipperの感想・評価

3.8
原作が入ってる村上春樹の短編集を読んだので、映画も。たった30ページくらいの「納屋を焼く」をここまで膨らませるのすごいな。

無言電話は結局誰からで、何を表していたんだろうか。

「あると思うのではなく、ないことを忘れる」
ジョンスを嫌いなところ
・お前絶対ヘミのこと覚えとらんやろ
・俺のこと好きかもしれん女好きになっちゃう感じチョロすぎる、愛してるとか言っちゃう?
・完全に勝ち目のないライバル出現した時「いや俺全然気にしてませんけど」的な余裕ぶるの痛い
・妄想癖

って洗い出してみたところ、なんのことはない原作春樹かい〜納得納得!嫌いやわ〜
ヘミが積極的で天真爛漫で、どこか悲しい面もあり、ヒロイン?としてとても癖に刺さりました。

イケてない青年ユ・アインが怒りや嫉妬から爆発してしまう物語。にも見えるけど、どこまでが真実か分からない世界が魅力的。そして、始めからそうなることが決まってたかの様に序盤から伏線のオンパレード。こんな作品、もっと見たい。
ay

ayの感想・評価

3.9
静かで淡々としてて謎は結局明かされないんだけどそれでもその終わり方が1番似合うんじゃないかって思った
私は好きです
5loth

5lothの感想・評価

4.0
苛立ち、得体の知れない不安、この静かなトーンの映画に通底して感じるもの。そのトーン、あのラストさえも不思議なほど自分の中にすとんと落ちる。素晴らしかったです。

夕暮れを経て、日が落ちるとキャラクターの本音がぽつぽつと感情は漏れ出るが、真実や物事の仕組みといったものはどんどん暗闇の中へ退行する。制御できない怒りは父親に、狂気や不穏さがベンに。ジョンスが折り合わないものが、ある種納得してしまった時にあのラストへ。
西瓜

西瓜の感想・評価

-
THE 韓国社会風刺映画なんだけれど、村上春樹ぽさを少し感じつつ短編を映画にしたのは凄いなと思った。

韓国の社会や有害な男性性や女性に対する理想、女性、成功するために貪欲である姿だとかどれも印象的

小説だったら「アフリカ」、「ピンクの時計」、「ビニールハウス」という言葉は文字通り読めばスーッと入ってくるんだろうけれど、映画として映像にすることで少しずつパーツとして彼ら3人の中にある個々のアイデンティティに直結して繋がっていて面白かった。『パラサイト』と比較すると文学的で独自性がありわかりづらいけど、そもそもこの映画のテーマや3人の存在自体、そして動機が“見ても簡単にはわからないもの”だからこれが正解に近い気がする。

映画において炎や燃やすというメタファーがよく使用されるけれど、燃やすシーンよりも夕焼けのシーンが切なくて心に残ったな。

簡単にわかった気になって、失望して、女を愛してるとか言うなよと思ったけども....
村上春樹が原作だと覚えていたので、私に村上春樹の耐性がついたのか鑑賞。上から目線。

ドライブ・マイ・カー観て1週間経ったので、鑑賞しました。

ノルウェーの森含めて、またか?と思いました。男女のこと描きたがるのかな?村上春樹は。

見応えがありました。
監督見て、オヨヨヨヨと感動がマシマシでした。

女より男の嫉妬の方が醜い…らしいですね。
ユ・アイン演じるジョンスと得体の知れない遊び人のベン(スティーブ・ヤンさん)

良かった。
韓国映画だからか、セリフの
「〜なのさ」「〜私は思うわ」
など今では使わないであろう表現が、韓国語だから分からないのも良き。

ジョンスの刹那悲しい生き方、観てて胸痛くなりました。
アボジしっかりして!

一方、ベン。
お、おまえ…プルプル。
最悪この人って思いました。

でもなぜか、ジョンスの家の庭でチーズとワインを飲み、ふたりだけで話すシーンは、なぜか涙が出ました。なんででしょうね?

ミステリーであり、サスペンスであり、ラブでもあったり。

しかしなんで、村上作品は、すぐに男女が…。

こちらは、ミステリー要素もあり、とても好きでした。韓国映画というのもあり。
>|

あなたにおすすめの記事