バーニング 劇場版の作品情報・感想・評価・動画配信

バーニング 劇場版2018年製作の映画)

버닝/BURNING

上映日:2019年02月01日

製作国:

上映時間:148分

ジャンル:

配給:

3.7

あらすじ

みんなの反応
  • 終始不穏な世界観が魅力的で、伏線の回収も素晴らしかった。
  • 村上春樹の小説の雰囲気が出ており、気怠く憂鬱な感性が心地よかった。
  • 怖さと美しさが交差する村上春樹独特の世界観が表現されている。
  • 韓国映画のレベルの高さを改めて感じた。
  • メタファーが多く、解釈の余地が大きく、現実と妄想のグラデーションが恐かった。
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『バーニング 劇場版』に投稿された感想・評価

はま

はまの感想・評価

4.5
ずっと謎めいてて、不穏な感じが好き。なにが本当か、わかりません。誰かと見て、ネットの考察読んで、討論したい
Mariko

Marikoの感想・評価

3.0

ウォーキングデッドに出てた、スティーヴンユアンがお目当てで視聴。
ウォーキングデッドとは違う味の役で、他の役だとこんな感じなんだなぁ。嫌な役だったけど。
村上春樹が原作ってことで、嫌な予感はしたけど…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

ベンがビニールハウスを燃やすと言ったことが、ジョンスの過去の思い出、お母さんの洋服を燃やすようお父さんに言われたトラウマと重なって妄想が広がっていく。

ジョンスが片付いたヘミの部屋でパソコンに向か…

>>続きを読む
SALT

SALTの感想・評価

3.7

結末の不明瞭さが、現実世界のようで妙にリアルな胸騒ぎ映画。

登場人物みんなどこか闇と影をちらつかせていて、どこか不穏な雰囲気漂っている。
そのため、結局の結末も実際に起きていることなのかすら信じ難…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

時々汚いビニールハウスを燃やしている

時々底辺の人を殺している

ビニールハウスは貧困層のメタファー

汚いビニールハウスを燃やしても警察は気にしない

これだけの話
村上春樹の原作を読んでいないからか、この映画の全てが謎にしか思えない。
ヘミは実在する人物なのかとさえ思えてくる。
こんなに面白い映画見たのいつぶりだろう。

いかなる感想を述べても陳腐化するので、ただただ「傑作」という以外に何も書けない。
yyu

yyuの感想・評価

3.0

長い、概ね展開が読めてくるのに
意味ありげなシーンがやたら多く、
オシャレ感を演出しているようで受け付けない
人を退屈させない為の努力が足りない
この作りにするなら、もっと予想や理解を超えてくるか、…

>>続きを読む
andrias

andriasの感想・評価

4.0
おもろい。わざわざ電話に出てチャックの音入れたり、尾行に気づいてる所がダシになってる気がする。オナニーのシーンが多いのは謎。
Fujibau

Fujibauの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

なんつー気持ち悪い映画や…登場人物全員に全く共感できないどころか、嫌悪感を抱く要素が一つも二つもあるという。主人公のすっとぼけ顔をずっと見ているのがキツすぎて1.5倍速で観てしまった。
>|

あなたにおすすめの記事