影武者の作品情報・感想・評価・動画配信

影武者1980年製作の映画)

製作国:

上映時間:179分

3.7

「影武者」に投稿された感想・評価

batabata

batabataの感想・評価

3.8
3時間もある大長編映画にも関わらず、終始集中して見れた。
燃えるような空の赤、夜の闇を照らすように光る青緑の照明など、色による画力が凄まじい。
多額の予算に裏打ちされた圧倒的な迫力、壮大さ、重厚さ。
影法師が多難をかわしていく様と、周囲の者の反応が面白いし、そういった部分は楽しんで観れるが、シーンごとのテンポが悪いというか、長すぎる。。。
無駄と言っていいシーンが多数あるように思った。
あにま

あにまの感想・評価

3.2
667作品目。レビュー245作品目。
『影武者』
 監督:黒澤明
 主演:仲代達矢
 興行収入:27億円
 製作費:23億円
巨匠・黒澤明監督のスペクタクル映画。
武田信玄の影武者のお話。
大迫力の戦乱に人間の繊細な心理描写。
名だたる武将らはやはりかっこいいな。
話は流れてしまったが、主演が勝新太郎であればどのような作品になっていたのだろうか。
wada

wadaの感想・評価

3.0
終始迫力ある映像に圧倒される。影武者という立場だが、おじじと慕われる姿はなんだか悲しかった。ラストの合戦のシーンは特に凄い。悪夢のシーンが印象に残っている。
ストーリーはそこまで驚くようなものではなかった。
nicoden

nicodenの感想・評価

3.9
引き込まれる。
歴史の中であったかもしれないと思わせる面白さ。
お金のかけ方は圧巻。
た

たの感想・評価

3.7
長いけど、ストーリーがわかりやすいから特に混乱せず落ち着いて見れた。
バレるシーンあっさりすぎない。もっとハラハラしたかったな
人がたくさんいてすごい
隼人

隼人の感想・評価

3.5
他の黒沢時代劇と比べて何となく全体の雰囲気が違う感じがするのは史実をもとにしているからかな。長尺だけど、だからこその見ごたえはある。
小学生の時に父親と初めて映画館で観た作品。そんな思い出もあるせいか、黒澤作品の中で最も好きな作品。
すんげええ。日本の映画とは信じられん映像。フィルモグラフィだと『蜘蛛巣城』が一番近いかも。長篠の戦いは微妙...『アレクサンドル・ネフスキー』にはなり得なかったというのをはっきり見たかった気もする。音がめっちゃくぐもってる(というか変なエコーがかかってる)のは何なんだろ
Iman

Imanの感想・評価

3.0
10代でみた作品。何故かこの作品は面白いと思わなかったです。今観たら、良さがわかるかもしれません。
shiori

shioriの感想・評価

3.5
エンタメに寄り添うのではなく手名付けてしまう世界のクロサワ。
ばっちりすぎて入り込める隙がなく格好良すぎて笑ってしまう。夢のシーンとか色彩感覚どうなってんのかな。

信長の「アメン!」がツボ。
>|