劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンの作品情報・感想・評価

「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

まず未曾有のテロ事件を経て、この作品完成に至った京アニスタッフと関係者の方々には心から敬意を。
それでも私は作品の感想はそういった感情抜きにして語りたい。同情して嘘の絶賛をしたりすれば逆に失礼だと思うから。それが自分なりの敬意と今後の応援姿勢。
本作は非常に丁寧な作画によって壮大な映像美をみせつける。また細やかな日常芝居など1つ1つの動作も流石のクオリティ。
ただし個人的に気になる点もある。まず音楽、TVシリーズから思っていたが何故violet letterを使わなかったのだろうか。正直みちしるべ等よりも本作らしいイメージを持つ曲だった。
またユリスのシーンは確かに泣いてしまうのだが、人の死を絡めた脚本はややあからさま過ぎて2回目以降はあまり感動出来ない。
それと少佐が追いかけるシーンの距離感がとても追いつけるものには見えない。アニメならではと思うよりないが、ここは流石に違和感が大きかった。
物語完結として誰にでも分かるハッピーエンドにしたのは良いが、個人的にはラブロマンス的エンドとなったヴァイオレット自身の物語よりも外伝のような他者とのストーリーの方が魅力的だったと感じる。とはいえこれは列車上戦闘等があるTVシリーズから感じていたことであり、劇場版自体に対して言うべきではないのかもしれない。

本作を綺麗に締めたという点、そして何よりも未来への祈りを感じられた点が良かったと思う。改めて京アニスタッフ関係者に感謝し、今後の完全新作を楽しみに待ちたい。
はる

はるの感想・評価

5.0
作品はアニメの中で最高峰。
人生を変える作品。

これまで沢山のアニメを観てきたが、
作画、音楽、演技、内容
自信を持ってオススメできる満点の作品。

もし感情の機微を描く作品が好きなのであれば是非いますぐNetflixなどで観て欲しい。

映画もその集大成といえる作品。事件があった中でこの作品を世に届けてくれたことに感謝。

⚠︎映画を先に観るのではなく、アニメまたは小説を観た上で観たほうがいいです。
幼少期から軍人として歩んできた主人公のヴァイオレットが愛について学んでいく過程がアニメでは描かれているので、それを観てから映画を観てほしいです。
人生が変わる
何を語っても観る他にはない
兎にも角にも、今まで観た映画ほ中で最高であった。
個人的に少佐殴ってやりたい
でも生きててよかった。幸せになってよかった。
masa1987

masa1987の感想・評価

5.0
今まで観た映画(実写、アニメ両方含む)の中で間違いなく最も感情を揺さぶられた。ヴァイオレットという存在が、時間と場所を超えてずっと存在し続けるような、そんな感覚。ストーリー、登場人物、CV、アニメーション、音楽、とにかく全てが素晴らしく、苦難の中この作品を作ってくれた京都アニメーションに、ただただ畏敬の念を感じた。
こーた

こーたの感想・評価

4.8
映画館で唯一泣いた映画

開始5分で泣ける

また映画館で見たい

このレビューはネタバレを含みます

京都アニメーションさまさまでした。
ギルベルト少佐があれから生きてたのはさすがに無理があるかもと感じた。
メインのものではなかったが、亡くなる少年のところはものすごく刺さった。
大泣きするレベルの作品。
牡蠣

牡蠣の感想・評価

4.9
最高の一言。コロナ禍の映画館ということもあり、涙や嗚咽を堪えるのに苦労する。そのくらい泣ける。シーズンでやってたアニメの二番煎じかのように言ってる人もいたが、私の中では最高の作品だと思った。
ずっと気になっていた2人の現在も明らかになり、変わらず美しい描写と声優陣と何も言うことない。上映期間ギリギリに行って1度しか見れなかったので、早くまた見たい。
たいち

たいちの感想・評価

5.0
今まで見た中で断トツで感動する。出来れば前作のアニメを見た方が内容が直ぐに分かりより泣ける。とにかく愛情をこの作品を通して知ることができる。愛情とは親子、兄弟、友達、恋人など様々あり1つの作品にまとめることは難しいだろう。しかしこの作品ではそれが出来る。人は相手に伝えたい事を伝えられなかったり相手に読み取って欲しいと思う。しかしその気持ちを少しでも言葉によって伝えることがどれだけ大事かを教えてくれる。京都アニメーションの映像美と音楽によってより素晴らしさが際立っている。是非また観たいし色々な人に見て欲しい。
映像が相も変わらず美しい…!こんな素晴らしいアニメを作ってくれた京アニに感謝!
>|

あなたにおすすめの記事