ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方の作品情報・感想・評価・動画配信

「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」に投稿された感想・評価

理想の農場作りを目指した夫婦の始めからの数年間を描いたもので、特にストーリーがあるわけでも無いのだが、とても感動してしまった。

自然のシステムの素晴らしさには、ただただ感心させられる。
今の農場は結局、人間の都合で自然の循環を壊して、更にまた壊して、と、人間の愚かさがよくわかる。

そして、自然の美しさを余す所なく堪能できる映像。この映画が高評価なのに納得させられた。
おもしろかった!!!自然農法を知るのにいいとオススメされて観てみたけど、自然の力はすごい。自然を前にすると、自然が自然であれば完璧で、変に人間がコントロールしようとするから害虫とか不作とかのトラブルが起きるのだなと思った。
人が食べていくために流通とかビジネスがある時点で不自然にならざるを得ないのだろうけど、より自然な形を維持しながらできる方法があるなら探りたいなぁと思った。
続編のリターンズも観てみたい!
Eiti

Eitiの感想・評価

4.0
私たちの世界のベースが集約させているよう。シンプルな自然の美しさとその中にある厳しさがありのまま感じられる。
飼い犬の近所迷惑問題でカルフォルニア
の農場で有機農業を始める夫婦の話。
農業指導の男性の自然循環のポリシーが
徹底していて、最初は自然の猛威に
さらられて苦労するけど、めげずに
仲間を増やし農場が豊かになってく。

「りんごが教えてくれたこと」の木村
さんを思い出した。 周りをよく
観察することが肝心なのね。

ラストにさらなる災害が。自然は
甘くない。
雪吹雪

雪吹雪の感想・評価

4.3
愛犬トッドの鳴き声が原因でL.A.から離れることになったチェスター夫妻。かねてより念願だった大農場の夢を叶えるため、郊外の荒れ果てた土地へと引っ越した二人は、沢山の人々の力を借りながら「循環型大農園」を作り上げていく。実在の農園アプリコット・レーン・ファームの誕生と発展を描いたドキュメンタリー。

自然が本来持つ自浄作用を最大限に活かした循環型農業。無農薬を謳った有機栽培や自然農法はその在り方すべてを自然に任せることで成り立つが、土、草、生き物に至るまでその一切の運命に介入しないことの厳しさが嫌というほど伝わってくる。
干ばつも害獣も病気もそのすべてが自然によるサイクルに委ねられ、人間に出来ることは精々その大きなシステムの整備を整えることだけ。
自然というのは恐ろしく精密に仕組まれていて、害虫を食す鴨の排泄物は堆肥となって土を潤し、実をつけた木々は鳥や別の虫に食べられれ、時が経てば今度はその鳥を捕食する猛禽類が現れる。すべての命に意味があり、その役割を果たしている世界の仕組みを、この小さく巨大な農園が教えてくれた。
野生動物のカメラマンでもあるジョンの手腕もあり、映像としてもとても美しいドキュメンタリーでした。

主演女優賞は間違いなくエマ。彼女のシーンはすべて好きです。偉大なる母。
mtk

mtkの感想・評価

4.5
人間の手でほとんど完璧な自然の摂理を再現した農場。本当にすごい。

それと同時に一度壊してしまった地球の仕組みを元に戻すのがどれだけ大変な事なのかを感じた。

やっぱり自分の中には自然と調和して生きる事にどうしようもなく憧れてる部分があるなぁと改めて。

本当に持続可能な循環というのは、自然の力を借りながら生きると同時に、時に偏って回らなくなってしまう歯車を人間の手によって回してあげることなんだなー。
2022-68

スケールがあまりにも大きすぎる。自然との共存を突き詰めた生き方で、これは真似出来ない。本当に凄い。害獣と思われた動物も、見方を変えれば共存出来るんですね。
自然は完璧なデザイン。
自然の摂理、生態系の仕組みに感動。
生物も植物も目に見えない微生物も役割を果たしあって、自然が成り立ってるの凄すぎる。
まさに、人間が求める理想の暮らし。
kawashiman

kawashimanの感想・評価

4.0
へぇーの連続。
素晴らしいドキュメンタリーだった。
さすが、動物カメラマンと言えるような映像もたくさん出てきた。生き物の生態系って上手く出来てるなぁと感心。ブタの赤ちゃん、可愛かった。
s

sの感想・評価

4.5
コントロールや排除ではなく共存し、循環させるエコシステムは、無駄なものがひとつもなくて全て繋がってて偉大で美しかった

地球に生かされてることを強く感じた作品; life inspiration

@ 素敵なミニシアター
>|

あなたにおすすめの記事