人生フルーツの作品情報・感想・評価

人生フルーツ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:

上映時間:91分

4.4

あらすじ

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようにな…

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

夫婦2人の丁寧な命のいとなみと、その強い絆にとても感銘を受けた。

スローライフという響きは素敵だけど、この生活をしていくのはとても大変。毎日田を耕して、できるだけ手作りして、力仕事も自分たちでする。けれど、2人がその生活を楽しみながらやっている姿は本当にきらきらしていて羨ましかった。街への強い想いも素敵だった。

大切な人が逝ってしまっても、毎日その人のために料理を作る。お気に入りのスプーンを添える。それがただただ美しくて涙が静かに頬を伝った。

新年一作目
2日の日に東海テレビで
放送してくれた(o^^o)


すっごくよかった、本当に

なんでも丁寧にこつこつとすることの大切さ

ふたりの中の優しい空気感

あんな風に歳をとりたいし老後はあんな風に生きたいと思った
ようやく観れました。
こつこつ時間をかけて。豊かさの基準は人それぞれですが、ここで描かれた日常の積み重ねは唯一無二の結晶でした。同時に哲学ですらある。とても真似できません。有機と無機。美味しいご飯が食べたくなる。
nakataka

nakatakaの感想・評価

3.4
老夫婦のドキュメンタリー映画。
ほのぼのとした映画で心が暖まりました (*´ー`*)

ドキュメンタリーなので、演技では表現できないリアルや間がありますね!

孫の笑顔をみるために
お爺ちゃんお婆ちゃんがんばってるんだなあ。
自分も小さかった頃を思い出すと、確かにそうだったのかも。笑
kumi

kumiの感想・評価

5.0
中部地区に住んでるから
以前、テレビで紹介されていた頃からのファンです。

お二人の生き方
寄り添い方
責任のとり方
後世へ残そうとする姿勢

全てが素晴らしいとおもう。
こんな生き方をしたいと心から想った。
ひな

ひなの感想・評価

4.0
生活が明るくなる
ナレーションも素晴らしい!

好きなものを作って好きなものを着て
好きな食器でおいしいものを食べて
おいしいねって笑う。
最高に美しい!
マルタ

マルタの感想・評価

4.5
日向のように暖かな映画だった。
年長者に対して適切かわからないが、「かわいい…」と顔をほころばせずにはいられなかった。
涙も出た。
芯の通った修一さん。
しなやかに強い英子さん。
美味しそうなご飯にお菓子。
素敵なお家にお庭。

悲しい場面もありましたが、多幸感溢れる作品でした。
Karin

Karinの感想・評価

4.5
こんな風に歳をとって、夫婦で支え合えて、子供と孫を愛してとできたら幸せだな、そうなりたいなとこころから思った。夫婦の関係が本当に素敵
しるこ

しるこの感想・評価

4.2
この夫婦の生き様が素敵だ。
二人が育てる沢山の作物や果実。野鳥の為の水瓶。英子さんが夫に作る料理や、修一さんの自然に寄り添う丁寧な暮らし方から、彼等の人となりを見せてくれるドキュメンタリー作品。

やがて歳をとり、会社に行かなくてよい日々が来たら私はどんな生活をしているだろう。海と山のある田舎で、畑でも耕しながら好きな映画を観て暮らしたい。そして愛する人の為に食事を作り、その人よりも一日でも長生きをしてあげたい。

人の幸せって富や他から与えられるものではなく、日々の生活や愛情の深さにあるんだよね。
あゆ

あゆの感想・評価

4.8
自分の中で何かと話題だったドキュメンタリー映画。
あちこちの映画館で上映されていたのを今日やっと見れた。

誰かと寄り添って生きていくこと。
地に足を着けること。
風が吹いてよりいっそう豊かな土地になると言うこと。
死ぬまで自分の畑を耕す。誰のためでも無く自分で食べる明日のご飯を。
常に沢山の選択肢があると言うこと。今日沢山の選択肢を選んでそして捨てた、と言うこと。
それが誰の責任でも無いという事。
歳を重ねる。毎日の積み重ね。明日の自分が今日の自分より、確実に経験値を詰んでいる。
形あるものは誰かの想いの中で、いずれ朽ちると言うこと。

自分の武器は常に磨いておく。
錆び付かせてはいけない。

大切なものが沢山詰まっている日常で、生きていく。誰のものでも無い自分の人生の中で歳をとる。

人生フルーツ。
>|