人生フルーツの作品情報・感想・評価

人生フルーツ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:

上映時間:91分

4.4

あらすじ

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようにな…

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

高蔵寺ニュータウンの老夫婦の生活を追った作品。実った果物や料理の画がたくさん出てきて楽しい。二人とも楽しそうだ。ただ、途中で旦那さんが亡くなったのには驚いた。
hidebo

hideboの感想・評価

-
ドールハウスが凄かった。こんなに有名になって、作物泥棒が入らないか心配。ギンレイでの2本立てのもう1本は「あなた、その川を渡らないで」にして欲しかったな。
marigo

marigoの感想・評価

4.5
いや〜〜〜〜真実は小説よりも奇なり、真実はどんな脚本よりも美しいのだった。仕事においても日々の暮らしにおいても自分の価値観や感覚だけを真っ直ぐに信じてそれをそのまま表現してみるということはこの時代だから尚更大事であり、ありとあらゆる周辺情報に振り回されない人が一番美しく一番尊いと思ったね
り

りの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

スローライフまじ勘弁マック食べさせろと思って見てたけど、ジジイが死んでから涙が止まらなくなった。手作りで暮らすと魂が宿るんですね。全ての好きな人と、また会えるのを楽しみに一生懸命頑張りたい。
ももか

ももかの感想・評価

4.5
こういう歳のとり方をしたい。
人生コツコツ。
kuro

kuroの感想・評価

4.5
こんなドキュメンタリー見せられたらもう作り物の映画なんて見れなくなる気がする。
あやの

あやのの感想・評価

4.8
優しい映画だった〜よかった
ここまでのスローライフはちょっと無理だけど、四季を感じながら過ごしたり、できることはなるべく手作りしたりしながら生きたいなと思った
修一さんも英子さんも本当に素敵だった
家のものとか使い込まれてるけどお二人とも抜群にセンスがよくてなんかおしゃれですごい
修一さんの、彼女は僕にとって最高のガールフレンドですって言葉と
英子さんの、旦那さんに寄り添って支える姿勢がいいなあ
こういう夫婦になりたい
Yuri

Yuriの感想・評価

5.0
わたしの地元である高蔵寺ニュータウン

多くの人が持つニュータウンへのイメージには「無味乾燥」とか「激しい少子高齢化」や「土着性の無さ」なんかが挙がるのかな と思います。

このニュータウン計画の裏には指揮した建築家夫婦がいた事。高森山が昔はハゲ山だった事。その山をこのニュータウンのシンボルとしようとドングリを植えて、今の姿がある事。計画段階では建物と自然との調和を図ろうと試みていた事。

そしてなにより、夫婦が今もなおこのニュータウンに住み続けている事。

なんとなく、無機質な故郷に少しの暖かさを感じました。


「何でも自分でやってみると色々な事がみえてくるよ」この映画で一番すきな言葉です

慌ただしい毎日の中で疎かになってしまっている 四季を感じる事、旬の食材を食べる事、そんな事を暮らしの中にもっと足していきたい。日々にもっと丁寧を…

本当に素晴らしい作品でした。
間違い無く今年のナンバーワン。
桜豆

桜豆の感想・評価

4.4
これ、DVD出てないんですね。
映画が終わった時に、「これはDVDを買おう…」と思ったので残念です。

とても評価が高いけど、途中で寝てしまうような映画だったりして‥‥
などと思いながら映画館に足を運びましたが、
そんな心配は不要でした。

英子さんの笑顔も素敵すぎる。
久しぶりに自分の生活に影響を与えてくれそうな映画を観たと思った。
全部を真似ることは無理だけど、
今は不要なものに囲まれ過ぎて、
大事なものを見落としてるのかもしれない
HORI

HORIの感想・評価

4.8
こんなに優しい映画があっていいのか、、
今も高蔵寺のあの家でひでこさんが生きていると思うと、もう、、

この映画の後に、劇映画を観ても、
「あ、でもこれ作り話ですよね?」
ってなっちゃうほど、、

それくらい、ドキュメンタリーの力強さを感じた。


好感を持てたのが、演出と編集に"作為"をあまり感じなかったこと。


「ドキュメンタリーは嘘をつく」とよく言うが、この映画が映すのは、ある夫婦の等身大の日常であり、2人とキャメラの間には物理的な距離があるだけで人工的な歪みがない。


ドキュメンタリー映画である以上、作り手は映像素材の集合体に映画たる所以を見出さなければいけないのだけれど、
この映画においては、被写体の「コツコツ、ゆっくりと」したルーティーンに"作為を"入れ込む隙間がない。

それでも、映画として成立しているのは、この2人の歴史と日常そのものが、未来へと紡がれる物語になっているから。

その人の生きた歴史がその人の生きた物語になる
というある種の「当たり前さ」に改めて気づかされた。


映画の中盤過ぎあたりで、突然劇的な出来事が起こるのだが、観客に感動の押し売りをせず、さらりと描かれていたのも良かった。
(もっともこのさらり感を出す秀でた要因はひでこさんの前向きな気持ちと笑顔に他ならないのだが)

そして、この劇的な出来事以降、それまでの反復された日常、これからも続いていくであろう日常がより一層の輝きを放つ。


とにかく素晴らしい映画でした。


特にグッときたのは、
小鳥用の水瓶が割れたと知らされた時のひでこさんの対応。

ひでこさんなら大丈夫。

そう、確信した。
>|