人生フルーツの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

sunchan

sunchanの感想・評価

5.0
だいすきな映画です。

つばたさん夫妻の生活を真横でのぞいているかんじ。

はじめのナレーションからすごく良いです。

きっと、繰り返し口ずさんじゃうわ。

ちっちゃなシアターで、たくさん泣いた。

そして、映画終わりに珍しく、本とパンフレットを買った。

ポコポコ ニュータウンを建てているときに、なんかちがうなってかんじて、一人べつの道をゆく修一さん。

その生活をつづけていく中で、だいじにしているものが積み重なって、美しくてやさしい日々になるんだなって気がした。
Yoko

Yokoの感想・評価

4.0
自然の循環にとても素直に対峙している姿の凛々しさに、たたずまいの美しさに心改まる気持ちになった。大切に物や人を愛しむことが、こんなにも豊かだなんて。
人生のヒントを貰った気がする ━━━━━━━━━━━━━━━
まだ高校生だけど、
これからの人生の生き方のヒントを貰えたような気がする。


そして、
劇中に出てくるご飯が美味しそう。


『 風が吹けば 枯葉が落ちる
枯葉が落ちれば 土が肥える
土が肥えれば 果実が実る
コツコツ ゆっくり
人生フルーツ 』
(2020/1/13鑑賞)
ゆったりよい時間を過ごせた。

オーガニックの食材や無添加の加工品を扱う仕事を20数年続ける中、年齢と共に自身のライフスタイルが少しずつ変わってきたのだけど、日々をていねいに暮らすことこそ、豊かな人生の実現であると思うようになった。

おふたりの暮らしぶり、私にとってなかなかにバイブル的なものだった。
31mon

31monの感想・評価

5.0
「生涯で最高のガールフレンド」なんて言われたら…。でもそんな事を言われるだけの人。本当に素敵なご夫妻。それ以外に言葉が見つからない。二人で歳を重ねる結婚の素晴らしさを見た。
ナレーションが樹木希林というのも良かった。
この映画を見た次の日に自分の祖父母に会った。
長い時間2人で生活をしていると、妻や夫はもう"相棒"なわけで、生活の一部以上の割合を占めてくる。片方が欠けるということがどれだけ生活を変えてしまうのか、それを強く感じた。
「別れられる家族」は、それなのにずっと共に生活していると1番の"仲間"になる。"夫婦"がそういう、共に毎日を駆け抜ける"仲間"になるといいよね。そうすると別れるのはよっぽど辛くなるけど、そんなリスクを吹っ飛ばしていいと思える"仲間"になりたい。
なんか見てる時もよかったんだけど後からしみじみよかったなあと思う映画だった…

いいことだけ考えて、
悪いことは言わないの、
といつでも前向きで穏やかなおばあちゃん。見返りを求めずに人のために、自分のために働くおじいちゃん

答えはいつも自然の中にある、って今の仕事始めてから聞くとすごくしっくり来る言葉だったな

そしておじいちゃん90歳であのクロス乗るのカッコよすぎる🚲

こつこつゆっくり頑張りたいね
マイナスな発言控えよう(笑)
私自身、家の事をするのが好きなので英子さんのように旦那さんの好きな物を作って「美味しい」という言葉に笑顔が溢れている二人の光景が自分達の老後であってほしいなと願いに近い思いでみてた。憧れる。
2回目を見てみた。
状況も精神状態(もっと楽に言えば気分)も違う
映画からはやっぱり多くを学ぶ。お金が1番大切じゃない。人との繋がりとか、こつこつの積み重ねでゆっくり努力して休んで生きていくことが良かったりもするんだなと。でも、若いからのんびりばっかりしてられなくて、せーので始めることも大事なんだって違う映画から学んだことも振り返る!こつこつ一歩ずつ進んで生きたいと思うよね〜

長くなりますが、なんだって2回目って違うよね。初めて話す子も2回目は少し違う気持ちだし、初めて袖を通す服も2回目はもう自分のものだ。ワクワクの初デートにも100回目のデートにも各々違う楽しみと発見とがあればこれまた全部1回目のようなもんなんですよね
あらためて見ると、英子さんの「女性としての在り方」に違和感を覚える人も少なくなさそう...
しかしそれはそれとして、やっぱり津端夫妻の生き方には心の底から憧れる。自分のペースで生きること。食べることを大切にすること。(英子さんみたいなおばあちゃん羨ましい!あんなに美味しそうなご飯を毎月仕送りしてくれるなんて...)土を弄りながらの生活、日差しを取り入れた生活、大切にしたいな。

一緒に見た友達は「飛行機の意味がどんどん変化しましたね」って言ってたけど全然わからなかった...もう一回見なければ。
>|