シングルマザー ブリジットを探しての作品情報・感想・評価・動画配信

「シングルマザー ブリジットを探して」に投稿された感想・評価

miyu

miyuの感想・評価

3.7
サスペンス系の映画かと思って見ましたが〜
チョット違った。。。

10代で、子どもを産んだデボラは、30代で祖母になる…
でも、10代の娘が突然、行方不明になり、祖母でありながら、孫を母の様に育てなければならなくなる…って物語…

30代なら、まだまだ、自分の幸せもほしいし、愛する人も欲しい…
でも、愛するムスメが突然いなくなった時の 胸の空洞感はなかなか埋められない。。。

シエナ ミラーって 『マリリン&モナ』の人なんですね!!

姉になっていた クリスティーナ ヘンドリックスって 爆乳✨
めちゃ 綺麗な顔で バランス悪いほどの爆乳…
←インプラント???…って 噂もあり!
重いやん💦
邪魔やん💦
…って それがメチャ 気になる女優さんです。。。
この姉の役は 優しくて たおやかで いつも優しげな微笑みを浮かべた素敵な役でした💕

話戻して…
ムスメは、一体 どうなったか 判明するんです。。。
で…
ラストは、孫を連れて 主人公が自立する話でした✨

以前見て すっかり 投稿忘れた映画🎬
shin

shinの感想・評価

3.5
いい映画だった
愛は簡単で難解だ
母は強し
アメリカは悪い奴がいる
白人は勉強すれば報われる
がんばれ
女将

女将の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

女将は昨晩、シングルマザー製造機に遭遇した。

女将のレビュー スキャンドールを実写化したような。お好み焼きに、トッピング全部乗せくらいのチャラ男。26歳。

出会った瞬間から、イタリア人のように人を褒める。目がいいね。鼻がいいね。口がいいね。

しまいには、法令線がいいねときたわ😡😡😡
やかましいわ〜〜〜🤛🤛🤛

17歳で16歳の女を妊娠させ、彼女はシングルマザーに。

現在は、30代後半のSFが複数人いると言う。
SF 超大作でもないし、添い寝フレンドじゃねぇよ?←近藤春菜風に🤛

『それって避妊してるん?』

『いやぁ、相手がピルを飲んでるんっすよ』

この男、マジでペンする5秒前🤛🤛🤛

早速、きたわ。

『それってさぁ、ピル飲んでないかもね?30代後半なら、あんたが結婚してくれなくても、子供が欲しいだけで、シングルマザーになる気かもね。』

男は急に呪怨の少年みたいな顔色になった。

『ほんで、最近いつ会ったん?』

『3週間前かな?1ヶ月かな?』

爆笑。腕がよけりゃ、1週間に1回は呼ばれるじゃろ?

排卵日にしか呼ばれんゴミくそ野郎か🤛

それとも、コロナ予防か?

コロナは予防しても別のなるかもしれない病気は気にしない女達よ🤛

なんだか、お洒落に気を遣っていて全身ブランドらしいが、全然分からんかった。

まぁ、女将にセンスがないのもあるんじゃけど、
そんなんどーでもいいのよ。

外見だけのパリピくそ野郎。

あぁ、キュウソネコカミに歌って欲しい🎶

え?女将はどんな服きた男性が好きなん?

マァ、ソニョ〜、アニョ〜🥰

やっぱり全裸かな?大好きな人の全裸姿が一番好きです🥰ポッ←頬をソメル音だお🥰
tai

taiの感想・評価

3.0
娘ブリジットが失踪するけど探すことがメインではなくて、失踪後のブリジット母の男遍歴や生活がメインのお話。
うーん、あんまり入ってけーへんかったかなぁ…
Eiti

Eitiの感想・評価

3.5
シエナミラーの演技がとても良く、それぞれのシーンがとてもリアルに感じられた。緊迫した状況が続き見ていてどんどんつらい気持ちになったが、見てよかった。シングルマザーより原題American woman のままの方が良かった気が…
犬

犬の感想・評価

3.4
タバコ

35歳のシングルマザー、デボラ
同じく10代でシングルマザーの娘ブリジットと孫息子と暮らしていた
しかしある日、ブリジットが突如として行方不明となり、あらゆる所を探し回るが見つからず……

ツラい

女性としての不幸な部分がたくさん
悲しいです

ドキュメンタリーみたいにリアル

結婚
家族について

こういう人生
なんとも言えない

雰囲気ありました
とがり

とがりの感想・評価

3.0
シングルマザーのデボラは、娘・ブリジットもまた自身と同じように若くして子どもを産みシングルマザーとなってしまったことに心配や後悔を感じつつ、目の前の生活と恋愛で精一杯の日々を過ごしていた。
ある夜、ブリジットは子どもの父親に会いに出かけたまま戻って来ず、そのまま行方不明となってしまう。
デボラは孫であるジェシーの面倒を見つつ、日々の暮らしを何とかやり繰りしていくが…

ブリジットの失踪事件そのものより、残されたデボラが事件をどう受け止め、どう生きていくかという話。
アーロン・ポール目当てで観たが、そんなに重要な役どころではなかった。
湯の花

湯の花の感想・評価

4.1
家族ドラマが好きなので
良かった

ママが年取っていく過程が
リアルでした
トロント国際映画祭にて。

シエナミラー演じるシングルマザーの物語。十代の娘が子を産みある夜消える。孫に当たるその幼い子を育てながら働き、男性に頼りながらなんとか生きていく、という話。

ミステリーテイスト入れながらも結局そっちには振りきらず、やっぱり血の繋がった家族が頼りよねというありがちドラマだったがキャストが魅力的。

シエナの他にアーロン・ポール、クリステァーナ・ヘンドリックス、この3人の関係性もよいね。
Production Designer: Happy Massee
Producer: Michael Pruss

静かながらも熱のある作品。