ワイルドライフの作品情報・感想・評価・動画配信

「ワイルドライフ」に投稿された感想・評価

yoyoyo

yoyoyoの感想・評価

3.6
お父さんが職を失うところから、家族の揺れ動く様を息子のジョーの視点で描かれる作品。ポール・ダノ初監督作品で、ジェイクにキャリー・マリガン出演で公開当時気になってはいた。なんとなーく機会を逃してそのままになってたんだけど、期待してた雰囲気の良さがあって概ね満足。
主人公の14歳ジョーが良い子すぎて辛い。こんなよく出来た子いる?よくグレないな。お母さんのジャネットが、最初は普通なのに途中から情緒不安定すぎて暴走し始めるところが怖い。息子の前であれはだめでしょ。見せちゃだめ。34歳、っていうキャリマリの設定がまた絶妙。でも、息子を巻き込んではだめ。
ジェイクはいつもよりインパクト薄め。
キャリマリは途中からフェロモン全開なんだろうが、最初のにっこり微笑むかわいいお母さんの方が魅力的。あのドレスなに?欲求不満だだ漏れドレスにしか見えないよ。そんなのよりも、ピンクの襟付きカーディガンにブルーデニムや茶色のパンツが可愛い。オフホワイトのボウタイブラウスも可愛い。水色にピンクの花柄エプロンも可愛い。ていうか、エプロン欲しいな、と思った。エプロンて買い換えるタイミング失いがち。わたしだけかな。
慎ましい暮らしの中の、花瓶やテーブル、お家のインテリアや町の景色にジョーの佇まいも雰囲気が好みで、次回作に期待したい。
hasomo

hasomoの感想・評価

3.8
子供の視点でストーリーが進んでいき、夫婦の関係を見て子供が何を感じているかを分かることができる構成が良かった。
夫婦間で問題がある時、自分たちのことだけを考えて子供の気持ちや子供の考えを尊重しなくなる悪い状況になる。
そういった客観的に見れていない部分を子供の視点で描かれいて、自分たちだけの問題ではないと気づかされる構成だった。

ラストは家族のいろいろな在り方を伝えてくれているところが良かった。
家族はこういう関係と型にはめて考えがちだけど、いろいろな家族の形があっても良いと教えてくれていた。
完璧なハッピーエンドとはいけないけど、の顔を見て、家族の関係はそれぞれの家族によるけれど、普通ではない家族の形でも満足しているジョーの顔を見て、完璧でなくても良いんだと思えた。

家族の関係を子供の視点で描かれていて、大切なことを教えてくれる作品でした!
ゆう

ゆうの感想・評価

3.0
好きな俳優2人。これ見るとダメな時は誰にでもあるもので時間が経てば変われるものだと思える。#42
SRiRi

SRiRiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ジョーが不憫で観てられない。
子供が一番見たくないであろう母親の不倫現場、両親の喧嘩どっちもジョーに見せてしまっている。絶対にトラウマになるよ。将来の恋愛にだって支障をきたすかもしれない。不倫してることを除いてもジョーのことを考えているとは思えない母親の言動はいくら自分が辛いからってそれはないだろと思うものばかり。最後には落ち着くところに落ち着いたって感じかな。離れること、それが正解なんだと思う。家族だろうが離れることが正解だったりすることもある。切ないけど、現実はそんなもん。再び愛を確認して、また共に家族仲良く、、って言うのはごくわずかだと思う。共に暮らすことを選択したとしても各々の心には何かが残っている。そんなことを思って私の思い出したくない記憶まで呼び起こしてくれた映画でした。笑笑
Karie

Karieの感想・評価

3.9
14歳の少年から見える
大人って 醜い

ジョーの純粋な心を
傷つける母親に
胸が苦しくなりました
でも
ラストシーンで
救われました。
SAKAS

SAKASの感想・評価

-
じんわ〜と良かった〜と感じた作品
何がだろう?

どこかスローな空気感とちょっと寂しいような土地と色味
なんだか切ないこの気持ちを主人公ジョーの揺れる心情と佇まいが助長させる

ダノ!センスいいなあ
引きの画が絶妙にいいんだよなあ
ラストカットも胸締め付けさせられた

好きな俳優が素晴らしいセンスであって嬉しい!!!

ちょっとお母さんが心ざわざわしまくってたけどきっと何度も引っ越ししたりして遂には山火事に赴く父のマイウェイ感に心ポッカリしちゃったのだろう
キャリーマリガンも絶妙でなんでや!と思うけど気持ち汲めなくもないし、、、素晴らしい

Jギレンホールはただのファンなので出演ありがとうございました!

離散していく時の抗えぬ切ない感じがたまらなくでも愛おしくて
じんわ〜ときた素晴らしい作品でした!
shinefilm

shinefilmの感想・評価

4.4
ポールダノの演技に感じるあの独特の繊細さが映画全体に満ちていました。彼が敬愛する是枝作品の影響も感じる。健気に家族を想い続けるあの少年の瞳に若き日の自分を重ねました。母親の涙と父親の嘆く顔を見たときに確かに芽生えた感情があった。
エイジ

エイジの感想・評価

3.0
キャリーマリガン演じる母は何がしたかったのか?

生活のためなのか?
そこんとろがイマイチ弱かった😓

だから意味不明やった😓

でも、これがリアルな現実なのか…


うーむ…

乗り切れん部分があった😓

子供に感情移入してもうたし、相手の風貌がな…それはないだろって思ってしまうのだよ😓
kaya

kayaの感想・評価

-
ジョーがこれから幸せになってほしいと願う。。
最後のシーンは泣きました。
突然の家庭崩壊を目の当たりにする息子。親も人間…見たくないものばかり。
写真館のバイトで、あらゆる家族の記念写真《人生の門出》を目撃した息子が、誇らしげに撮影するシーン。あの瞬間の価値…!
>|