11月1日の作品情報・感想・評価

「11月1日」に投稿された感想・評価

謳

謳の感想・評価

3.6
2021年 195作目

見るのが辛い。終始怒鳴り続けられるキャロラインが自分だったら…耐えられないな…

このレビューはネタバレを含みます

お母さん役の方の演技の迫力が凄かったですね。ショートムービーと言えど、長撮りしたのを、グッと編集で凝縮したような内容の濃さでした。
usme

usmeの感想・評価

3.0
死刑を待ち望む母と、そんな母を見守った娘

[ 所持管理番号]
HDD-U
WOWOW.

ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2020 インターナショナル部門グランプリ作品。

息子を殺した男の死刑執行を見届けに向かう母娘。男への復讐心と娘との関係に苦しむ。
執行される部屋の前までに母娘の長きにわたるわだかまりが爆発し、ここでたくさんの人を巻き込んできたんだとわかる。病んでる病んでないもまわりの人たちに言われてきたことなんだと思った。この母娘にかかわってきた人たちの顔が浮かぶ強烈なメッセージが込められていると思うショートムービーでした。
ダダ

ダダの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

すっげーイヤな母親やけど、息子殺されたってだけでも辛いのに 犯人であろう男の死刑が執行されるのを28年間も待ち続けてる。
しかも途中2回も延期されてるんやから あれだけ病んでしまうのも納得やわ。

自分はその立場になったことはないから、自分の大切な人を殺したやつが死刑になってもなにも変わらないとは簡単には言われへんな。
空

空の感想・評価

3.0
息子を殺した(とされる)犯人の死刑執行に向かう母娘に迫るショートムービー

お母さんうるさすぎ…
そして自分だけが苦労したという主張
エゲレス系にありそうな高慢な態度に「ありそう…」という印象にしかならないが短いのに緊張感があっていい

色々言いたいことが出そうででない感じになる映画やった

17/2021

このレビューはネタバレを含みます

母娘ってこんなもんよね

でも娘はあそこで
とうとう言っちゃって
ちょっと後悔してるような気もする

母の毒舌
化粧してないレズビアンみたい
ってワロタ

このレビューはネタバレを含みます

母娘の関係性のリアルさに胸が苦しくなった。
私は娘の立場しか経験したことがないけれど、でも娘はあれを言ってはいけない。彼女の娘に産まれた時点であの娘は母親を支えるためだけに生きるべきだし、もっと寄り添うべき。それが28年だろうが50年だろうが。

ちなみに私の母は息子を殺されたりしてないけれどいつもこんな感じ。
SSFFグランプリ作品とのことだが、うーん。最初から最後まで重苦しくてげっそりする話だった。母と娘の話なので、個人的に実母に対して複雑な気持ちをいまだ抱えている自分にとっては、作品内容とは直接関係がなくとも色々な思いがフラッシュバックしてきつかった。逆にいえばそれだけ迫真の芝居だったということだろうし、この短い尺でここまで容赦なく気持ちを沈ませることができるという意味では、確かに傑作なのかも知れない。
でも自分にはとてもスコアがつけられない。

2020SSFFの受賞作といえば、先日レビューを書いたジャパン部門の優秀賞作品も自分にとっては完全にアウトだったし、よもや選考基準や傾向がことごとく自分の好みから外れているのかもしれない。録画してある残りの作品を観るのが怖くなってきた・・・。
息子を殺された母親、その母の悲しみ、憎しみを傍で支えて来た娘、それぞれの28年間。

殺された息子の事よりも、目の前の娘と向き合うべきだったし、死刑が執行されても息子は帰って来ない 。
まして冤罪の可能性だって有る。

恐らく全部わかっていて、それでも尚抑えきれない怒りと哀しみに支配された28年間だったのだろうと思うとやるせない。
>|

あなたにおすすめの記事