くもりときどきミートボールの作品情報・感想・評価

「くもりときどきミートボール」に投稿された感想・評価

MiYA

MiYAの感想・評価

2.8
「ミッドナイトアートシアター」にて。発明が認められて、おまけに彼女まで出来て浮き足立っている主人公に対して「地に足をつけろ」と忠告する職人気質の父親がいい味を出しています。教育的な映画でしたね。絵柄はあまり好きじゃないですが。
最近脳みそが衰えてるので、そんな私に最適な映画でした。ミートボール最高!
lovelyn

lovelynの感想・評価

3.5
2009年作。
ストーリーの発想が好き♪
アニメの中ではかなり好き♪

このレビューはネタバレを含みます

誰かに褒められたくて。

僕の好きな「21ジャンプストリート」の監督が務めた3Dアニメ映画です。キャラクターひとりひとりがバラエティに富んでいて、展開の起伏も大きいので90分の時間がフルに有効活用されています。「パディントン」が好きな人は伏線回収の仕方が同じ感じなので好きなんじゃないかなと思います。“食べ物が空から降ってくる”っていう発想は単純に好奇心をそそられます。

基本的には面白いんですけど、キャラクターに感情移入できない場面が多すぎます。例えば主人公のフリントは心があっちへ行ったりこっちへ行ったり。父親は不器用という言葉を建前にどっちつかずのことをしているだけ。ブリントにいたっては言うまでもなく理解不能。警官も災害になってから色々いいこと言った風でヒーロー気取り。そこらへんがね...

でも!21ジャンプストリートはこの数十倍面白いよ!!!!!
アイスの雪はいいなあ。
でも、落ちてきたものを食べるのはちょっと。。。
TKSD

TKSDの感想・評価

3.5
抑鬱→逆転→増長→破局→そして…
という、ドラえもん的展開。
テンポよく楽しめました。
映像も、ジャッケットの安っぽさと違ってカラフルでなかなか華やかです。
劇伴も妙にドラマチックでよい出来。

何より、終盤の父親とのやりとりにグッとくる。
親子ものに弱いことを再認識した一作。

このレビューはネタバレを含みます

後半部でリアリティラインが下がるのが賛否の別れどころ
【良い点】
話として単純に面白い
キャラクターが個性的でGOOD
問題の解決策が少し練られていて良い
ご都合主義だけれど展開の速さで気にさせていない
【悪い点】
後半部で食べ物が意思を持ち出す展開はのれなかった

【総評】
単純に面白いが面白いというだけでグッとくるような感じはしない。食べ物が意思を持ち出す展開は少しやりすぎだと思う、気軽に見れる映画
Satomi

Satomiの感想・評価

3.7
空から食べ物が降ってくるという発想が面白かった。4歳の息子と一緒に観たけど、かなり楽しんでいた模様。
序盤のお母さんの言葉にうるっときたのは年とったからなんですかね。
テーマもわかりやすく、あまり考え込まずとも観れるという意味で良かったと思う。
ぽ

ぽの感想・評価

4.0
バカにしてたけど面白い。
「なんだか今日はくだらんアニメ映画見たいな〜」て思った日にオススメ!!
宇多丸師匠絶賛なんで、シネマハスラー聴いてから鑑賞すると5倍は楽しめる
>|