くもりときどきミートボールの作品情報・感想・評価

「くもりときどきミートボール」に投稿された感想・評価

orimarks

orimarksの感想・評価

3.1
終始おバカなテンションが「いいね👍」
子ども向けのドタバタかと思っていたけれど、欲深いものの愚かさ、自分を信じること、誰しも口に出せない本心みたいなものがあるんだよっていう、昔話のような教訓が詰まった、ほっこりアニメでした。

個人的には、一人一人振り返るシーンとお父さんの目(というかお父さん)が好き。
山

山の感想・評価

-
見どころありすぎて、お腹いっぱい🍔
めちゃくちゃ笑えるし、夢に溢れてる。こういうアメリカのバカさが爆発してスーパーアートになるのは、かっこいいぜバカ最高ってハナシ
553

553の感想・評価

3.5
上映中の『ハン・ソロ』、ロン・ハワード監督と並んでクリストファー・ミラー監督も携わっているようなので再鑑賞。
くもりときどきミートボールって変な邦題つけちゃって!と思ったら原題もほぼ同じなのね。笑

ミートボールだけじゃない。
むしろミートボールじゃないものから始まるしメインはミートボールというよりスパゲッティだし…。

子どもの頭の中を映画にしました!って感じの発想が面白い。

大好きな食べ物もそれで溢れかえると美味しくなさそうに見えてしまう。
食べたいものを適量食べるっていうのがね、幸せやねぇ。
期待してただけにちょっと残念だったかな。
食べ物の描写とかは結構好きだったけど、なんかストーリーはイマイチワクワクしなかった。
ふーんで終わる感じ。

でも、声優は結構豪華だったし、違和感を感じる人はいなかった。
アンナ・ファリスの声はすぐ分かるな。
あと、お父さんとの関係も好きだった。
最後の帰ってこないかも?ってなるシーンはちょっとうるっときたし。

2作目の予告見た感じそっちの方がわたしは好きそう。
kaneko

kanekoの感想・評価

3.0
子どもの頃からの夢だった発明家という夢を叶えて、空から食べ物を降らせちゃう。発明した作品は最初は大人気だったけど暴走して大変なことになっちゃう。アイスクリームの雪とかゼリーの家とか夢みたいで楽しめるえいが。
teppei

teppeiの感想・評価

4.4
自分の才能を信じ、努力を続ける大切さ、、、

違和感をスルーしないことの大切さ、、、

足るを知ることの大切さ、、、

などを学べる作品です(^-^)/
Water

Waterの感想・評価

3.5
観てないと思ってみたら、これまた2回目だった映画。

何もないところから食べ物を創り出す世界観。
アイスクリームが降り積もるなんて夢がある。

展開がいまいちもたついてむむっ…だったけど、世界観は好きでした。
passion

passionの感想・評価

3.5
食べ物がかわいい。
食べ残しのダム、腐って臭そう。
意外と家族との絆が強い作品
イワシの缶詰で溢れる町で
水から食べ物を作る発明をして
みんなに色んな食べ物を
食べさせようっていうお話し。
要所要所でかなりぶっとんでる😂

ペットのおしゃるしゃん🐒
可愛い。。
てかお父さんの眉毛どうなってんのw
初めて見たら絶対笑うんだけど(笑)

スパゲッティの竜巻美味しそう。

ラストのお父さん
感動シーンなんやけど、
笑ってしまった(笑)(笑)

梅雨もこんなんやったら
楽しそうやな( ˙-˙ )

このレビューはネタバレを含みます

全編に亘って映像に力がある。作った人は頭おかしい。

島民の異常な適応力に笑ってしまう。突然食べ物降ってきて喜ぶとか、主人公がアイス合戦を仕掛けに押し入り強盗ばりに民家に突入してきても「やれやれ…」な感じで済ますとか、お前らサイコか。特にワイン飲もうとした瞬間にステーキ落ちてきてグラス割れても笑ってた婦人は確実にサイコ。
栄養価が高いのとはまた違う『スーパーフード』とか、チキンの装甲とかも狂ってる。

全部滅茶苦茶のように思えるけど、グミ好きな猿vsグミ熊とかピーナッツアレルギーでピンチになるとか土壇場で靴スプレーが役に立つとか、序盤に出てきた設定をしっかり終盤で活かして展開はロジカル。そのバランスが丁度よくて、いい感じの狂い方。

ダレンブラウンのザ・プッシュを最近観てたから、危険を知りながらも市長に流されるシーンで「社会的追従だ…」と思った。
>|