リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ」に投稿された感想・評価

ぼぞ

ぼぞの感想・評価

3.7
もっと性悪のクソ野郎なイメージだったけど想像以上に繊細で家族思いで素直でいいやつ。
オアシス再結成は無さそうだけど、ノエルと仲直りしたい気持ちはあるんだなと思って少し安心した。
息子2人はなかなかイケメンでした。
「オアシス」名前だけは知っている。後は皆無。
でも、有名アーティストのドキュメント物は好き。

兄弟なんだ。で、兄弟で喧嘩して解散?!すご。もうこの情報だけで食い付いた。
兄弟ってのが厄介。だからこそ別れてもお互いが気になる。弟だからこそ兄が気になる。分かる。
厄介な人なのかと思ったら、とても人間味のあるスターだった。息子たちもイケメン!母親の気持ちも分かる。でも、大喧嘩しちゃったら、もう後には引けなかったりするんだよな、、、リアムの楽曲、聴いてみたくなった。いつか、和解出来ると良いな。
『As it was』リアムのドキュメンタリー。
いくつになってもマイクの前がいちばん似合う人だなー。
お母さんのペギー・ギャラガーのお話も聞けてほーって思った!
wowowの録画で。つくづくこのまんまのヒトなんだろーなと。母ちゃんがええひとや〜。
Node

Nodeの感想・評価

3.0
極悪兄弟でお馴染みのリアムさん。
意外と繊細で弱い部分も見えて、ロックスターでありながらもイチ人間なんだなぁと。
oasisの再結成はないんだろうなと残念な気持ちにもなった。
林田

林田の感想・評価

3.8
思っていたよりだいぶまともで、まっすぐで繊細だったリアムギャラガー。
ほんとはこんな人だったんだ、と感動するのも束の間、「俺がこの前ハッパ吸った時に〜」と意気揚々と子供らの前で語るリアムがリアムらしくてめちゃめちゃカッコよかった!生涯のロックスター!!
ロックファッキンスター!

クソ野郎指数の高さを凌駕するロックンロール指数の高さ。この複雑な時代の中で何があっても自分を捻じ曲げないリアムギャラガーのクソメンタルは完全にイカれてやがる。

リアムの髪についてるフケをコカインと勘違いして吸引した結果ハイになってる奴の話し、チケットを買えなかったキッズをギグに特別招待してあげた話し、なんかは印象的。

なんだかリアムが良い奴に思えてくる良作でした。
み

みの感想・評価

-
Supersonic に続いて観賞。

冒頭の「死ぬまでoasisをやるつもりだった」っていう言葉がすごく印象的やった。
あんなにブイブイ言わせてたのに、急に居場所を無くした時の気持ちはとても想像できない。
映画の中のリアムは、なんとか新しい居場所を見つけて、音楽や周りの人に愛される最高の人生を手に入れたけど、それはあくまでも「完璧」ではないっていう感じに見えた。
本人の心境は本人にしか分からないけど、
ノエルとリアムが一緒に音楽をしなくなったという事実は、oasisファンとしてやっぱ悲しい。

そして改めて、2人のそれぞれの才能がばっちりハマったoasisが、20年近く続いたことは本当に奇跡なんやったんやなぁって感じた。
沢山のいい曲を残してくれてありがとう……

Oasisの曲が好きすぎて、
今までソロはあまり聞いてこなかったけど、今度ちゃんと聞いてみることにする。




再結成はなくても、和解して欲しいな…絶縁は本当に悲しいよ…
やっぱりあこがれのフロントマンは変わらない。
どんなにクソでも、大きな葛藤があり、家族への愛にあふれ、どんなに音楽を愛しているかがわかる。永遠のロックスターです。
涙腺ぶっ壊れ。

oasis解散後のリアムが歩んだ道。

どん底に落ちかけた自分の一度きりのチャンス

音楽好きは見やがれ。

ファッキン最高な映画だ。
>|

似ている作品