ブラー ニュー・ワールド・タワーズの作品情報・感想・評価・動画配信

ブラー ニュー・ワールド・タワーズ2015年製作の映画)

Blur: New World Towers

上映日:2016年06月04日

製作国:

上映時間:93分

3.8

「ブラー ニュー・ワールド・タワーズ」に投稿された感想・評価

minacco

minaccoの感想・評価

4.0
基本的にはグレアムとデーモンの関係性が軸なんだけど、4人の友情物語だった。
ステキだ。デーモンの永遠にblurでいたいと心では願ってるってのが響いた。
グレアムの本音も聞けたし、貴重なドキュメンタリー。
グレアムとデーモンが和解してみんなオッサンになってるけどかっこいいし最高の関係
グレアムに曲のアレンジを任せることは
子供を一人で買い物に行かせるくらい危ない、ってアレックスが言っていた。

音楽性は違っても仲が良いからホッとする
kazco

kazcoの感想・評価

3.9
ステヤンの企画した日本のライブが飛んだことによりマジック・ウィップ(13年ぶりの新譜)が出たのはマジだったんだな。
2009年再結成時にも何度もグレアムとデーモンの2人が言っていた友情による活動の再開って言葉が何度もこの映画でも出てくる。
ハイドパークのライブでのデーモンの嬉しそうなパフォーマンスがマジで最高。
masa

masaの感想・評価

3.4
blur再結成から2015年のアルバム「The Magic Whip」制作、ハイド・パークの野外ライヴまでを追ったドキュメンタリー
青春再び
イギリス最高の伝説的ロックバンド、ブラー。

この映画はバンドの16年ぶりにして大傑作のアルバム「ザ・マジック・ウィップ」(2015年発表)が作られた経緯から、その後8万人を集めたハイドパークでの野外コンサートまでを辿る、興味深いドキュメンタリーです。

ブラーは昔からのファンだけでなく、初めて知る人にも未だに新鮮な遊び心とワクワクとした感動を誘う、バンドらしくないカラフルさのグループである事を、この映画を見る人は体感する事ができるでしょう。

90年代の半ばから0年代初頭にかけての20代の時期、音楽的にも存在としても革新的だったブラーのと同時代に育ってきた自分にとって、この映画の登場は新作アルバムと同様に、非常に心から喜ばしい物でした。



【映画の構成についてザックリ解説】
映画の前半では新作アルバムが生まれた映像となっており、メンバーが初めておとづれた香港の見知らぬ街にある狭苦しいスタジオで、奇跡の様な曲作りを進めた話となっていて、僕は個人的にここの部分が非常に好きです。

そして中盤以降からは、ハイドパークでのコンサートで往年の名曲が演奏されるのをたっぷりと味わいながら、メンバーの、心からほとばしり出るような語りの数々を楽しむできます。



【僕の心が最も動いたのは最初の香港の曲作りのエピソード】
長年、一挙手一投足を注目され続けてきた紆余曲折の中で、クリエイティブな作業が難しくなっていたバンドが、本人達にも予想外だった創造性を復活させた要素が、とても面白いです。

《バンドの創造性を復活させた要素》
▶︎初めて訪れる「香港」の新鮮な非日常感
▶︎コンサートのキャンセルによって偶然ポッカリ開いた5日間という時間
▶︎偶発的にスタジオ入りして生まれた、誰にも知られずに没頭できる環境

こう言った、環境をシンプルに生まれ変わらせる要素が、ブラーにとっては非常に貴重価値のある物だったわけですね。

普通の若い人だったら割と当たり前にある様な環境が、です。

若い人なら外に出たら割と容易に新鮮味を味わう事ができますが、40代も半ばも過ぎると文化圏のまるで違う遠いところまで行く必要があるわけです。しかもバンドならみんな揃って一緒に。





【ブラーにとって香港とは何だったのか?】

香港は、僕らの様な日本人にとっては、最も行きやすく身近な国ですが、イギリスからはものすごく遠い、レアな国なったりするのでしょう。

しかも長年のイギリス統治下にあった香港の文化は、どこか英国の香りも漂っていて、バンドにとってはある種の縁を感じられる場所だったのかもしれません。

たまたま開いた休日の5日間を、つい楽器を手に取って集まるあたりは、ミュージシャンあるあるのノリなのでしょう。

その時についてのメンバーのコメントも、アンサンブルの様に面白い。

グレアム
「僕は反対だったよ。数日ゆっくりしてたかった。スタジオは狭苦しいし、それならプールで泳いでる方がいいよね」

デイブ
「香港を観光する事もできたが、ミュージシャンは暇になると楽器を手に取るものさ」

デーモン
「ブラーとして曲を作るほうに好奇心をそそられたのさ」

アレックス
「初セッションの時みたいにとても楽しかった」

大手のレコーディングスタジオとは程遠い、窓もなく地味なスタジオで4人で隔離状態でこもり、フロー状態で音楽を作り、行きと帰りは4人で地下鉄に乗って帰るという。

あのブラーが香港の電車に並んで座ってるの想像すると、ちょっとシュールな気もしますね。

そして、そういう高校生の様な、もっというとデビューした頃の様なカジュアルさが、バンドにとって非常に重要だった事が伝わってきました。

特に夜の地下鉄に座る4人が、その日のセッションが最高だった事の喜びを自制心で抑えつつ、言葉も交わさずに噛み締めている映像は、ほんの一瞬だけしか映らないのにもかかわらず、心に焼き付くほど印象的です。

ライブのシーンでも街を歩くシーンでも、見た目はやっぱり40過ぎのおっさんなわけですが(アレックスは膝上短パンw)。

そして、それでもこの4人が立ち並ぶ姿には、何かドラマ性とお洒落さの漂うかっこよさが健在だったりして、元気をもらえます。



【バンドの豊かな音楽性と物語性を感じられる中盤以降】

映画の1/4を過ぎるあたりからは、コンサートによる往年の名曲の演奏を楽しめますが、そこでは、ブラーのミュージシャンとしての圧倒的なセンスと豊かな音楽性を生々しく味わえました。

ファンの人たちが目をキラキラさせてバントと一緒に歌ってる映像には胸を熱くするものがあります。女子率高そうだし。


そして、アルバムのミックス作業がグレアム主導で行われていく様が紹介されていて、ここにはバンドの歴史を振り返る要素もあります。

0年代にどうしようもなく、1人バンドを脱退したグレアムが、時を経てアルバム制作を主導して新作の成功に導く過程は、ファンとして感慨深いものがありました。


19歳の時から一緒に音楽を奏で続けて、嵐にもまれて、一時は散り散りになったりもしもしながら、再び結集して最高の音を奏でる、4人のおっさんの姿はきっと多くの人に感動と元気をもたらしてくれると思います。

さ、「ザ・マジックウィップ」聴こ♪
ブラーの四人が再び集まり、レコーディング・ライブをやるドキュメンタリー。
ライブについて語るデーモンの言葉に励まされる。ブラーって最高!!!!!!!!!!!!!
tricktime

tricktimeの感想・評価

3.7
世界的に売れたバンドの光と影、陰と陽を垣間見れるドキュメンタリー。フレッドペリーのポロシャツの着こなしっぷりがプロ。
blur最高に好きだからもう観るしかなかった。Blu-rayを買った。
blur本当に良いよ。
ドキュメンタリーとしても、かなりフラットに切り取ってる感じが良かった。
フラットに切り取っても絵になっちゃうカッコいい4人のオッさん…はぁ

平成が終わり、中国インドに負けていく今の日本には、90年代のblurの音楽マッチする気がする。

魔鞭は2人の関係を歌ってたのは知らなかった。

デーモンがまだ余地があるって言ってたし、頼むからまた冒険して欲しい。
先の武道館来日公演のチケット取れなかったんだよな…遠い目をしつつ鑑賞。
とは言いつつ、マジック・ウィップに馴染みのない私。香港公演の様子は新鮮で興味深かったです。そんな経緯だったとは。
でもやっぱり、ハイドパークでのライブ映像はテンション上がりますねーーー!Song2、Girls&Boys、踊るわー!なんだかんだグレアムの弁解?が続くのはご愛敬。仲直りしてくれて、何よりです。みんな大人になったってことですかね。
>|

似ている作品