リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズのネタバレレビュー・内容・結末

「リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

フロントマンとしか見せなかったリアムの人間味溢れる部分を見せられて驚愕
オアシス解散後、リアムがここまで色々あった事を全然知らなかった。
挫折を味わい、音楽から離れそうにもなっていたが、いいパートナーに出会い、子供達、兄や母に支えられ、お陰でまたチャンスを掴み今に至る。
未だ偉そうだが、昔より冷静で他人への感謝も忘れないとてもいい歳のとり方をしていた。
挫折を味わった後のライブでは、ハッパのg数も減らし、毎朝ランニングをして、歌う前には蒸気を吸うなど、昔のリアムでは考えられないほどの音楽への徹底ぶりだった。
なにより、声が変わっていないし昔よりライブ数をこなしている。
やはり最低で最高のロックスターだった。
映画としてすごく面白かったし、リアムの家族やボンへやらの話も聞けて楽しかった。
あと実家の二人の子供部屋が映ったのも嬉しかったです。あそこから全てが始まったんだなーって思って(なんの事情か殆ど映ってなかったけど…)
ただノエルギャラガーがこの映画についてコメントしてたのを見ると「リアム側の主張をすべて鵜呑みにするのも危険だな」って感じもしました。ある程度はリアムが自分をよく見せるための演出込みなんだろうなあ……と思いつつ、最後のライブ映像にはウルっときてしまった。

ボンへの「ノエルは自身の音楽を過大評価し、リアムの才能を過小評価した」ってのはたしかにそうかもな〜と思った。ノエルは音楽こそロックで、リアムは生き様こそロックってスタンスなんだなと再認識。作曲家とフロントマンだし、お互いのアイデンティティを考えたらそうなりますよね。

気になったのは劇中で「若者が憧れるのはノエルじゃなくてリアムなんだ」みたいな発言があったり(たしかにそうかも知らないけど、少なくとも私はノエルに憧れてる)
ちょっと随所でノエルが散々な言われ方で、なんだか可哀想だなと思ってしまいました。

兄貴をむやみに下げずに自分の良さを見せてくれたら満点だった。わがままなレビューですみません。

できればノエル側の主張も聞きたいが、ノエルは絶対に自分のドキュメンタリーとか作らないだろうな〜とは思う。
リアム好きとして単独ドキュメンタリーは絶対観たいと思っていたから観れて良かった!!
リアムの圧倒的カリスマ性を改めて感じたよ。彼と、彼の歌声を待ち望んでいた人々の姿を見て自分も興奮した!今の若者をも虜にさせて世代を問わず彼を崇拝している人は多いんだね。
あと、リアム、丸くなったなぁ〜
と同時に、彼の言動で騒ぎ立てたメディアの容赦ない攻撃とそこで付いてしまったイメージ対して学んで成長した姿。
デビーの支えあっての今の彼でもあるんだろうなぁ素敵な女性だ。
劇中oasisの曲を流さないのは彼がノエルに頼らずとも挫折から立ち上がって一人でも音楽をやれる事を表すようで良かったと思う(少し聴きたい気持ちはあったけど…)ビーディ・アイの好きな曲流れて嬉しい〜!

・“fxxkin'〜〇〇”の発言の多いこと!笑
・ハッパをキメるという話題の多さ
・相変わらずの母親愛(大切にしている)
・ノエルに対する本音
・息子たちも愛している
(息子たち良い感じに成長している…美少年)
・紅茶はヨークシャー
・トレードマークでもあるパーカー姿とあの歌い方
・チャリティーライブでのクリスとの会話
「悪口面白いから続けて」って
・とにかく歌うこと、音楽が好き
・道の若者5人、一人一人名前聞いてライヴのチケット確保しちゃう優しさ
・今はハッパよりお酒の付き合いより朝のランニングで見える朝方の最高な景色を見て喜んでいるところ
鬼滅の刃のヒットでこういう映画はあっという間に上映終了となるのだろうなぁと思ったので初日に行ってきました。

会員デーで1100円で鑑賞。



リアム・ギャラガーは近頃youtube musicが賢くてお勧めの音楽に上がってきていたの。

もとオアシスの主要メンバーとしか知識はなかったんだけれど、オアシスよりもいいじゃん、ってなんとなーく思っていたミュージシャン。

経歴を知らないし、ドキュメンタリーならいいかなぁと思って行ってきました。



オアシスって兄弟げんかで空中分解したのね、知らなんだ。

喧嘩するってことは甘えていたということで、そこを受け止めてもらえなかったのが怒りになったのね。

でもそれでライブをすっぽかされたらファンとしてはたまらない。

この時代はそんなこと彼は考えてもいなかったんだろうなぁ。

リアム・ギャラガーのドキュメンタリーだからしょうがないけれど、ノエル・ギャラガーの踏み込んだ意見が欲しかった。多分オファーして断られたんだろうけれども、もったいない。喧嘩両成敗だから、両方の見解がほしかった。

デビーがリアム・ギャラガー再生のキーになっているけど、恋人なのはわかるけど、接点はどこ???もともとマネージャーだったのは映画の後調べてわかったこと。その辺も説明不足かなとは思う。

オアシス時代に喧嘩して中止になったコンサートは避難されてもしようがないとおもうけれど、ソロになって喉に違和感を感じてコンサートを中止したのはプロなら適切な判断だと思う。

そのままコンサートを続けのどをつぶして歌えなくなったら元も子もない。

これクラッシックのシンガーならここまで大ごとにならなかったと思うんだよね。

いつも思うけれど、ステージに上がっているミュージシャンもオーディエンスと同じ人間だから、体調でどうしようもないのはゆるしてあげようよ。

彼の音楽が好きなら彼の声ごと、彼の体ごと愛してあげようよ。

コンサートを中止することによって彼が変わらず音楽を続けられるのであればその判断は正しいし、ファンなら音楽活動を続けられるようにサポートしてあげようよ。

変なところで観客のわがまま、マスコミのわがままに腹が立ったわけです。

レコーディング最中のリアム・ギャラガーが本来の彼なんだろうな。

40代でまたティーンの神様になった彼の音楽がどうなっていくのかわたしも聞きたいなと思った作品。

ライブで来ている赤?オレンジのフード付きのパーカーはどうやら日本のブランドのものらしい。

映画が終わって帰るときに同じ映画を見ていた知らないお兄さんが彼女さん?に語っていたのが漏れ聞こえてきて、あとでちょっとブランド調べてみようかなと思ったのでした。
この作品が告知されるまで、すっかり弟が一方的に悪いと思ったけど。騒動の発端は兄の方?その前になんか言っちゃったんだろうけどさ。

破天荒で無鉄砲ではあるけれど、リアムなりに色々と考えてるのは解った、気がする。。
オアシスファンとしてさっさと仲直りして、
フジロックでも、サマソニでも、もちろん単独でも、来日してくれることを願ってます!

このまま伝説のバンドでもいいけどさ。
フジロックで日本でのラストステージを見れたことは、良かったよ♪
あの映像販売してくれないかな。。

ただ、喉を潤すための加湿。ボールにお湯入れてタオルを被るんじゃなく、ちゃんとそれ用の加湿器を購入したらいいんじゃない?とか、突っ込みどころ満載だった💦
Oasisの楽曲が一切使われていないのは前情報として知っていたけど、ほんっっとうに使われていなくて逆にすご!!ってなった。パパリアムが超よい。レオンもジーンもキュートだし、奥さんのデビーもとっても素敵。
Oasisしか聴いてこなかったファンだけど、ビーディ・アイもソロも聴きたいと思う。浅いファンなのでネタバレを少し読んで行ったけど、それが逆によかったかなと思う。もっとリアムについての前情報があったらもっと楽しかっただろうな。
TOHOシネマズ日本橋にて観賞

OASIS 解散から、ソロでの復活までをノエル以外の家族、今のリアムの公私のパートナーデビーのインタビューを挟みつつ、描いていく。

クールブリタニカを高校生、大学生で経験している私にとってはヒーローのリアムが大画面で歌うだけて涙腺が刺激されてしまう。

カートコバーンが亡くなって、空白になったポップアイコンの座に現れたリアムギャラガー。カッコ良かったなぁ。
大学時代のバンドサークルのボーカルは皆んなモッズコートに、手を後ろで組む歌い方だったのを思い出しながらの観賞。

早朝ジョギングするリアム。
喉をスチームケアするリアム。
ゴールドプレイに謝るリアム。

大人になったなぁ。。

アイルランドのパブで、アコギ一本でホールドを歌う姿に胸が熱くなる。

フロントマン以外に居場所が無い男の生き様を観て、そろそろ折り返しを迎える自分の人生を考えてしまう一本でした。
「朝ジョギングするのが気持ちよくて、飲みに誘われても断るんだよね」的な老け込んだこと言うリアム・ギャラガーは見たくない! いや、リアムなら別にそれはそれで愛嬌もある気がする! とか思っていたら最後に「どう記憶されたい? 来た、見た、勝った、そして失せろと言った男」「稲妻が光ったと思ったら睨みつける。そうしたら雷が引き返す。まるで聖書だ」とか言っちゃって、本当にファンサービスが旺盛だなと思いました。あとクリス・マーティンに悪口を謝ったら面白いから続けてよとか言われてて可愛い。

「ノエルは音楽を過大評価して、リアムを過小評価した」的な評が出てくるけど、たしかに曲はノエルの方が良くても生で見たいのはリアムな気もする。ドキュメンタリーにして映えるのも。私生活が荒れて兄貴(ノエルではない)と行ったアイルランドのパブで誰かに渡されたギターで弾き語る映像がSNSに流れるだけでグッとくるやつはなかなかいない。最後のロックスターは言い得て妙かも。
現在のリアムギャラガーの人間味あふれる私生活が見れます。

パートナーの女性がいい感じに支えになっているように見えた。
息子2人と仲良くて、お母さんも大切にして、酒やタバコではなくジョギングとスチーミングで身体を労り、若者にも人気ある。マイクの前が彼の居場所だ。実家のリアム&ノエルの部屋で、霊的な存在?が導いてるみたいな事も言ってた。

ノエルは一体どこに行っちゃったの?
>|

似ている作品