VR職場の作品情報・感想・評価

VR職場2019年製作の映画)

製作国:

上映時間:30分

3.5

あらすじ

「VR職場」に投稿された感想・評価

女将

女将の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

評価いいなぁ。

観たいなぁ。

でもね、女将はもう一生、VRはしないと決めとるんよ。

今の会社に入社した2日後に女将は、人生初の骨折を体験した🥶

今まで、熱も38度以上出たことなければ、大病もない健康体。

痛みに弱いのよ。

その日も、新しい職場の緊張感から解放されて明日は休みだしって。友達に電話したら、VR無料体験に誘われて。。。

何にする?

回転寿司🍣に決定。

別に回転寿司ならリアルでいつでもいけるし、もっと高い寿司屋を体験したいわなんて。

あれって、ゴーグルするからさ、リアルな世界が全く見えないじゃん?

前に進めと店員さんに言われたから歩いたら何かに引っかかって転倒。

多分、セグウェイ?に引っかかって前に手をついた。

いだぁ〜い🥶

でも、ゲームに対するアドレナリンも出とるけぇ、痛みを忘れて必死で皿の🍣を取りまくり、
ゲームは終了した。

店を出た後、あまりの痛さに貧血を起こして倒れた🌀🌀🌀

左手の薬指が青くなっている🥶

え?打撲だけよね?きっとそうよ。自分を奮い立たせる。

次の日、念の為よ、きっとそうよ。
いだぁ〜いけども🥶

『はい、左手薬指折れちょりマス。全治3週間』

🥶🥶🥶🥶🥶🥶🥶🥶🥶🥶🥶🥶
🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀

え?

会社には何ていうん?
パソコン💻打てるか?

次の日🍀

『あのぅ、夜道で転けて、指を骨折してしまいました。労災とかじゃないんで、ご心配なく。』

ポチ、ポチ、ポチ←スロウなブラインドタッチは、ゆるゆるの🐈🤛

ついていい嘘もあるよね?
Yuumi

Yuumiの感想・評価

3.0
映文連アワード2019にて。現代っぽいし発想が面白かった。でも実際世の中があんな風になったら考えることをしなくなり、脳みそが固まりそうで嫌ですね。それこそ本作のような面白い発想が出来なくなりそうです。(笑)
Kazu

Kazuの感想・評価

3.1
映画祭
発想が面白い
高島監督が今後どんな作品を撮るのかが楽しみ
ゲームの中のホワイトな職場を守るために、現実の開発チームの職場がどんどんブラックになっていくという話。
昨今の労働問題やソシャゲ業界を揶揄するような会話は皮肉が効いていて楽しい。終盤はVRと現実の境目が曖昧になるような展開でややわかりづらいが、AI課長のセリフには考えさせるものがあった。
やし

やしの感想・評価

-
夜空と交差する森の映画祭 in 沼津 【20190921〜0922】
・5本目
・きいろいながぐつエリア
・20:20〜20:50/30分


ショートムービーって短い分、説明少ないトコあるし、あらすじ知っておくと、スッと物語に入れるからいーよね。
でも本作の場合、あまり情報ないなかでの鑑賞だったから「??」のまんま。
よー分からんかったなぁ。

何が現実で虚構なのか。

岩城課長のバグは作為的なもので、"通常から狂っている"ってことなんね。

そりゃ、働かん奴には有給もボーナスもないわな。

超残業(徹夜)はやり過ぎ。


後ろのひとたちはクスクス笑っていたから、自分たちの現実(職場)とリンクするところもあったのかな?

このレビューはネタバレを含みます

「労働者が1番つらいことは報われないこと」「真面目だから狂うんだ」働いている環境に痛みを感じている人には、大事な言葉が散りばめられすぎていて、思わず頷く。息を忘れるほどわかるから、抗いたい気持ちがあるから、流れる毎日に遅れないよう進むには、フタがいる。そして少しずつ押し込めていく。それを清々しく気付かせてくれる。
ぶん

ぶんの感想・評価

2.9
バーチャルリアリティの世界の職場。うーん、イマイチ駆け引きがよく分からなかった。