バレンタインの作品情報・感想・評価

「バレンタイン」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

コンセプトは分かるんですけど、短すぎて心の整理ができなかった

#石﨑教祖
ロキ、監督の自主映画?
チョコ色のクレジットがおしゃれ。
移動ショットでひたすら喋るのが撮影テーマだったのかもなあ。

エンドクレジットに監督の個人サイトのURL入れるのは世界に勝負仕掛けてた証拠。

飛んだらメアドや電話番号など個人情報のオンパレードだったけど、これが世界のフィルムメイカーなのか。

そして、後にMCUドラマ、ロキへとつながる。どうやらセックス・エデュケーションも撮ってるらしい。

あるあると、ラストへの含みある演出が良い。
kikiki

kikikiの感想・評価

3.5
恋の相談をずっと喋っているだけでも、1日の気分と思考が変わるのは、あるあるだった。"もう迷わない"っていう最後の発言から、また新しい愛について悩んでしまうんだろうな。
りす

りすの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

2020年145本目、5月8本目の鑑賞


こういう友人いるんだよなぁ
こういう時に一緒にいてくれる人って本当にいい人だなぁって思う

ショートフィルムだからこそ、あの後どうなったんかなぁって気になる

短い時間ながら余韻が残せるなんて素晴らしい

お口チャックのキスなのか、私は好きだよのキスなのか、可哀想になってキスしたのか
わからない
分からない作品は鑑賞者に委ねてくれて個人的に好き
いろんな解釈してるひといるのね、わたしは特定のひとりの友達との2ショットあんなに比重多めで飾ることは稀かなと思うけど。
なるほど…ショートムービーだからこそ反芻せずにスルーしてしまうと、理解できずに低評価になりがちなのかもしれない。(スルーせずにというか心のヒットポイントが短すぎて見つからないのか)

これは、ラストの意味をきちんと考えてもう一度見直す。そうすると、単なる友達のマシンガン愚痴のろけを聞いている映画ではないのが要所要所で感じ取れる。
Thomas

Thomasの感想・評価

3.1
3:39という映画のプレビューのような長さのショートフィルム。オチを見た後にもう一度見ると全て納得。
あおい

あおいの感想・評価

3.3
2020年64本目 5月9本目の鑑賞

最後の終わり方に賛否両論あるみたいだけど、私は結構好き。バレンタインデーは自分と向き合う日。深かった。

こういう友達おるおるって思って見てた。笑 

主人公が話さず、表情と行動で魅せる作品。よかった。
彼に不満はあるけれど貴女みたいに一人はイヤってハッキリ言う?
もう勝手にしろ。って思っちゃうけれど・・・
あのキスは、何?
ゆりな

ゆりなの感想・評価

3.0
池尻ショートフィルムなんてイベントが過去にあったのか、へぇ!
ネトフリで話題の「セックス・エデュケーション」何話か撮っている監督らしい、へぇ。

「バレンタインは自分と向き合う日」って概念、いいね。
>|

あなたにおすすめの記事