マリグナント 狂暴な悪夢の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「マリグナント 狂暴な悪夢」に投稿された感想・評価

鷲尾翼

鷲尾翼の感想・評価

4.5
【まとめシネマ】#530

【まとめ】
* 全てのホラー要素が大集合!
* 最高で衝撃の正体
* ジャンルを決めるのは、あなた

本作は全てのホラーの要素が詰まっている。

冒頭はモンスターパニックのようなバイオレンスな演出から始まる。そこから怪奇現象がメインのJホラーになり、物語が進むにつれ連続殺人鬼のミステリーになり、夢ホラーになり、どんどんホラーの形を変えて恐怖を演出しているのが、かなり満足度が高い!ちょっとしたベストアルバムぐらいのボリューム!

物語の様々な怪奇事件を起こす謎の存在「ガブリエル」
後半になって、その衝撃の正体が判明するのだが、これが最高!そこからのガブリエルショーが映画館で観て久々に腹抱えて笑った!後、かなり無理ある設定でも、前半の伏線を回収しているのが、意外で好印象。早く「デッドバイデイライト」に参戦してほしい!

本作のキャッチコピーのひとつに「この映画のジャンルを決めるのは、あなた」というのがある。本当にこの映画はジャンル不問で、観た人それぞれで感想が変わるような多面性のある他にはない不思議な作品。僕はこの作品のジャンルは「SFファンタジー」だと思いました。

また、本作は「質が落ちない」作品でもある。

最近の新作映画の中には「映画館で観ないとダメな作品」が何本かある。例をあげると「DUNE 砂の惑星」や「竜とそばかすの姫」など。この感想は時代を踏まえたもので、新作は次第にNetflixやプライムビデオと流れ、映画館からスマホ・タブレットで観ることにある。当然音や映像の質が下がってしまうので「映画館で観た人」と「スマホで観た人」では感想が変わってしまう。

それを踏まえた上で、本作は劣化しない作品のひとつだ。
アクションもホラーもいけちゃうジェームズワン監督最新作

今年公開されたホラー映画の中では間違いなくトップ。ホラー映画の歴史にガツンと名を残すような作品だった

それくらい後半の勢いが半端じゃない。誰もが驚くだろうし興奮するだろうし、80〜90年代のホラー映画が好きな人とかも楽しめちゃうマジで最強ホラー映画だった。

生活の中で殺人の現場を夢見る女性の話。そう思って劇場に向かって欲しい。これ以上余計な詮索はしなくていい!!

ジェームズワン製のホラー映画は雰囲気の作り方がうまいというかずるい
カメラワークを巧みに使ってまるで誰もいないスペースに誰かいるように撮影するからすごく不気味

かといってアクアマンのような長回しアクションも撮れちゃうからそういった要素も取り入れてたりしてて
もうとにかく面白かったの一言。

ホラー映画見てる時の「気持ち悪っ!!」って感じを取り戻せた感じ。
オススメです!!!
________________________________
[この映画のBest俳優]
アナベルウォーリス
[脚本面]☆☆☆
[映像面]☆☆☆☆
[ストーリー性]☆☆☆
[オススメ度]☆☆☆☆
ジェームズ・ワン限界突破!!

出血大サービスで観た後には思わず笑顔が溢れる素晴らしい作品でした。

個人的に最近のホラー映画に感じる部分として「もう少し普通にやれば?」ということがありまして。例えば、A24やA24ワナビーが作るアートハウスっぽくてハードルの高いホラー映画が一方にはあって。もう一方には、アストロン6などの突き抜けてバカバカしいホラー映画がある。どちらも方向性は真逆なんだけれども、本質的にやってることはそんなに変わらないなと思うのです。そういった中で、「もう少し普通で、王道のホラー映画が観たいな…」と思っていたときにワンさんですよ。「マリグナント」は見事に「王道ホラーの強さ」を見せつける傑作でありながら、最終的には「誰も観たことがない映画」へとしっかり突き抜けている!

ワンさんの発言などを聞けば分かる通り、本作は過去のホラーの名作群を彷彿とさせる作品となっています。デ・パルマ、アルジェント、バーヴァ、クローネンバーグ、その他80年代ホラー多数。まず、この引用元がもう王道で「間違いない」。少しホラー映画詳しい人なら誰しもが「知ってる知ってる!」となるグッドなチョイスなわけです。そういった要素が2時間弱の中に文字通り「ごった煮状態」で投入されている。で、ここが素晴らしいところなんですが、ワンさんの血肉となっているであろう諸々の要素が「俺はこう言うのが好きなんだよね!」というフェティッシュに拘りすぎることなく入れ込まれているのが凄くいいんですよね。これだけ王道な引用を、それこそフェティッシュな拘りだけで用いてしまうと、単にホラーファンへの忖度やサービスだけで終わってしまう。そうでは無くて、ありとあらゆるホラーのサブジャンルが混在しているという作りが物語を引っ張って行ってるんですよね。だから普段ホラー映画とか観ない人でも無類に楽しめる「超一級品のエンターテイメント」になっているという、この王道の強さですよ。本当に信頼できる人間だよワンさんは。

そして、終盤の驚きのテンションの高さ…これには呆気に取られましたよ。ワンさん、やりたい放題か!って感じで正しく大暴れ。「あるキャラクターがヤケクソ気味に椅子をぶん投げる爆笑シーン」もあったりして、とにかくカタルシスの連発です。

エンターテイメントという点では、いつもに増して「勿体ぶらずに画で見せる」ということを徹底しているのもポイントが高いです。ジャンルを横断しながらも、その時々で起こっていることをちゃんと画で見せてくれる。序盤からマディソンさんの心象世界をばっちり画で見せる。そして後半以降の驚きの展開へ….といった一連の流れが誤読の余地が無いほどにハッキリと画で説明されていく。故に叙述上のフェアネスは保たれたままに、超絶展開へとなだれ込んでいく匠の技よ。これは、相当器用じゃないと出来ないですよ。そして、やはり本作は「ジャンルを横断しつつ物語をしっかり見せる」という作品なので、「死霊館」シリーズなどに比べてジャンプスケアは控えめですね。ジャンプスケアの豪快さに気を取られることがないような配慮もしてあるわけです。

とにかく誰が観ても超面白くて、超びっくりするエンターテイメントになっています!おすすめ!
ら

らの感想・評価

4.0
R18でめちゃ怖いんかなって思ったけどホラーもあったけどほぼグロいって感じでホラー嫌いやけど見れたし話も面白かった!!
よ

よの感想・評価

2.9

デッドバイデイライトにでてきたら
使えそうだなーと思った。

設定と演出がくどくどでダメでした。
あからさまな正体なのに焦らしも長い。
あと1時間くらい、はしょってくれたら楽しめたかも。

そもそもキャラに魅力を感じなかったので
入りから終わりまで疲労感だけ蓄積されてった。
ホラーありアクションもありみたいな感じ!
最初と最後だけみたら違う映画だと思いそう笑
MariaElena

MariaElenaの感想・評価

3.4
不思議系新感覚ホラーやった。
怖いかと聞かれると別に怖くはない。
ただグロめ。きもちわる!ってシーンが多い。
でもR18はやりすぎ。R15でいい感じ。

結局、私を見てほしい!ってことだよね。
ホラーは必ず悲しい感情が根底にある。

主人公の女優さん美人やけど前髪似合ってなくてそれがずっと気になった😂
Johnny54

Johnny54の感想・評価

4.0
さすがの信頼ブランド、J・ワン!
最初のツカミから最後まで勢いで乗り切ってしまう手腕はお見事。
日本人には、某巨匠漫画家の代表作に出てくる超有名キャラを想起せずにはいられないので、ちょっとネタバレが読めたりもするのだけど、ああいう形でくるとは思わなんだ。
彼おなじみの家族愛は、ちょっと取ってつけた感が否めませんでしたが。
2021-084
sumicinema

sumicinemaの感想・評価

3.8
これぞ新感覚ホラー...!!
最初「これはずれかもな」って思ったけど後半と畳み掛けが凄すぎておもしろ!ってなった!

結構グロめ。
私は耐えられた。

途中からSF感満載のホラーって好きじゃないけどこれはとっても、良かった!
あと音楽がホラー映画なのにロック調が多くて新しかった
凄まじい破壊力で、今まで名を馳せた「恐怖」に易々と仲間入りをした。めちゃめちゃ怖い。

セットや場面など全てを今後アトラクションで再現されるんじゃないかと思う。
もうなんていうか、やばすぎた。
(語彙力が著しく低下。)
>|

あなたにおすすめの記事