これが私の人生設計の作品情報・感想・評価

これが私の人生設計2014年製作の映画)

Scusate se esisto!

上映日:2016年03月05日

製作国:

上映時間:106分

3.8

あらすじ

建築家として世界各国で活躍しキャリアを積んでいたセレーナは、ふと自分を見つめ直し「新たなステップ」を踏み出そうと故郷のローマに帰ってきた。しかし、イタリアの建築業界は男性社会で、ろくな仕事にも就けないまま貯金も底をついてしまう。そんな時、公営住宅のリフォーム案が公募されていることを知ったセレーナは、男性のフリをして応募し、自分はアシスタントだと偽ってコンペに臨む―。

「これが私の人生設計」に投稿された感想・評価

茉実

茉実の感想・評価

3.0
結構笑えて面白かった。イタリア語が聞きなれないから言葉の音に最初戸惑ったものの、ハリウッドとは違う笑いのツボで新鮮だった。後味もよし‼️
かほ

かほの感想・評価

3.1
天才が腐って行く様を見たような気がした。あんなに才能があっても、雇われ側で、満足のいく生活も出来ず、会社で差別を受けたりするのか。いい学歴があっても。
カッコいい!と思った人がゲイという展開、あまり身近に無い出来事だったので感情移入できなかったが、ついこの間自分でもこの体験をしてグッと親近感が沸いた。
男性社会に立ち向かっていくテンポのよさと爽快感がありますね。
同居人との絶妙な掛け合いが楽しかった
ぬ

ぬの感想・評価

3.7
コメディタッチで笑えるシーンもたくさんあるけど、軸としては男尊女卑や同性愛の問題が描かれていて真面目な映画だった。
自分を偽らなければ社会や他人に受け入れてもらえないと悩んでいる人たちを優しい目線で描いていて、その人たちがだんだんと、偏見や息苦しい世の中に屈することなく自信を持っていく様子に観ていてスカッとするし、元気が出る。

『マイケル・ムーアの世界侵略』で、イタリアには8週間も有給休暇があるというのを観て、てっきりイタリアはホワイトな会社ばかりで、男女平等や同性愛の権利なんかの面でも進んでるんだろうなと思っていたから、男尊女卑がまだまだ残っているということが驚きだった。
登場人物がみんな個性的で愛らしくて、特に主人公の豪快な叔母と、同居人の息子と、アホな彼氏がいいキャラだった。

効果音とかそういうところがちょっと安っぽさがあるんだけど、素朴な感じがしてとても感じのいい映画だった。
あの眼鏡のモジャモジャ男性の行く末がとてもよかった。
というのも、こういう、人権的な題材を扱ってるにも関わらず「ギャグ要素として雑に扱ってもいいとされるキャラ」が出てくる映画って結構あって、そういうのを見ると、結局はお前もアンダーの人間を見て笑うという安易な図式に逃げるんか…と一気に萎えてしまんだけど、そういう引っかかるものがなくて、最後まで気持ちよく観られた。

おなじくイタリアのヒューマンコメディ映画『人生、ここにあり!』がものすごく大好きなんだけど、イタリアの映画はたまにこういうカラッと気持ちいい映画があるな〜
(『人生、ここにあり!』は、精神病棟の閉鎖により病院から追い出された社会に馴染めない元患者たちと、強すぎる正義感から労組を追い出された熱血漢が手を組んで、社会との関わりや働く喜びを見出していくという、元気の出る素敵な話…おすすめ!)
りほ

りほの感想・評価

2.5
イタリア語で怒られたらやだな〜とおもった
いきおい💨💨💨

日本人は、こういう問題をユーモラス織り込みながら描けないとおもう
Chirico

Chiricoの感想・評価

3.2
記録

気楽に観れるB級コメディといった感じで普通に面白かった
だけど社会での女性の在り方などメッセージ性もあって良かった

女性が特に気にいる作品だと思う
silencio

silencioの感想・評価

3.8
思ってた以上にコメディコメディしていて楽しかった!しかもただ楽しいだけではなくて、イタリア社会の問題点を皮肉りながらノリよく笑わせてくれる。歯抜けおばさん最高♪
原題は「生きていてすいません!」みたいだけど、個人的には邦題の方が好きかな。
xxx

xxxの感想・評価

3.4
この雰囲気出せるのはイタリアだけだと思う。ハイテンポな展開に 巻き舌のイタリア語がぴったりハマってた。

思いっきり笑って 少し泣いた。
Zzz

Zzzの感想・評価

3.7
幸せな家族は皆似てる。でも不幸な家族は様々。そして沈黙。ここハイライト。
湯の華

湯の華の感想・評価

3.6
仕事を持つ中年女性の話。惚れた相手がゲイだったり、性別が仕事を左右する状況だったり(イタリアって保守的なの?)ハリウッドリメイクも観てみたいと思う内容でした。親戚の叔母さんのキャラ最高
>|