快楽の園の作品情報・感想・評価

「快楽の園」に投稿された感想・評価

女たちが螺旋階段を降りてくる。ここは快楽の園、踊る女たちが俯瞰で撮られた後、カメラは舞台袖から覗くように置かれ、観客席を横移動で撮らえる。喜ぶ紳士、眠る女、男の1人はモノクルをかけ、片目が見えないが、双眼鏡を使うと女の足がくっきりと見える。これだけであのアルフレッドヒッチコックが撮った映画だとわかる。
ロングショットからバストショットへの簡潔な移行が、ヒッチコックがグリフィスからスタートしたことを如実に伝えていて、例えばスリの場面、ロングで女がやってくるところを捉え、次にスリの二人組のショットと女のカバンをカットバックし、またロングに移行し女がスリの近くに行くと、カバンにアイリスインしてスリの手が伸び、スリの二人組のバストになる。たったこれだけで描いてしまう。
この頃から1ロングショット男と女、女が結婚をきりだすと男は壁の隅の暖炉へ、2アクションつなぎで振り返るところで女を拒絶し、3女のバスト、4男理由を話す、5再び女のバスト、女、男へ駆け寄る、6暖炉の前、男と女が抱き合う、というカットバックによる分断、画面の亀裂を描いている。あるいは、女2人が着替えているときに、1人は左のベッドにいて、もう1人は右の鏡の前にいてお互いに着替えているのだが、その時、キワドイところを脱ぐたびに衣類を投げて真ん中の床に投げ捨てるところを入れ、左の女が脱ぐ、真ん中に衣類が落ちる、右の女が脱ぐ、真ん中に落ちると繰り返すのが笑える(女の鎖骨まで見える)。
非凡だが、ヒッチコックならではのナンセンスさが本作では突出していないのが残念。まず、オーデイションで女が出世する場面があるのだけれど、これは映画では絶世の美女が描けないのと同様無理がある。また、剣で女を殺そうとする場面や銃で人を撃ち殺す場面がどうも当たり前すぎて。オチで犬がラジオの線を噛んでオッさんを妨害するのを見て、みんなで笑うというのもちょっと。
インド人の女が入水自殺する場面はやはり怖い。ロッセリーニや溝口よりも先にこれをやってるとは…。
南

南の感想・評価

-
ヒッチコック初の長編監督作品。

ラブロマンスの中にちょっとだけスリラー/サスペンスが顔を見せる。

おもしろかった!


【記号的な演出を多く用いる】

■ヒロインが付き合う性根の腐った彼氏レヴェットと、好青年ヒューの対比

・口ひげ ⇔ ひげなし
・イヌに吠えられる ⇔ 懐かれる


■コモ湖畔での新婚旅行におけるレヴェットの毒夫ぶりアレコレ

・旅行の前、不吉の前兆としてザーザー降りの雨
・新妻といるときに大あくび
・新妻が観光で来た街の子供と戯れていたら、「泥棒のガキにナメられるぞ」と追い払う
・新妻がくれたバラを「しおれたから」と投げ捨てる


■夫を見送る妻の手と、迎える現地妻の手がマッチカットで繋がれる


【スリラー演出】
■強迫観念に駆られた男の狂気
■ 狂った男の主観カメラと二重露光で現れる幽霊or幻覚(どちらか明示されない)


【ほか】
■コメディリリーフかつ優しいアパートの管理人夫妻(シェイクスピア的)

■ライバルヒロインの行く末をわざわざ描かないのが良い。
tomo

tomoの感想・評価

3.4
パッツィーがとにかく不幸な女性なのかと思ったけど、最後はハッピーエンドで良かったと思う。犬は最初からわかっていたのが良かった。
アルフレッド・ヒッチコック監督の第一作目の映画。
皮肉な運命を描いたメロドラマであるが、ところどころにヒッチコックらしさが見られる。

デジタル修復版、モノクロ着色版、生演奏付きの購入DVDで鑑賞。


物語は、ロンドンのダンサー舞台が映り、ある女性パッツィーは田舎から出て来た若い女をダンサーにしてあげたりする優しい女性。
彼氏ヒューと恋仲になるものの、彼氏は仕事の関係でアフリカに行く。
そしてパッツィーはヒューの友人と結婚するのだが、夫もアフリカに行ってアフリカ女性をたぶらかして自殺に追い込んでしまう。
夫を追ってアフリカにやって来たパッツィーは、自殺した女性の亡霊を見る夫に刺殺されそうになるが……。

こうした物語で、男が自殺に追い込んだ女性の亡霊を見るシーンは、このごろヒッチコック監督が多用していた合成場面となっており、「おっ、ヒッチコック映画だ!」と思える小品であった。
ヒッチコック9にて観賞。
メロドラマから終盤いきなりサスペンスにもってくあたり、一作目にして後のヒッチコックの片鱗が見えた。
忍

忍の感想・評価

-
ヒッチコック9にて
東劇で生演奏の贅沢
ヒッチコック監督デビュー作
変な映画。正直結構ムチャクチャ。でも楽しく見れた。ヒッチコックらしさも垣間見えるけど、さすがに手慣れてない感じが伝わってしまった
TsutomuZ

TsutomuZの感想・評価

3.0
ヒッチコック9 にて
演奏付きデジタル修復版上映会

新人監督ヒッチコック
最後に無理矢理殺人を描く
でもそこがヒッチコックらしいのが愛おしい
a

aの感想・評価

3.2
サイレントの下宿人があまりに面白く、こちらの快楽の園もサイレントだしーというノリで観てみました。
ヒッチコックの第1作目なんですね!←何も知らない(笑)
内容もそれほど知らずに観ていたので、ヒッチコックらしさがないなーと思ったらサスペンスではなくメロドラマなのか!サイレントだとながーく感じます。オチも前半の方でわかっちゃったし(笑)
けど、後半少しサスペンス入っててヒッチコックらしいのかな?
という感じ。ラブストーリー好きなら観てもいいかも?!