1925年製作のおすすめ映画 219作品

1925年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、セルゲイ・M・エイゼンシュテイン監督の戦艦ポチョムキンや、ターベルが出演するモアナ、チャップリンの黄金狂時代などの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

映画にかぶれ始めた頃に観ておくと人と話すときに色々と引き合いに出せて面白い作品で、モンタージュ理論を生んだ歴史的名作だ…

>>続きを読む

【市民ケーンよりかはわかりやすいが…】 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 監督:セルゲイ・M・エイゼンシュテイン 製…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

神。ミクロネシアとゆー、一見、文化が進んでなさそーな土地の人々の映画なのだが、彼らの先祖が積み上げた伝統の技や知恵が、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「新しい希望と夢を抱いて」 金鉱を目指し、アラスカにやって来た“小さな探検家”チャーリー。 しかし、道に迷ってしま…

>>続きを読む

動くな!息もするな! チャールズ・チャップリン監督 1925年製作 脚本・主演チャールズ・チャップリン 勝手…

>>続きを読む

キートンのセブン・チャンス/キートンの栃麺棒

製作国:

上映時間:

60分

ジャンル:

4.1

おすすめの感想・評価

27歳までに結婚していることを条件にして、高額の遺産が相続できることを知らされた青年が、タイムリミットを目前にしながら…

>>続きを読む

初めてのトーキー映画。セリフ部分のタイポグラフィは美しいし、セリフがなければ口の動きや仕草で自由な解釈ができるし、こり…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

スポーン!サイレントなのに、音が聞こえました…。 怪奇役者ロン・チェイニー演じる元祖、オペラ座の怪人。パリ、オペラ座…

>>続きを読む

大規模なセットとエキストラを駆使した群集シーン、今尚観る者に強烈なインパクトを与える怪人の醜人メイク、テクニカラーによ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ウィリアム・ワイラーの「ベン・ハー」を再鑑賞するつもりが、間違えてフレッド・ニブロ監督のサイレント映画を借りちゃった…

>>続きを読む

ルー・ウォーレスによる小説「ベン・ハー」の3度目の映画化作品であり、ウィリアム・ワイラー監督によって製作された1959…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【特撮映画の元祖】 ーーーーーーーーーーー 監督:ハリー・O・ホイト 製作国:アメリカ ジャンル:特撮 収録時間:55…

>>続きを読む

1925年に製作された元祖モンスター映画。特撮映画ひいてはモンスター映画はここから始まったのですね!!わーい✧\\ ٩…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【帝政ロシア下の労働者による蜂起】70点 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 監督:セルゲイ・M・エイゼンシュテイン …

>>続きを読む

同監督の『十月』に次いで鑑賞。1925年のソ連映画。 本作は、革命前の帝政ロシア時代の、暴動を描いているようです。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アンチヒーローの系譜はどこまで遡ることができるのか。1925年のこの作品でもその姿をみることができる。ここでアンチヒー…

>>続きを読む

1925年公開。 サイレント・チャンバラ映画。 弁士付きで鑑賞。 これほどまでに昔の映画だと評価の基準が難しいものだ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

風刺と皮肉とは正にこうゆうものだって感じ くだらないゴシップ好きってのは社交界の世界共通のテーマ 競馬場でのシーンが…

>>続きを読む

『結婚哲学』からさらに角を取って巧妙に毒を忍ばせた洗練の極み。字幕ゼリフを最小限までそぎ落しているにもかかわらず、しぐ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

カール・テオドア・ドライヤー監督作品! デンマークの伝説的な監督さんですが、作品は初鑑賞! サイレント作品で、傲慢…

>>続きを読む

ゴテゴテしていた『ミカエル』のお部屋と違って、ドライヤー本人が美術を担当する本作は、題材よろしく質素な住宅が舞台となる…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【やらない善より、やる偽善】 ストーリーは端的に言えば、介護を必要とする祖父が偽善者である家政婦に遺産を騙し取られるこ…

>>続きを読む

モリエールの戯曲を下敷きとした、人間の「偽善」をめぐる寓話的作品。 率直に言ってめちゃくちゃ面白かった。カール・マイヤ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

キートンの作品の中では探偵学入門が一番好きだったけどこれがもうダントツで笑いました! リリアン・ギッシュが「散り行く花…

>>続きを読む

ブラウンアイズと仲良しのキートン。 時折、ほんとただの動物好きなだけなんじゃないかと思う時があるのだが。 (なんしかよ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 馬映画である。と同時に、人間の物語でもある。  この馬と人間の関係がもっともよく現れているシーンが、交差点でのフュー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

(本日=2017年12月31日、鑑賞) アルフレッド・ヒッチコック監督の第一作目の映画。 皮肉な運命を描いたメロドラ…

>>続きを読む

サイレントの下宿人があまりに面白く、こちらの快楽の園もサイレントだしーというノリで観てみました。 ヒッチコックの第1作…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

染色復元版。無声映画。弁士:斎藤裕子さん 「日本の為ふるさとの為、地元の農業を支えていこう」という大正14年のプロパガ…

>>続きを読む

文部省が日活に製作を委託したいわゆるプロパガンダ映画で、溝口の現存最古の作品。 2015年に作製された染色版の初上映。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フェリーニ何作かを再鑑賞していて思い出し。 フォーマット画像、向かって左が曲馬団の団長で、右が団員と名家のお嬢様との…

>>続きを読む
>|