LAコブラ 決闘の時の作品情報・感想・評価・動画配信

「LAコブラ 決闘の時」に投稿された感想・評価

80,90年代アクション映画リスペクトムービー
邦題からしてもうそんな感じなんですが
ケリーヒロユキタガワがボスで出演してるしアクションのカメラワークやバトルシーンの場所など含めてあの時代のアクション映画好きな人にはにやけてしまう映画
製作陣にリトルトーキョー殺人課好きな人少なからずいるはず…

自分にはツボでした
芸人秋山のマジ歌の元ネタがあったとは
、、
内容は黒人さんの蛇拳(コブラ)アクション
(´д`)
父親を刑務所から出すために、家宝のブラックダイヤを売ってお金にしようとしたら、騙されてお金を取り返す話。 

筋肉格闘技馬鹿な主人公は、ちょっとチャラそうで、ちょっと頭が悪そうで、ちょっとダサい。 
それにしてもアメリカ人は忍者と日本刀が好きですね。

女の痴話喧嘩が笑えた。
なんか婚約者可愛くないし、主人公は友達の女の子と結ばれるかと思ったら添い寝するだけで何もなかったね。てか、婚約者いるのに添い寝するなよ!

敵のおっさんのほうが渋くてカッコよかった!彼が敵じゃなかったらつまらない映画になってただろうな。

アクションは普通、かっこつけ過ぎだし、ジャッキー・チェンには及ばない。
忍者みたいな師匠との再開の時のワイヤーアクションかっこ良かったのに、なぜ最後の敵との戦いは普通の立ち回りなんだい?

主人公の俳優は格闘家でダンサーらしいよ。

2020/4/24/2人