星の王子ニューヨークへ行くの作品情報・感想・評価・動画配信

星の王子ニューヨークへ行く1988年製作の映画)

Coming to America

上映日:1988年12月17日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.7

『星の王子ニューヨークへ行く』に投稿された感想・評価

COMACHI

COMACHIの感想・評価

3.7
純粋な気持ちに心がほっこりしました。
コメディで楽しめる映画です。
ぬ

ぬの感想・評価

4.2
何も調べずに観ていたら、ここ数年の作品だと思っていた。映像も綺麗。
musakoji

musakojiの感想・評価

5.0
好きな映画の1つ。
今観ても笑えるw
エディ・マーフィとアーセニオ・ホールの1人4役が凄いね。
リサの恋人のダリルが何気に良いキャラしてる。
サミュエル・L・ジャクソンがちょい役なのも凄い。
「セクシーチョコレート」が頭から離れないww
corouigle

corouigleの感想・評価

3.8
コメディというのは
もっとも個人の趣味嗜好が
分かれる類いのものかも知れない

本作を最高と感じている

けれどそうでもないという意見がありそうな事は理解している

問題は常に
「自分に合うか合わないか」
のみだと思う

2010年鑑賞41本中
23位
Yuki

Yukiの感想・評価

-
たしか去年Amazon Prime Videoで無料のときに観た映画、面白かった記憶
豚の夢

豚の夢の感想・評価

3.7
エディマーフィーとセミ役の人1人で何役もやってんのね!
案外気づかないもんだわ
や

やの感想・評価

4.1
好みだった!
ところどころのボケがどタイプでニヤニヤしてみてた。エディマーフィーすきなんよ
Marvy

Marvyの感想・評価

3.5
前半は少し退屈に感じたが、後半はいいシナリオだし何よりエディ・マーフィーが本当に素晴らしい俳優だなと改めて思った‼︎
鷲尾翼

鷲尾翼の感想・評価

4.0
【まとめシネマ】#788

【まとめ】
* 名コンビが生み出す上質コメディ
* 全てが上手くいくポジティブ展開
* 自由を求めて、ニューヨークへ!

エディ・マーフィ演じる主人公・アキームは、ザムンダ王国の王子。王国での不自由な生活に、煩わしく感じ、自由を求めてニューヨークに行くことに。アーセニオ・ホール演じるアキームの友人・セミは、アキームの花嫁探しの旅行に同行することに。この二人の世間知らずなコメディと、コンビ芸が痛快な面白さを生み出している。

物語は、主人公が王国の不自由な生活から逃げ出すように「花嫁探し」という名目でニューヨークに行く。本作の面白さは、超ポジティブ思考で進むポジティブ展開だ。一般人に溶け込むために、クイーンズ区に降り立つのだが、めちゃくちゃ治安が悪い。あちこちにゴミは落ちてるし、盗人が街中に溢れている。そんな状況でもめっちゃポジティブ!主人公が一目惚れしたヒロインの父親が経営するハンバーガーショップでアルバイトとして積極的に働く。次第に、写真に飾られるほど、優等生になる展開は、見ている我々もポジティブな気持ちになる。

本作のテーマは「自由」
不自由な生活から逃げ出すように、ニューヨークで自由な暮らしに感動する。だが、物語が進むにつれてニューヨークの暮らしでも、自由を失っていく。自由とは、ある決断から生まれる。そう思わせるラストに、歓喜。
タノ

タノの感想・評価

3.0
1人が何役もやって面白かった。
吹き替えで観たけれど、ストーリーの進みが良くてあっという間に終わった。
若い頃のサミュエルが見られたのも嬉しい発見。
テンポの良さがうまいと楽しいなと思った。
>|

あなたにおすすめの記事