世界でいちばん長い写真の作品情報・感想・評価・動画配信

「世界でいちばん長い写真」に投稿された感想・評価

nishiyaman

nishiyamanの感想・評価

3.4
前半ちょっと退屈だったけど、写真を撮るシーンでは涙でてた。最後に造花を付けるとこ好きだなー。あの二人のエピソードもっとあっても良かったかも。
何かひとつのことに没頭する躍動感、青春ですね

360度13周145メートルのパノラマ写真にストーリーあり、写真は素敵だなと思いました

そして最後のね、粋な行動が素敵だった

何をやろうか迷ったら、誰を喜ばせたいか_φ(・_・
れん

れんの感想・評価

4.0
思い出を写真に残すって
とっても素敵な事だよな~、、

最後のシーングッときた

エンドロールが13周の写真を
背景にしていたのとても良かった。
武藤

武藤の感想・評価

4.5
世界で一番長いパノラマ写真を学園祭の終わりに撮る高校生の物語。なんか青春してる。最後に13週分撮るんだけど、松本穂香が主人公の男の子を映すため鏡を持ってくるシーンがぐっときた。いい映画だつた。
shiro

shiroの感想・評価

4.0
写真は一瞬を切り取るものだけど
パノラマ写真には時間が流れてる
良いこともそうでないことも写る
まるで人生みたいだなって
素敵やなぁと思った

やりたいことに迷ったときは
誰の喜ぶ顔が見たいか考えるんだ
そうすると自ずと
やりたいことが見つかるはず

13周目で三好が鏡を持ってきたシーンは
グッときましたな🥺

あー好き…
わたしはやっぱり青春映画が大好きだ!

写真をテーマにした作品なだけあって、映像がすごく綺麗。屋上から見える景色、ひまわり畑…ひと夏の思い出の景色たちが輝いていた

主役・高杉真宙さんのお芝居が良いです
コミュニケーションが苦手で引っ込み思案だった序盤から、パノラマ写真に夢中になる過程で自分の殻を破っていく姿が、王道だけどとても、とても沁みました

「悔しくないの?」「最初から諦めてるもんね」
松本穂香さん演じる写真部部長が宏伸に向けるこの言葉の意味が、1回目と2回目で大きく変わったことにぐっときました

さいごのパノラマ写真撮影シーンは文句なしに感動しました!「わーー!」と叫んで笑顔をつくって、真ん中で撮影し続ける宏伸、
全力でパフォーマンスする高校生たち、
宏伸を写真に収めるために疾走する部長、
成功した姿。どれもこれもエモすぎて涙が出てきます…!

爽やかな気持ちになりたいときにおすすめ!かけがえのない青春物語でした
こういう学生もの観ると、もうあの頃に戻れない自分だとか昔を思って切なくなることが多いのだけど、この映画は純粋に、ひとりの少年が撮る写真の物語に感動した。
実行委員会のメンバーが、「あーこういう子いるいる!」って思うのに全然わざとらしくなくて、高校生に戻った気分になった。
エンドロールの写真がとても美しい。
ゆんこ

ゆんこの感想・評価

3.7
日常の中のちょっとした特別な出来事を爽やかに表現してる。穏やかな気持ちになれる作品。配役がぴったりだと思う。
MiA

MiAの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

すんげえ好きだ!?!!よ?!!?!何だこの映画は!!?!!?!超青春、これぞ青春映画!すぎて尊い。
戻りたくても戻れないんだなと…涙ちょちょぎれそうになってしまう。俳優さん、女優さん達全ての演技がナチュラルで素敵だったし、穂乃果ちゃんが教室の外でミルクコーヒー?とピーチのジュース飲み干してるのほんとキュンとした…愛おしいよ…。なんでこんなにリアルなんだろう…『やらないだけ、やろうとしないだけで本当はみんななんでも出来るんだ…そういう奴いっぱいいるんだ』いとこのあっちゃんクリティカルヒットすぎる。あっちゃんが一体誰と結婚するのーー?!っていう部分でもまた見ていて楽しいし、撮り終わる最後方の真宙くんのアーーーーーッだけでも尊いのにあのやり切ったあとの顔…青春でしょう…青春って具現化出来ないものだとばかり思っていたけれど、まさに自分の考える青春がそこにあるようで尊かった。のろぶーーーーーーー!懐かしさって尊いんだなあーーーーノスタルジーーーーーイィイイイイイ!!!!!!!!!!

このレビューはネタバレを含みます

青春が詰まったような映画だった。
クライマックスでのあっちゃんの言葉が本当に良かったな。
>|