なつやすみの巨匠(2014年製作の映画)

上映日:2015年07月11日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:112分
    監督
    中島良
    脚本
    入江信吾
    キャスト
    野上天翔
    博多華丸
    国生さゆり
    村重マリア
    板谷由夏
    リリー・フランキー
    落合モトキ
    永江蓮
    東倫太朗
    あらすじ
    博多湾に浮かぶ能古島に住む少年シュン(野上天翔)。夏休みのある日、シュンは父(博多華丸)から古びたビデオカメラを譲り受ける。武骨なデザインが気に入ったシュンはすっかりカメラの虜に。親友のノブ(永江蓮)、タケちゃん(東倫太朗)と共に映画撮影の真似事に熱中するが、肝心のヒロインがいないことに不満を募らせる。そんななか、一人の少女が島へやって来る。少女の名はユイ(村重マリア)。ブラジル人の父と日本人の母を持つハーフで、訳あって夏休みの間だけ島の祖父に預けられたのだった。シュンはユイを強引に連れ出し、これが一目惚れであることがバレないよう、もっともらしく言うのだった。 「俺、監督やけん。お前ばスカウトしたと。分かるや?――お前ば、女優にしちゃる!」 「はぁ?バカやないと?」 シュンとユイの奇妙な関係。そしてユイが島へやって来た本当の理由とは――。

    「なつやすみの巨匠」に投稿された感想・評価

    ピュア!心が洗われますな〜。
    つんく♂の♂(チンコ)をナメるだぴょ〜ん♪
    いやね、仕事しながらミニモニの曲に合わせて歌ってたんですがね…
    隣から糞おもんない先輩が「やめなさい!やめなさい!仕事中に変な歌うたうのやめなさい!」言うてきてな
    この先輩がマヂおもんないヤツで昨日「オナニーの日やね!」って言ってもリアクション悪いし
    「おっさんが捻り出したカレー味のウンコと、美女が捻り出したウンコ味のウンコどっち食べます?」って尋ねても、どっちもウンコやから食えん…言うし
    そこで、「なんでミニモニに合わせて、つんく♂のチンコペロンチョするん歌たらあかんのや!」って問い詰めたワケです…
    ゲロりやがった!昔ミニモニのファンだったんですって!ロリコンめ!ロリコンめ!なりましたよ、ゲラゲラ

    夏休み、そろそろ街中をチンコだらけにするのも飽きてきた島の小学生男子たち
    お父さんにビデオカメラをもらったシュンは仲間たちと共に映画撮影をすることに
    そして、夏休みの間、島で暮らすことになったハーフの美少女ユイを女優として仲間にすることに
    しかし、ユイが島へ来たのにはある秘密があるのだった…、って話

    いや〜、やっぱり小学生男子はみんなチンコが大好きで可愛いわぁ
    僕もチンコ大好きやぞ!(僕のチンコ好きエピソードを紹介するために犠牲になった先輩には申し訳ない、かわいそうに、が、糞おもんない事ばっかり言うんが悪い!)

    冒頭に柴ワンコロでてきてな、ググンとテンションあがって、柴や!柴や!ってなったけどその後ほとんど出てこなかったよ…
    でもその点以外は終始温かい気持ちで観ていられる作品でしてね、糞暑いんやから少しくらい涼ませてくれや!プンスカ!なったよ

    「14の夜」もそうやったけど、もうな子役がみんな上手くてな、特に主人公の友達のデブの子が可愛かった
    みんなこんなに上手くて大丈夫か?少しくらい石原貴洋監督の「大阪外道」や「大阪蛇道」の子役たちみたいな、ママゴトか!みたいな子役でてこないと安心感が無いわぁ…
    ヒロインの場違いな美少女感も良かったなぁ、初恋のキュンキュンな

    個人的に最高に盛り上がったんはサヨナラするヒロインを主人公が追って海にダイブするシーンな
    ナランチャや!ボスに反旗を翻したブチャラティ達を追うナランチャの姿を彷彿としましたよ!
    「ブチャラティィィィィィィィィィ、行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォ─ッ!オレに「来るな」と命令しないでくれッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!」
    あかん…ナランチャ思い出したら涙腺崩壊しそうや!
    ポツンとひとり残されたフーゴの姿思い出して耐えよ、ゲラゲラ
    フーゴのこと思うと、1人残ったものの責任とって殺されてそうでツライ…

    あかん、ほとんど映画レビューになってない
    いやな、良い映画やったんやけど、「14の夜」と続けて観たからかな印象薄いわ…
    画が綺麗でとても好き
    小学生の純粋な頃に戻れたような気がした
    最初は演技に入り込めなかったが小学生の純粋な気持ちがすごく伝わって来て好きな人のためならなんでも出来るという人間の本質的なところがわかった
    単純なストーリーながらも移民問題の是非は問わないが、その境遇に立たされた子どもの純粋な気持ち、生き方が上手に表現されていた
    心に沁みる映画でした!!!!!

    博多湾に浮かぶ離島・能古島を舞台に島で生まれ育ち、父からもらったビデオカメラで映画作りに熱中する【少年】と、島にやって来たワケありの【美少女】が織り成すひと夏の物語。

    まさに今の時期にピッタリな作品♪
    博多華丸、板谷由夏、リリー・フランキー、福岡出身の面々が脇を固めていて豪華な上、セリフに違和感はありませんでした。
    地方特有の問題を押さえつつ、エンタメに仕上げるのってとっても難しいと思うけど、それがきっちり描かれていてGood!!
    子供たちの表情が豊かで物語の世界に入り込んでしまいました。短い夏にまた観たいと思いました(^-^)★☆
    アオイ
    3.5
    KinderFilmFestKyoto
    京都国際子ども映画祭
    にて鑑賞。

    福岡のあったかさが
    いっぱい詰まってた。
    リリーフランキーの中途半端に
    出てきた感じはあれやけど
    涙勝手に出たなぁ〜。

    副音声、日本語字幕付き
    で初めて見たけど
    子ども映画祭は子どもたちが主役でグランプリも子どもたちが決める。

    一本しかみれてないけど
    グランプリこれで納得。

    自分の好きなように生きよ。
    自由に生きよ。

    糖尿病で目が見えへんくなった
    お父さんのために作られた映画なんやって。監督が言ってた。
    監督ええ人やった。喋った。

    映画の影響力感じる。
    子供たちはグランプリ選ぶので
    いっぱい議論して、もめたりもして、大学生の自分でも納得させられるような意見も持ってる。

    方言かわいい。
    ekikawa
    3.0
    博多華丸◎
    10歳の男の子が初恋しちゃう。島という雑味のない風景の中で二人の恋は鮮明に映る。しかし島から福岡市内の高層ビル群が見えて風景のコントラストも良い。

    天才野上天翔くんの表情がとにかく良い。歯並び悪くプリンケツなチャーミングポイントをお持ちで少し弱点っぽいその部分がなんか愛くるしい。

    一番印象に残ってるのが父とダビング作業。昔の自分を見ているようですごくほっこりした。今はデジタルデータでダビング(コピー)にそれほど手間はかからないけど、昔はビデオカメラからVHSにダビングする行為もコツがいり楽しみでもあった。しかも等倍で。もう小さい子はこういう感覚ってないんだろうなあと。黒電話の使い方がわからない最近の子と似ているかな。

    これからも頑張って欲しいという意味で意見を言うと、泣くシーンの長さが気になった。確かに彼らは地方子役ながら素晴らしい演技でびっくりだけれども、それを余すことなく映像に収めた感じが少し強かったような。「まだ見たいけどシーンが切り替わっちゃう」くらいの絶妙なカットが良かったようにも思える。
    人を追っかけるシーンでもう少し手ぶれのない映像が見たかったなあ。
    もみた
    4.5
    切ない。
    isopie
    -
    2015年9月1日(火)中州大洋劇場
    >|