野球部員、演劇の舞台に立つ!の作品情報・感想・評価

野球部員、演劇の舞台に立つ!2018年製作の映画)

上映日:2018年02月24日

製作国:

上映時間:104分

あらすじ

福岡県南部の強豪八女北高校野球部では、常に熾烈なポジション争いが繰り広げられていた。春の選抜大会(甲子園)につながる予選で、まさかの敗退によりチームはギクシャクし始めていた。そんな折、エースら中心選手は、監督から演劇部に行くよう命令される。反発する選手達。だが、そこには思いもよらぬ先輩たちの哀しい傷跡の記憶が・・・。

「野球部員、演劇の舞台に立つ!」に投稿された感想・評価

Ideon

Ideonの感想・評価

3.0
八女北高の野球部のエース望月は、目前の勝利をエラーと自分の配球ミスで逃してしまう。本当の意味でチームプレーができず、自分一人で試合に臨んでいたのだ。そんな中、野球で鍛えた逞しい身体に注目していた国語教師の竹島は、野球部員を演劇に起用しようと監督に申し出た。監督の命令で、望月ら野球部員三人が演劇部に参加することになるが……。というお話。
望月を演じる渡辺佑太朗の爽やかな演技とロケ地の八女の美しい風景が印象的な作品。中山節夫監督は教育映画畑の人だが、映画館にかけられる立派な商業作品になっている。真面目に作られた嫌味のないまっすぐな青春映画である。