ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。の作品情報・感想・評価・動画配信

「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」に投稿された感想・評価

和歌山県の太地町立くじらの博物館を舞台にした2018年の映画。矢野聖人、武田梨奈、岡本玲の3人がメインのキャストで、3人とも撮影時27歳と同年齢だが、役柄のためもあってか武田が他のふたりに比べ大人びたように見える。鶴見辰吾が館長役でしっかりと脇を固める。本作は117分の映画で主演の矢野は発達障害のようなものがある設定なのだが、具体的な病名などは明らかにされていない(こうした設定が必要であったかは疑問。映画の中で矢野に対して「バカ」というセリフが連発されているのもセンシティブな問題)。武田は出演時間の長さからいっても実質の主演といってよい。本作に出演するまで泳げなかったという話だが、本作ではクジラの上に乗るサーフィンまで披露(私は同博物館に2020年に訪れたが、クジラのショーでは、サーフィンは行われておらず、映画のパフォーマンスのほうがやや高度)。武田がクジラサーフィンを夕陽を背景に訓練する姿は美しく感動的ですらある。他にアクションシーンは、矢野にハイキックを繰り出す場面がある。強い個性の役どころだが、水中水族館のシーンでは、背筋を真っ直ぐにしている武田が、ドーム状のガラスには背中を丸めた姿に写っており内面の弱さが反映した名場面になっている。和歌山県出身の岡本は学芸員役でクジラの楽しいダンスを披露するが、このダンスは2020年の同館のショーでは見られなかった。
本作では、反捕鯨団体との問題なども取り上げられており、くじらの博物館が、クジラを単なる見世物ではなく、くじらへの愛情・理解とリスペクトに基づいた運営をしている点が描かれているのは重要。同館は、訪れてみると映画以上に素晴らしく、クジラの生態、捕鯨の歴史の展示は充実、イルカとクジラのショーは、ショーの前に、イルカとクジラの理解のための説明がなされるなど、従来の動物ショーにはない内容になっている。映画のファンには、捕鯨の賛否に関わらず訪れて欲しい博物館である。なお、本館は、歴史的にも仮面ライダー1号・2号のダブルライダーが和歌山県ロケを行ったゆかりの場所のひとつでもある(シオマネキング、モスキラスの回)。同館は、かつてはシャチのショーがあったり、ラッコの飼育をしていたりしていたが、時代の趨勢にあわせて対応しているのは好感がもてる。将来的には、クジラやイルカのショーの内容の見直しなどもあり得るが、館員の真摯な姿勢から、よりよい方向性の運営がなされていくのではと期待している。なお、本作では、他に、主人公たちが新宮市に食事に行ったり、那智の滝が紹介されているが、世界遺産の熊野は、くじら博物館に近く、観光映画としての側面もある。
ぎょ

ぎょの感想・評価

3.6
クジラ、和歌山が好きなので悪くなかった
人間関係すげーなと思ったけど、動物に関わる仕事の人ってクセある人もおるんかなと思って 偏見
太一は飄々と一人一人の人間に固執せず仕事してる感じが意外にリーダー気質かなと そこに周りもついてくるし
てか太一以外の自己顕示欲やべえ(笑)
岡本玲かわえー
タイトルもすごくあってると思った
しぐさ

しぐさの感想・評価

4.0
大好きな武田梨奈さん目当てで。
不思議な感覚、割と有名な人も出てるのに、なんだか作品全体はアマチュアっぽい雰囲気で逆に心地良かったです。
(アマチュアって素人という意味じゃないですよ、念のため😉)

実在するくじらの博物館を舞台に、そこの若いスタッフたちが博物館を盛り上げよう!と、くじらの凄さ、感動を伝えようとする、セミドキュメントっぽいドラマでした。涙や色んな熱意のぶつかり合いから生まれたクライマックスのアンサンブルに泣けます。
こういうのご当地映画と呼ぶそうですね、素朴な感動に包まれました😃
2020年98本目
人それぞれの生き方を尊重してくれる映画。
ご当地映画。
和歌山県南部にあるクジラしか飼育されていない太地町立"くじらの博物館"。集客数は増えないし飼育員も辞めてしまう。東京の水族館からヘルプで1人きてもらった唯(武田梨奈)は口が悪い。

館長はベテラン飼育員から反対されてもクジラを純粋に愛する太一(矢野聖人)をリーダーに据えた。

学芸員の望美(岡本玲)も太一を次第に応援するようになる。

集客数があがらない博物館でどうしたらあがるか太一は考えて職員の手作りの"くじら夢まつり"を準備する。がお祭り開催直前に職員が退職してしまう。
反捕鯨団体まで現れ祭りを中止するしかないかもしれないという。

なんとか開催できたくじら夢まつり。
クジラサーフィン難しそうだけどやってみたいな。
でも、ショーの内容がクジラ体操とクジラショーとクジラサーフィン、それであんなに人入るのかな?
strmmy

strmmyの感想・評価

3.0
岡本玲だけが関西弁を話しているのが違和感があったが、後で彼女が和歌山出身と知り納得。舞台となったくじらの博物館にはちょっと行ってみたいと思った。
はるや

はるやの感想・評価

2.9
岡本玲が出演してるので見てみた
クジラのことを浅く取り扱って、あとはヒューマンドラマかな?
まあそりゃクジラだけってはならないし、そうなるよね
「あんたらクジラをちゃんと見てなかったんだな」
ってセリフを反映してる映画
たな

たなの感想・評価

1.3
男性職員たちが子供すぎて苛々が止まらなかった。
個人的にショーは所詮人間メインって思ってるから館長が賛成したのはびっくり。
後半がお花畑で笑ってしまった。
ご当地ムービーだからかもしれないけど、反捕鯨へのアプローチがやや雑なように感じた。
Itotty

Itottyの感想・評価

3.3
和歌山の実在するくじらの水族館を舞台に、くじらを愛する若者たちの青春の1ページ。

知らなかったけど、反捕鯨団体の話もチラッとでてきたり、結構フクザツな問題もあるんですね。でもそこはあくまでさらっと。
くじらって、すっげぇー!!とどこかにぶっ飛ばしてくれました。

褒めたり感動する時、ついすぐに、すごい!と使ってしまいますが、この映画ででてくる"すっげー!!"は、すごく気持ち良くて、スッと心が軽くなりそう。
ちょっとやなことがあったら、星でも眺めて、すっげー!!って叫んでみようかな?



あと、本作はご当地の魅力を伝えるご当地ムービーということで、たしかにすごく、くじら水族館行ってみたくなりました!

そんで、エキストラなど含めてみんなで映画を作って盛り上げて行こうっていう団結感雰囲気が気持ち良くて。
映画を作ってるところが見えてくるのがよかったです。

ご当地ムービーすっげー!!!
かむ

かむの感想・評価

1.7
クジラショーに出演していた武田梨奈さんだけはすごいと思った🐳
そんなにクジラ出てこんし、普通のテレビドラマって感じ
あとは、和歌山もちゃんと関西弁なんやな〜って思った👈
>|