ピースメーカーの作品情報・感想・評価

「ピースメーカー」に投稿された感想・評価

かーく

かーくの感想・評価

3.2

アクションが迫力あって見応えあり。体張るジョージクルーニー 。全てにおいて無難のキッドマン。 話はちょっとわかりにくかったかな
Nori

Noriの感想・評価

2.6
とある映画の名セリフの元になった映画だから観た。

迫力があった。
Santa

Santaの感想・評価

3.6
ニコール・キッドマンの可愛らしさと、あくまでアメリカンカッコいい出来るモテ男のジョージ・クルーニーを、派手なアクションと共に楽しめました。
プリン

プリンの感想・評価

3.7
昔観たとき、テロリストの言い分が筋が通っていた気がしたけど再度見直して観てもまあまあ筋が通っていてビックリした作品。
確か、ドリームワークスの記念すべき第1作だった気がする(うろ覚え、、)。
何だかんだでERの頃からミミ監督は、好き!
核弾頭が盗まれた!ニューヨークのど真ん中で爆発させようと企むテロリストの仕業らしい。世界を、アメリカを救う為に悪戦苦闘するアクション映画。展開もテンポもアクション映画のお手本の様な作り。可もなく不可もないです。印象に残るのは暗闇の中で暗視スコープの赤い光が一斉に点灯するシーンは不気味で何か悪い事が起こる不安を掻き立てて良かったです。
『トゥルー・ライズ』シリアスver.

ロシア、オーストリア、ニューヨークと飛び回り、地上でも空でもアクション三昧♪

ジョージ・クルーニーとニコール・キッドマンのコンビが、渋くて美しいのも良かった~

音楽はハンス・ジマー☆



ロシアから核弾頭10基が盗まれる。
1基は山中で爆発、大きな被害が出た。

残りの核弾頭を追う為、核密輸対策班のジュリア(ニコール・キッドマン)はデヴォー大佐(ジョージ・クルーニー)と共に調査を開始。

どうやらロシアの将軍が、金目的でイランに持ち込むようだ。
2人はなんとかそれを阻止するが、テロリストの真の目的は別にあって……



テロリスト同情型作品。

やられたからやる!という復讐戦には終わりは無いけれど、その戦に本来無関係だった人も巻き込まれてしまうわけで…

ピースメーカー=平和の使者を語って、結局は人々を苦しませている。
だからお前らも苦しめ。

んー。。。
憎しみの連鎖だなぁ(´-ω-`)
悲しい。


という、なかなか重たい作品でした。

でも、ジョージ・クルーニーのアクションもしっかり♪
オーストリアでのカーチェイスは、これでもかと車をぶつけるし、きちんとトドメもさす!!
渋イケオジだけど、何故か身近に感じるんだよなぁ~
やわらかい笑顔が好き(*´ω`*)

ニコール・キッドマンも、泣くだけのヒロインではなく、仕事の出来るヒロインでナイス!
が、まぁ別に彼女でなくても良かったのでは?とも思うw
NGシーンでは滅茶苦茶可愛かったけどね(笑)

2時間超の長尺だし、核爆発等重たい描写もあるけれど、さくっと観ることが出来る良作でした。
kon

konの感想・評価

3.1
前半の導入が退屈で長かった
それ以降はちょっとしたアクションや緊張感のあるシーンがあった感じ
緊迫感はあるが、ストーリーが単純。ニコール・キッドマンにもっと深い演技力がほしいところ
Mashirahe

Mashiraheの感想・評価

3.0
とにかく一本道でつまらないアクション映画
サスペンスを台無しにしちゃうところがアメリカ映画って感じ 多分わかんねーじゃんってことで極端に説明してる おかげでどれを主眼にして見たら良いのかわからなくなる 多分犯人の動機とか命の重さとかなんかもな それ以外の要素がおざなりだし
その裏で主演二人のキャラクターはうっすらとしか描写されず終盤の驚くほど出来がいいパニックシーンもどこか他人事になってしまう
核の扱いがなんかアレなのはもうどうでも良い 脚本と演出が微妙すぎて 世間一般の核と洋画の"nuke"は別物なんだろう
まぁ曲は良かったね 古き良きジマーのブラスとストリングス ただ同系統でもザロックの方が画面が良い分印象に残った
とにかく絆云々のウェットな描写が唐突に挟まれるので香港映画見てる気持ちになった ウーさんでも一応前準備してから入れるぞ
Qota

Qotaの感想・評価

3.2
OK, officially - he's an asshole!
>|