ムクドリの作品情報・感想・評価・動画配信

「ムクドリ」に投稿された感想・評価

Queeeen

Queeeenの感想・評価

3.2
大好きメリッサマッカーシー
ムクドリが教えてくれる色々な事。
良かった。
kuu

kuuの感想・評価

3.4
『ムクドリ』
原題The Starling.
製作年2021年。上映時間104分。

メリッサ・マッカーシー主演によるシリアスなヒューマンドラマ(メリッサ・マッカーシー故のクスッと笑えるとこアリ)。
メガホンを取るのは『ドリーム』などのセオドア・メルフィ。
『15年後のラブソング』などのクリス・オダウド、『ラストベガス』などのケヴィン・クライン、『クレイジーズ』などのティモシー・オリファントのほか、ダヴィード・ディグス、スカイラー・ギソンド、ローラ・ハリアーらが出演。

幸せな生活が始まるはずやったが、しかし、それは早々に終わっちまう。
愛する命を失ったひとりの女子は失意の中で静かな家に佇むしかない。
心を閉ざした夫は病院に行ってしまい、彼女にできることは何もない。
そんなとき、家の庭を片付けていると1羽の鳥が邪魔をしてくる。
その攻撃的な鳥と戦う日々をきっかけに、自らの抱える悲しみ、そして前に進めずに苦しむ夫と向き合う心の整理をつけていくことに。。。

子供が亡くなった後、その親が人生を取り戻そうとする物語を読んだり見たりしたとき、子有り無し、既婚未婚問わずに一般的に共感できる痛感出来るものやと思います。 
今作品には子を失った親の
悲しみ方や、
それに伴う罪悪感、
恨み、
混乱が、
最も団結しなければならない時に、夫婦を分断してしまうこととか、
メチャクチャ共感できるテーマが含まれてる。
せや、小生はひねくれてる故にか、今は泪を欲してないからか、今作品の脚本は気まぐれに、心を揺さぶることに必死になりすぎてて、より有効な状況や感情を損なっているように感じた。
感じたら余計に覚め始めた。
勿論、小生は主人公リリーとジャックに共感したいと思う。
リリーはスーパーで働く女子で、家(彼女が相続したイカしたカントリーハウス)を守っとるし、
ジャックは小学校の先生で、手に負えない鬱病のために精神病院で治療を受けてる。
マッカーシーとクラインのシーンだけは作中で真実味を帯びている。
せや、これは二人の自然な相性の良さと彼ら自身の持ち味によって悲壮感を和らげつつ深くさせてるにも関わらず、本来、涙腺弱しこはずが哭けなかった。
サッカーのヘルメットをかぶって草むしりをしたり、鳥のエサ箱に毒入りのペレットを入れたりと鳥のいたずらを誘発されて、それに反応するかわいそうなリリーを笑えと云うことなんかなぁ。  
真の意味でのキャラの深さや真の意味での感情の分解もなく、泣きの一手で攻められても、そないな気分に酔得れるコンディションなら号泣したかもしれませんが、今日は無理でした。 
ただ、鳥が繋いでくれた夫婦の絆と、心が離れてしまった夫婦の再起、
そして美しい映像やら、なんと云っもマッカーシーとクリス・オダウドちゅう類まれな魅力を持った俳優の演技はやはり演出がどうあれ巧いと思ったし、最後は心が温まるような感動のラストはプチ心が動きましたよ。
きっと泪を欲してる時に見たら違う気持ちで観れたのかなぁと思います。
林檎

林檎の感想・評価

3.7
メリッサ・マッカーシー初見。
ふくよかで目がくりっとして可愛い!
普段着のシャツやブラウス、ヘルメット♪がすごく可愛くてファッションが楽しかった。
自分は小鳥を子供の時から絶えず飼っているので傷つけてしまったムクドリをちゃんと動物病院に連れて行くシーンが良かった。ペットを病院に連れて行く時って変にピュアな気持ちになっている(^^)

ストーリーは感動とまでは行かずとも暖かくリリーが茶目っ気キャラで良かった。
刺激的な作品を続けて見てたからホッとした。
最後は結局おそわれて、2人でヘルメットかぶってて。良いエンディング。
sasha

sashaの感想・評価

3.7
リリィは辛い事があり感情の起伏が激しかったけれど、もし自分がこんな辛い経験をしたら私だって普通に過ごしてはいないだろうなぁ。
最後夫婦でメット被ってるシーン好き✨

私には良い映画でした✨
よく晴れた10月の土曜日。のんびり起きた遅い朝に鑑賞。
アメリカのスーパーの様子や主人公の小花柄のシャツに興味を惹かれつつ、ゆっくりと彼らの生きる世界に引き込まれて行った。
登場人物それぞれの生き様に心打たれるものがあるが、一見脇役チックなインド系の精神科医師に目がいった。いつも淡々としていてほとんど無表情のその佇まいと彼の語る短い台詞に、最近母を亡くした私も慰められ勇気づけられた気がした。
“大切な家族の喪失“という重いテーマながらも、辛く苦しいだけではないある意味明るく穏やかな作風が見ていて心地よかった。派手ではないが、しみじみと良い作品だった。
Maiko

Maikoの感想・評価

2.3
短めだしと思ってチョイスしてしまった。。あんまりだったかなぁ。

ストーリーも現実的だと思うし、こういうの嫌いじゃないはずなのに、なんかしっくりこなかった。
こうやっていろんな角度から、心が追いついてこない人=鬱です。さぁ薬を飲んで治しましょうみたいな洗脳されてんのかなぁ。

自分のことを大切にする暇のないまま、自分ではハンドルできない大きな壁にぶち当たった時、人の心は壊れてしまうんだろうなぁ。自分のことを大切に愛して生きてきた人なら、きっと素直に誰かの愛情を受け入れられるだろうし。現代人、やばいよね。
MARI

MARIの感想・評価

3.5
リリーも辛いのに前向きに頑張ろうとしている姿に心打たれた。
momo

momoの感想・評価

-
こんなにころっと旦那さんの病が治っていいの?とは思ったけど、そんなことは置いといて、心温まる話だった。
韓国映画の「はちどり」みたいに比喩的な意味ではなく、ずばり「ムクドリ」と幼い子供を亡くした夫婦の関係を描いた、とても珍しいタイプの作品。

冒頭でルミナーズの曲が掛かった時点で、その牧歌的な風景に魅了される。アメリカの田舎町を舞台にした家族ドラマは大好物だ。しかし、この夫婦の間に漂う空気は重い。詳しくは描かれていないが、子供を亡くした喪失感から鬱病を患った夫と、その看護疲れもあってヒステリックになりがちな妻。

そんな2人を嘲笑うかのように登場するのがムクドリだ。獣医曰く、なわばりを重視する鳥なので、周囲に対する威嚇も激しいのだとか。ムクドリの存在は、普通の映画では考えられないぐらいストーリーの中に入り込み、夫婦の間にある闇を露わにしていく。

主演はメリッサ・マッカーシー。普段のコメディ・テイストは抑え目で、一風変わった田舎のおばさんを好演している。ストーリー的にもう少し分かり易い展開があれば、大きく化けたように思う。
>|

あなたにおすすめの記事