再会の街での作品情報・感想・評価

「再会の街で」に投稿された感想・評価

9・11であれ、なんであれ大切な人が急にいなくなると辛いよね
しかも自分だけ残されてしまうとPTSDにもなっちゃうわ
後半はなかなか辛いシーンが多いけど9・11の時にはこのような人が何人もいるとすると色々考え深いものがある
ザン

ザンの感想・評価

4.0
アダム・サンドラーいい!あの一人乗りスクーターが孤独感をあおる。
CHまち

CHまちの感想・評価

3.8
《作品概要》
ニューヨークの歯科医アランはかつての大学時代の同級生で9.11の悲劇で家族を失ったチャーリーに出会う。彼は精神的ショックからか変わり果てた生活を送っていた。そんな彼を支える為にアランは彼と時を共に過ごすのだが…。

《感想》
すべて過去のことは忘れて生きているチャーリー。アランが9.11の悲劇のことを話そうとすると怒鳴り散らされたりと、そりゃそうですよね…。思い出すにはあまりにも辛すぎる過去です。

チャーリーの心の深い傷を感じられてところどころ涙が出ました。

アランはチャーリーに仕事場を荒らされるなどその他もろもろ私生活に多大な悪影響を及ぼされるのですが、それでもなお親身に支え続けるアランの優しさに頭が下ります。

観ていてとても悲しくなる作品ですが最後にほんの少しだけでも希望が見えたのは良かったと思いました。
Yuki

Yukiの感想・評価

4.0
アダムサンドラー出てくる映画基本的に好みじゃないけど、これは本当に良かった
yuki

yukiの感想・評価

3.1
何年も前から見たかったけどやっと見れました!

9.11関連の話でいろいろ見たけど見やすかった!

最後まで側にいてくれる友達がいてよかった!
ぴーと

ぴーとの感想・評価

4.5
「この監督…すごいぞ…!」
いつもはコメディ映画で陽気な姿を見せるアダム・サンドラーが家族を失って心に深い傷を負って精神的に不安定な役を見事に表現していました。ドン・チードルもいい。

精神的ショックからおかしくなってしまった友をなんとか助け出したい…というドラマが展開されていく中でなんとも効果的な演出として使われているけど「わかる人だけわかればいい」と監督が言っているかのようにも感じる『ワンダと巨像』というゲーム。このゲームとても好きなので「わかる…わかるよぉ!」と声を大にして言いたくなるその演出…もったいない…でもそれがいい。

劇中では暗い部屋の中チャーリーが黙々とゲーム『ワンダと巨像』をプレイしているシーンがありますが、知らない人が観れば「家族を失っておかしくなってしまってゲームの世界に没頭している(現実から逃げている)姿」と見えるかもしれません。

『ワンダと巨像』というゲームは、村の掟を破り禁じられた土地にいる巨像を倒す儀式をするためワンダという少年が、ひとりの少女の亡骸を馬に担いで禁じられた土地に訪れるところから始まります。16体の巨像を倒せば人を生き返らせることができるという伝承を信じ巨像を倒すたびに代償としてなのかワンダの身体は呪いで蝕まれてどす黒くなっていく、という幻想的な雰囲気ともの悲しいストーリーが人気のアクションゲームです。

チャーリーはきっと戦っているんです。家族を取り戻したくて。
中年男性が暗い部屋で黙々とゲームをしている…というだけのシーンだけどそこには突然家族を奪われた男の願いが込められているんだと思うと涙なしでは観れないシーンになりました。
PI

PIの感想・評価

3.9
おちゃらけキャラのアダム・サンドラーしか観た事がなかったので、そのシリアスな演技に驚き!
思わずグッとくる作品でした。
そっとしといてあげなよ。と思ってたけど、結果的には良かったのね。
白石

白石の感想・評価

3.7
泣いた。

悲しみ方って人それぞれだし、強要してはいけないものだよね

良かれと思ってしたことも迷惑だったり

けどそれはその人のことを想っての行動だし

難しいよね

映画見終わってもモヤモヤが残るのは正しいと思う

消して消えることのない悲しみを表現できてる証拠だよね

美人なセラピストって最高だな!!!!!

終始アダムサンドラーの持ってるレザーのバックが気になった

欲しいな〜
Takahiro

Takahiroの感想・評価

5.0
アダムサンドラーだからこそより感情移入する映画。自宅の廊下での回想シーンでは久しぶりに号泣。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.3
「ミッドナイト・アート・シアター」にて。コメディ俳優が突然シリアスな映画に出て、しかも障害者の役と聞いて「さては賞狙いか!?」と眉をひそめてしまうような人は見るべきではないでしょうw

「3.11」後の悲しみと再生を描くという、出るべくして出たアメリカ映画という感じですが、いい映画だと思います。苦しんでいる人間の傍に寄り添える友人の存在はかけがえないものです(しかも黒人と白人ときた)。

カウンセラーのリヴ・タイラーは良かったな。こんな美人カウンセラーのセラピー受けたいわ。
>|