るるびっちさんの映画レビュー・感想・評価

るるびっち

るるびっち

映画(44)
ドラマ(0)
  • 44Marks
  • 16Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

2.5

舞台のように説明台詞を喋りまくる。
ドラマの人が初監督したということで、偏見かも知れないがテレビドラマ風だなと感じた。

「過去は変えられないけど心は変えられる」
そこがタイムリープ物として新アイデア
>>続きを読む

嘘八百(2017年製作の映画)

3.8

贋作を掴ますには「ニード」「スピード」「グリード」の三つが必要と劇中にある。
が、もうひとつ「エピソード」もあると思う。それも相手が欲しがる逸話だ。
秀吉に切腹を言いつけられたことで却って、″かもめ″
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.5

終わり良ければ全て良しってっ感じ。
真ん中がちょっともたつく。
枷もなく危機もないのでドラマとして緊張感がなく詰らないのだが、オチに力を注いでいるのか最後が秀逸であった。
特にラスト自体は予想もできる
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.3

いきなり格闘シーンでヒロインが負けてしまう。
賞金稼ぎのレースでも失敗。
旅に出れば引ったくりに遭う。
それ以外でも散々な目に遭う。あまり強くない。
つまりスーパーヒーローというより未熟なヒロインで、
>>続きを読む

ヒトラーと戦った22日間(2018年製作の映画)

4.1

収容所にも色々あるらしい。
①強制収容所(主に政治犯や反対分子を収容)
②捕虜収容所(敵国の捕虜を収容)
③絶滅収容所(ユダヤ人・ジプシーを抹殺するもの)

「大脱走」「第十七捕虜収容所」などは捕虜収
>>続きを読む

ミカヨのクレヨン(年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

バイオレンスとファンタジーを掛け合わせた傑作。
あ、それからエロも…ピンク映画なので。

リアリティとファンタジーを掛け合わせた物に「陽だまりの庭で」「ライフイズビューティフル」があり(ピンクではない
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

4.0

「宇宙戦争」で騒いでいた少女がもう大人に…光陰矢の如し。
自閉症でトレッキー(スタートレックマニア)の女性が、自作の「スタートレック」脚本をハリウッドに届けに旅立つ話。
ミスター・スポック同様、他人の
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.6

映画は文句なく面白い!!
そして現実が映画を追随して面白くなりつつある。
ワークショップ出身者で演じた自主製作レベルの映画が、
今や国民的映画になりつつある。
海外でも多数の賞を取り、さすがの差別的な
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.4

主人公と加害者側の生い立ちや環境が似ているというのは、立場を違えても相手への共感を呼ぶ作りとしてよくある設定だ。
しかし、今回は主人公の刑事と加害者側の環境が似ているだけでなく混じり合っているところが
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.8

狼が羊を襲おうとしたら、実は羊の皮を被った狐だった
って感じの話。
どっちもケダモノだよ!!

芥川龍之介の「地獄変」をモチーフに、芸術家の故意か事故かの事件を追う新人ライターの話。
しかし、なんでこ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.8

前半は火山の島だが、後半は大きいとはいえ個人の屋敷内でのアクション。
世界的スケールの映画の割には、規模は小さい。
とは言え、サスペンスとアクションの面白さは演出的にもスピルバーグをなぞる感じで楽しめ
>>続きを読む

激怒(1936年製作の映画)

4.5

まさしく今、観るべき映画だ!!
デマに踊らされて暴徒と化す大衆。
その姿は、昨今のSNSでの炎上とダブる。
80年前の無知な大衆をまったく笑えない。
フェイクニュースを妄信したり、ちょっとしたSNSの
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.8

少年のイニシエーション(通過儀礼)を描いた作品。
「憧れの女性」「おっぱい」「この世の果て」これらが少年にとっての永遠の謎。なので少年は研究ノートを作って日夜分析する。
この三つに絡むペンギン、海、ジ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.5

観る悦楽。
贅沢な御馳走のように、目にご褒美な映画である。
男女の美貌も肉体も、大自然の風景も、超絶アクションも、感情溢れる踊りと心地よい歌も、全て映画的享楽に満ち溢れている。
以前は桁外れな面白さに
>>続きを読む

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

2.8

映画の構造で権力闘争を見せていない所が、作為的でないリアルさもあるのだが、逆に伝わりづらい。
構造で見せるとは、例えば手紙の争奪戦をするとかだ。
スターリンを死に追いやった可能性のあるピアニストの手紙
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

3.4

同じようなアイデアでも、さばき方で良くも悪くもなるんだなーと思った。
同じようなというのは2014年藤原竜也主演の『MONSTERZ』。
①見た人間を操れる ②唯一操れない人間が居る
という部分が同じ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.8

デッドプールを「中身が薄いのを残酷さやギャグで取り繕っている」
という人は幸せな人である。
そういう人は巨大なコンプレックスや絶望を知らない人だ。
デッドプールのギャグや残酷さはその辺りに起因している
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.0

レイプ被害、全米平均の2.5~4倍
殺人件数、全米の7~10倍
行方不明女性の数、全米平均を大きく上回る
そこが「ウインド・リバー先住民居留地」
平均寿命は49歳、失業率80%

若い女性にとって地獄
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.2

「ただ、謝罪だけが欲しかった」とチラシにあるが、そうだろうか?
レバノン人のトニーは、全然謝罪を受ける用意をしていない。
一方的な自分の正義こそ正しいと、知らしめたいだけだ。
強面で横柄な彼の態度では
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.7

目新しさはないが詰らなくはない。
スターウォーズはそもそもスペースオペラで、西部劇を宇宙に舞台を変えたものだ。今回も悪党、盗賊、モンスターに列車強盗、宇宙での闘いという至極まっとうなスペースオペラだっ
>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

2.0

おバカ映画である。バカが気に入るか否かが問題。
ノリは仮面ライダー・戦隊物映画に近い。
所々、舞台のような大仰な台詞があるのは中島脚本お得意芸。
アメコミ風絵柄から一転ジャポニズムに切り替わる。作画は
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.4

アンチ・トランプの流れの中、まさに異端者の権利を音楽にのせて謳った作品。
夢しか持たない男が、髭女や巨人・小人など異端故に権利と自由が持てない人々を集めて興行をする。
異端ということは他にないオリジナ
>>続きを読む

エヴァ(2018年製作の映画)

2.5

試写会で鑑賞。
エヴァよりも、主人公の方が謎めいていて不思議な存在。
彼は、「太陽がいっぱい」のアラン・ドロンが、他人に成りすましたように盗作で世に出る。一種の成りすまし。
なので、主人公の婚約者の視
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.3

超個人的な話ほど普遍性を持つ。
監禁されて育ちTVでは「ブリグズビー・ベア」しか知らないという、とても特殊なキャラでかなり捻った設定なのだが、彼の孤独に皆が共感する。
SNSなど他人との繋がりが簡単に
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.6

追い込まれているのは実は男の方だった。
全米テニス協会から追い出されてもビリー・ジーン(女性)は、堅実に実績を積み上げ前進を止めない。夫との間にトラブルが生じても復活する。
片やボビー・リッグス(男性
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.4

スニークプレビューという、
何が始まるか分からないドキドキの覆面試写会で鑑賞。
始まったのは和製ホラー。
最初の印象では『ガラスの仮面』のホラー版。
舞台女優の入れ替えものという内容。

顔に傷があり
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

2.4

在日の人にとって戦争で無理やり連れてこられた日本での生活は、土地を騙して買わされたり、息子が学校でイジメにあったり、良い仕事がなかったりと大層生きづらい様子が描かれる。
しかし、それらは今では日本人自
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.3

アイデアが最高である。
実際にルームロンダリングという仕事があるのかは知らない。
自殺・他殺等の事故物件に対し、次の入居者にそれを告知する義務がある。なので人を雇い一回住まわせれば、次からは告知義務か
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.7

佐藤健がカッコいい!!
温度のない乾いた目が良い。
ノリさんが老けすぎ、メイクといえ体のシミも汚すぎるのだが、老けすぎというのが重要なファクターらしい。

離婚した裕福な父親への反発と怒りを、本人には
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.2

人類の半分が消滅する危機。2人に1人はこの世から消えるかも知れない。
つまり家族・友人・恋人がいなくなるということだ。
敵、サノスがつきつける命題はあまりに辛い。

そんな思いで観ると、単なるヒーロー
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

リリー・フランキーの尻が意外になまめかしい。
元々役者でもないのに全裸に挑戦って、すでに立派な役者根性である。
彼や安藤サクラ、樹木希林などを中心にして架空の話なのに安定したリアルな芝居が続く。

>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

2.9

北野武監督の「HANA-BI(花火)」を思い出す。
寡黙で孤独。静けさとバイオレンス。孤独な魂のふれあい。

必要最小限の説明しかない。
主人公のトラウマらしき映像はあるが、その説明はない。想像はつく
>>続きを読む

チップス先生さようなら(1939年製作の映画)

4.0

子供時代は短く、老人の時代は長い。
祖父・父・息子と三世代の一族の子供時代を教師として見送るチップス先生。不死身かというほど長生きだ。子供だった生徒の孫が、まるで生まれ変わりのように入学してくるまでの
>>続きを読む

甘い汗(1964年製作の映画)

3.9

甘い汗とは、女性の掻く汗のことだろう。
男が甘い汗を掻くとは想像しがたい。
体を売るのも肉体労働だし、そこには愛憎にまみれた甘い汗があるだろう。
同じ水木洋子脚本の『おかあさん』でも確か、狭い部屋で寝
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.7

意外にコレって、モテない男子の妄想エキスの話かも知れない。
パッケージは洒落たラブコメ、おかしくて切ないデートムービーだ。
元のハリウッド版自体がそのイメージだった。
しかし、さすが福田雄一監督、原作
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.3

前作に比べて、普通の映画になってしまい詰らないという意見をよく聞く。
前作が8歳児の考える怪獣とロボットの落書きのような映画だったので、その稚拙ながら溢れ出るパワーが魅力的だった。
監督のパワーやこだ
>>続きを読む

>|