ゴースト/ニューヨークの幻の作品情報・感想・評価・動画配信

ゴースト/ニューヨークの幻1990年製作の映画)

Ghost

上映日:1990年09月28日

製作国:

上映時間:127分

3.8

あらすじ

「ゴースト/ニューヨークの幻」に投稿された感想・評価

aim

aimの感想・評価

-
過去視聴
電車の中で先輩ゴーストが、生きてる人間の新聞を払いのけまくるシーンが好き
本当に大ヒットして話題になった本作。脚本が抜群に優れていて一筋縄ではいかない名脚本!そしてウーピー・ゴールドバーグが脇をシッカリ支える名演技。そして何と言っても当時のデミ・ムーアのショートカット姿の可愛らしさ!!綺麗な涙がツーっと頬を伝わるだけで...もう...胸がキューと締め付けられる...。「僕に何か出来る事があるか?困っているなら僕を頼りなさい!」と叫びたくなりますが、本当に叫んだら映画の途中で病院へ行かなくてはいけなくなるので抑えました。本作は更にラブロマンスだけでは無くて、サスペンスの部分もかなりシッカリしているのが面白さを加速させている大きな要因。善人の顔をした悪い奴が初登場のシーンから「何か嫌な奴!」と思わせたのでハマり役なのでしょう(嫌なハマり役だな...)。「アンチェインドメロディ」を聴いて涙が止まらない。クライマックスでも涙が止まらない。これぞ「泣ける映画」!!
きわこ

きわこの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

血とか結構グロかったけど、ウーピーが全部かき消してくれてる!最初の方の息が合ってて、仲良いシーンからは予測できない、えぇぇっていうのもあったし、サムとモリーがひたすら美しすぎて、めっちゃいい映画!
JG

JGの感想・評価

4.2
もう30年以上前の作品になるのね〜
サスペンス✖️切ないラブストーリーの教科書みたいな作品。

このレビューはネタバレを含みます

SF要素も入った恋愛映画。
映画の中でアンチェインドメロディが流れるシーンは誰もが一度は目にしたことがあるのでは。レコードを買うきっかけにもなった映画です。
どの役者さんもハマっている良い映画でした。
個人的にはこの映画の中のデミムーアがもの凄くタイプです。笑
メチャクチャ流行ったねぇ

ある意味最近の蘇り系のハシリだったかも

ラブロマンスandサスペンスでホラー要素は限りなくゼロに近い
☆ジュークボックス式レコード、レトロでかっこいい。そこからライチャス・ブラザーズのアンチェインド・メロディが流れて最高だった。デミ・ムーアのハスキーな声が意外だった。
betty

bettyの感想・評価

4.5
言わずもがなの名作。👻
そばにいるのに触れられない。
気づいてもらえないもどかしさが半端なかった。
オダメイ優しすぎて🥲
ツッコミどころもあるけど、最終的にじーんと来ちゃって涙出てきたし、ほっこりしたし、素敵な映画でした。
久しぶりにエンドロールで余韻に浸りながら目が潤った。この感覚が好き。
久しぶりに見ましたが、かなり良かったー♪

有名なろくろシーンの印象が強くて恋愛映画だと記憶してましたが、けっこうホラーでサスペンスでファンタジーでした!

ウーピーゴールド・バーグの寄附するシーンが好き♪笑
そして、やっぱりラストいいなぁ♪
感動の涙♪♪

このレビューはネタバレを含みます

えぇー!? こういう映画なの!? もっとふつうにひたすら切ないラブロマンスが描かれるかと思ったら幽霊としてのカンフー修行みたいなのが始まるし一生ウーピー・ゴールドバーグがおもしろをやるのでビビってしまった…なんだこれ! 死んでからずいぶん好き放題やるじゃねーか! なんなんだよあの地下鉄の師匠は すごすぎる
>|

あなたにおすすめの記事