忘れられない人の作品情報・感想・評価

「忘れられない人」に投稿された感想・評価

Riy

Riyの感想・評価

3.7
『トゥルー・ロマンス』と同じ1993年の作品、クリスチャン・レイターの此方の作品にも興味津々でしたが、淡々たるラブストーリーで、まあまあ。雪景色も良かった。
のんchan

のんchanの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

フォロワーさんのオススメで鑑賞!
1993年アメリカ製作。ちょっと古い純愛物なので、今どきの若者にはウケないかも?私は若者じゃないので、あの時代だよな〜、解るな〜と、胸きゅ〜んとなりました💓切なくも一途な感動ラブストーリー。

舞台はカナダに近いミネアポリス。道路に雪が積もり寒そうなクリスマス🎄から年始❄️のお話。

生まれつき心臓に欠陥のあるアダム(クリスチャン・スレーター)は孤児だった。シスターから「あなたのお父さんはあなたの心臓を守る為、ジャングルで"ヒヒ"と闘って命を落としたの。それを知った"ヒヒ"があなたに心臓をくれたのよ」と言われて育った。それを鵜呑みにして大人に成長し、ダイナーの厨房で働いているが、誰とも会話を交わす事なく、社会順応性の低い寡黙で孤独な青年だった。

同じ店でウェイトレスをして働くキャロライン(マリサ・トメイ)は可愛くて明朗活発だけど、いつも男運に恵まれずちょっと残念な女子。また失恋した上、そこに追い打ちをかけるような事件が起きる。公園で2人組の男にレイプされかかってしまう。
その時、通りがかったアダムに救われる。そのまま家まで運んでくれたが...
実はキャロラインに恋心を抱いていて、毎晩遅くなる帰路を、彼女が無事に帰宅できるかをこっそりつけていたのだ(ストーカー紛いだけどね💦)

そんな彼の気持ちを知り、手を差し延べるキャロラインに、アダムは次第に心を開いて言葉を交わし始める。
彼女は純粋で優しい心の持ち主のアダムにどんどん惹かれていく。

だがアダムの心臓はすぐにでも移植が必要なほど危険な状態だった。キャロラインは手術を勧めるが、彼は昔シスターから聞かされた物語を信じ、自分の心臓が特別なものと思い込んでいて、手術を頑なに拒否する。『もしこの心臓が奪われたら、もう君を愛せなくなる』と切なく訴える。

アダムの27歳の誕生日、アイスホッケーの試合観戦に行った帰りの車の中でアダムの命が尽きてしまう...
キャロラインはアダムが大切にしていたレコードに針を落とし涙にくれる...


ナット・キング・コールの『ネイチャー・ボーイ』が、オープニング、想い出の場面、ラストと流れ印象付けます♬



※好みの問題なのでファンの方にはスミマセンですが、クリスチャン・スレーター(初めて知りました。今まで観た作品の中で出会わなかったので)のお顔がどーしてもダメで、ちょっとポイントが下がったかも🙏

寡黙で、心臓が悪いアダム
誰にも優しいが、振られたばかりのキャロライン
2人は同じ食堂で働く同僚

アダムの行動は一歩間違えればストーカーですが、単にキャロラインを守りたいだけ

女性からの人気が高いラブストーリー、理由は純愛だからです。
クリスチャンスレーターがこんな役できるのねと嬉しい驚き
これは良いラブストーリーだ
しかしながら逞しい胸板に胸毛も男らしく、心臓の弱い病弱な男性にはあまり見えず
mikinw

mikinwの感想・評価

4.3
i saw it on my first flight to north america and i fell in love with it.
継

継の感想・評価

3.9
運動して動悸が激しくなるのはポンプとしての機能に違いないけれど,
好きな人を思ってドキドキしたり, 胸がキュッとしめつけられるのはこれとは違う。
ー心臓に,「こころ」は宿るのか。

生まれつき心臓に疾患を抱えるアダム(スレーター)は, 医師から心臓移植をしなければ生きられないと宣告されるもこれを拒否して病院を抜け出し, 愛するキャロライン(トメイ)のもとへ向かう。

アダムが移植を拒むのは, キャロラインを愛する「こころ」を失うのが恐いから。それなら, 死んだ方がましと思うから。


'93年の作品。
景気の良かった'80年代では企画段階でボツになりそうな, 盛った装飾とは無縁のラブストーリー。
原題『untamed heart』は “飼い慣らされていない(アダムの)こころ” という意味でしょうか。
キャロラインが焼いてきたクッキー🍪を玄関先で秒で食べちゃう(笑)とこなんかは確かに野性味🦁を感じましたがww.
カナダと国境を接するミネアポリスの寒々とした空気感が, お金とか身分とかじゃない純粋なこころのふれあいに自然とフォーカスさせてくれるようでした。


身体が弱くて, 幼い頃から他者との交流・ふれあいを避けざるを得なかったアダムの “コミュ障” 気味なキャラクターが, 純粋なラブストーリーを支えるkey🗝️になっている作品。

人を愛する思いは, 時に思いもよらない力や勇気を奮い立たせます。
一見ストーカーまがいのアダムの行動は はた迷惑な己のエゴからというより,
育った環境から他者の気持ちを慮(おもんぱか)れないアダムの, 純粋過ぎるが故(ゆえ)の “飼い慣らされてないこころ” の表れ。

逆に言えば, 他者の思いを知る私たちは生きなきゃならない。愛し愛される人のためにも精一杯生きなきゃならないと, 本作は言いたいのかもしれません。

束の間の幸せから呆気なく訪れるラストは, 必然と分かっていてもやっぱり...グッとくるものがあります。
移植を懇願するキャロラインの「こころ」, その痛みはアダムには分からなかったかもしれないけれど, そこまでして守ろうとした思いの強さはきっと, ぽっかり空いてしまった彼女のこころを後ろ楯して支えてゆくのだろうと思います。
baby

babyの感想・評価

3.8
まだ続きが、、、

口数少なくて、不思議なアダムに
どんどん惹かれていきました、、、。
そして、キャロラインのツリーを見て
喜ぶシーンなんであんなに
キュートなんですか、、、
ウェイトレス仲間でなんでも仕事中
話すのもよかった。

かなりピュアなお話で
ラブストーリーの映画って感じで
すごく好きでした。ラブロマンス。
ラブストーリー大好きですが
これくらい大袈裟でいいです!
満足。
キャロラインとアダムの関係が
いい意味で映画らしく美化されている
というか、おとぎ話のように進んで
いくストーリーが印象的。
キュートな2人だった、、、

まだ続きが、、
の言葉に続いてアダムが
見守っているような。
この2人の物語はずっとずっと
続きがあるように思えます。
mocoromi

mocoromiの感想・評価

3.9
雑誌のおすすめで観てみたが、お伽話のような優しい映画だった。
ラブストーリーはあまり得意ではないが、10代の頃初めて観た時はアダムの儚く優しい愛情に涙が出た。
とても切ない映画


涙が止まらない。


失恋した時はぜひ、観てください!
視聴記録は残っているものの、全く内容を覚えていないので評点なし。
2004年10月時点のメモを以下に一応転記。
「結構好評価らしいが、おそらく役者陣が私の好みに合わなかったのだと思う。そう思いたいぐらいつまらなかった。いくら窮地を救ってくれた恩人でも、いきなり寝てる間に不法侵入されて寝室にクリスマスツリー飾られたら喜ぶより怖いだろ!同じダイナー職場恋愛ものの「恋のためらい」と比べるとあまりのチープさガキっぽさにかなり退屈した。」
>|