ニューヨーカーの青い鳥の作品情報・感想・評価

「ニューヨーカーの青い鳥」に投稿された感想・評価

変な人がいっぱい

すてきなおうち

話を遮るため歌う

「探してるのはこの言葉?」

相変わらずアルトマンは反抗している
さ

さの感想・評価

4.0
登場人物みんな頭おかしいのに全体的にはロマンチックな仕上がりで、その感じがかなり好き
20191228
冒頭5分位、人物の秒刻みの錯綜がテクニカル。群像のプロの仕業ではありますが、登場人物が一人残らず頭イカれててキッツう~
蹂躙

蹂躙の感想・評価

4.2
アルトマンのアクの強さをコメディで煮詰めたらこうなる、って感じ。ちょっとごちゃごちゃしてる。また、カメラワークの美麗さはあまりない。

登場人物が精神異常者ばっか、セラピストまで狂ってる。それを描くアルトマンも狂ってるという色々疲れる映画。しかし単なるコメディではなく、性差別や同性愛差別が強調されて描かれてるのはこの時代にしてはすごいんでは?ゲイがはなつ空の鉄砲は、ゲイの声が届かないことを示している?

以下好きなシーン
ゴールドブラムが足舐める
回転ドア?のキス
銃を乱射する場面の破綻ぶりがまさにアルトマンならではの芸当。突然のスロー、ダンス、笑みを浮かべる女性、明らかに6発より多い発射数、どさくさ紛れに酒の一気飲みやら人を叩く効果音まで銃声に。いやあ、凄い。
まつこ

まつこの感想・評価

4.3
面白かった!アルトマンの中でも上位にくい込む面白さとドタバタさ!健在のシニカルさに笑いが止まらない!

ゲイがキライって言われてるのに俺は両刀だから♡って切り返すジェフゴールドブラムが最高。

ラストの言葉を聞いたらおもちゃ箱がひっくり返ってわちゃわちゃしていた部屋がスッキリ片付いたような気分になった。さすがの一言に尽きる。

「人の期待に応えることや自己発見が人生ではない。できることに全力を尽くしたらいいじゃないか。すべてが理想ピッタリじゃなくていい。情熱と行動が人生だ。」
otom

otomの感想・評価

4.6
カオス。ほとばしるM★A★S★H感は紛れもなくロバート•アルトマン作品。全員が病んでいて、全員が明後日の方向を向いていて何もかもが噛み合っていないのにこの満足感は何なのか。傑作としか言えん。
こと

ことの感想・評価

4.6
お芝居見てるような映画。

ウディアレンに通ずるものを感じる…
途中で寝落ちして 翌日最初から見直したけど 最後までのれなかった。
中学生のとき観たけど、登場人物もストーリーもはちゃめちゃな映画だった気が、

中だるみはかなりあったけど最後はいい感じだった記憶は残ってる。
>|