ビー・デビルの作品情報・感想・評価・動画配信

「ビー・デビル」に投稿された感想・評価

an

anの感想・評価

3.5
韓国のスプラッターってあまり聞き慣れないけど舐めてました

前半の胸クソあっての 後半スプラッター 胸クソぶりはやっぱ韓国 最強!

スプラッター的にはそこそこ、いや、けっこういい線いってるかも でもちょいくどいかな? 後 ラストきれいにまとめ過ぎの感も... 韓国映画あるあるではあるけれど...
OPがこういう流れでつながるわけね 納得

それにしてもソ・ヨンヒの演技凄まじい
ファン・グミ 橋本愛に見えて仕方なかった笑
マドカ

マドカの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

終始ソ・ヨンヒが美しすぎた。
コンディションいいときの藤原紀香みたい。

他の方も書いてある通り、味噌のシーンは笑えました。あと、村人殺しまくる割に唯一ぼけているおじいさんだけ殺さなかったところもじわじわきてしまいました。(そこ殺さんのかーい)
つくり・流れは分かりやすい
胸糞悪さとコミカルが入り交じる人間ホラーもの。
ただ、主演の人の演技が上手いのか、
悲しさがやけに頭に残る作品
小さい集落もの大好きなのでおもしろかった。
胸糞だけど閉鎖的な田舎あるあるなのかもしれない。
ボンナムの立場ならああなってしまうのもわかる気がする。
ほんと胸糞といったら韓国映画だよなぁ。
ハズレなし。
みき

みきの感想・評価

3.6
「悪魔を見た」みたいな超陰惨バイオレンス映画だと思ってドキドキしながら観たけど、意外にも一見爽やかなシーンが多くて観やすかった!
バイオレンス度低くはないけど、個人的にはもっとやれ!という感じ。
さつき

さつきの感想・評価

3.9
人間関係と男尊女卑が酷い。
でも昔の日本でも田舎や集落のほうでも、もしかしたらこれに近い環境も有り得たのかも😓
わたしは何のために生まれ生きてきたのか。そんな疑問さえも浮かばないのかもしれない。悲しい
久しぶりに胸糞で良作👌
あいり

あいりの感想・評価

3.0
完全にジャケに惹かれての鑑賞だったけどだらだら胸糞悪い話を観せられただけで結構退屈な作品だったな…

本作の監督がキム・ギドクの助監督を務めてからの長編デビュー作のためか容赦ないバイオレンスを描くのにすごく長けてたと思うし、映像に関してはキム・ギドクよりも好みだった。
サコ

サコの感想・評価

3.5
生まれて育った場所がそうなら、何もわからなかったら、これが苦しくても普通だった。
どこかで普通や、人との差を感じた時に一気におかしいこと、苦痛に変わる。
どこが信じていたのかも知れない、
みんながおかしくても、
あなただけは同じ痛みを知っているから必ず助けてくれる、見つけてくれるって、

見つけてくれなかった、
もう、何も我慢することはない、
大事なものはもう全て失った。
もう10年くらい前になるのだけど、
園子温がTwitterアカウントを持ってて
私がどうでもいいツイートにメンションつけたら、
酒飲んでる園氏がからんできてですね、
その流れで今作はすごいと言及してたんですよ。

しかしなかなか見る機会がないままでいたんですが、またもやU-NEXTですよ!
ついに見ることができました!

そしてこれが本当にすごい作品でした!
監督がこれっきり撮ってないために
後続の素晴らしい作品に埋もれてる感じですが、
これまで見てきた数多の韓国暴力系映画に全く見劣りしないどころか、
こういう描き方があったかと驚きました。

まず興味深いのは主人公の立ち位置かなと。
オープニングからひたすら不穏なソウル描写なんだけど、
社会のせいとも言い切れぬ主人公の振る舞いがあり、
それがどう島で爆発するのかと思って見てても、
なかなか爆発してくれない。
というか、なんか島民間の関係性がどきつくて、
主人公はその中に巻き込まれる気配がない。
どうやらこの人は爆発しないっぽいと感じてくる。

案の定、主人公ではなく幼馴染が爆発し、
いよいよ島民が皆殺しになっていくのだが、
その幼馴染が主人公をどうするのかがわからない。
この辺りのぼかし方は後々考えるとうまかった。
なんとか主人公は島を脱出して、
なんか主人公の立ち位置微妙だったなぁ〜と思ってたところで最後の展開!
ここまでの運び方が本当に秀逸!

幼馴染が一人で不条理の捌け口となり、
しかも無防備な主人公の盾にもなっている。
なぜなら主人公こそが希望であるからなんだけど、
その希望である主人公が決定的な裏切りをすることが、
幼馴染が暴れ出すトリガーとなる。

とは言え幼馴染にとって主人公は大切な存在で、
そこが最後に本当に痺れるエンディング。

マジで園子温、間違ってなかった!
これは本当におもしろかったわ〜!
みっ

みっの感想・評価

2.1
息苦しい映画だった
汚らわしくてやっぱり韓国映画苦手だとつくづく思う
>|

あなたにおすすめの記事