ハンターの作品情報・感想・評価

「ハンター」に投稿された感想・評価

masa1

masa1の感想・評価

3.0
「プラトーン」のウイリアムデェフォー主演の2011年豪サスペンス映画

【ハンター】

幻のタスマニアタイガーの生体を採取する依頼のために森に入る孤高の凄腕非合法ハンター。前半はベース基地として借りた民家の家族との触れ合いを通して人間性を取り戻す。
しかし、次の雇われたハンターもやって来てタイガー争奪戦になり、借家の家族も巻き込む事件になってしまう。
ラスト、最後の生き残りのタスマニアタイガーにやっと遭遇するが…

お気に入りのカメレオン役者ウイリアムデフォが今回は渋い。
jyave

jyaveの感想・評価

3.5
原題:THE HUNTER
日本劇場公開日:2012/2/4
キャッチコピー:
最後の標的。
男は、何に照準を合わせたのかー
キーワード:
幻の野生動物(タスマニアタイガー)
少々設定が稚拙にも思えるが、ウィレムデフォーの顔が観る者全てを緊張させる

もう少しサスペンスドラマの質が高ければ良かった
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
謎めいた行動を見せる孤高のハンターの運命を描くサバイバルサスペンス。凄腕ハンター・マーティンは最先端企業の依頼で“幻の野生動物”タスマニアタイガーを追っていた。しかし謎の敵の襲撃や前任者の遺体を目撃し、依頼に疑問を持ち始める。

内容(「Oricon」データベースより)
孤高のハンターの生き様を描いた至高のサバイバル・サスペンス。レッドリーフ社というバイオ・テクノロジー企業の依頼で“幻の野生動物”タスマニアタイガーを探し求める凄腕のハンターは調査中の森の中で正体不明の敵とのトラブルに巻き込まれていた前任者の遺体を発見し、軍事産業にも関わっている同社と仕事内容に疑問を抱き始める。しかし、この時すでにハンターの背後には彼の命を狙う別のハンターの影が忍び寄り…。
★★★liked it
『ハンター』 ダニエル・ネットハイム監督
The Hunter

ウィレム・デフォー as タスマニアタイガーを探すハンター
部屋を借りてる母子との交流

オーストラリア、タスマニア島
美しい雄大な大自然&音楽いいな
ストーリーがちょっと
ややサスペンス&ややヒューマン
中途半端に感じたけど
ウィレム・デフォー&子供達がいい味出てたわ

だから余計に悲しかったやん
ザン

ザンの感想・評価

3.6
世界に誇る日本の四輪駆動車三菱パジェロが山と町との往復に何度も登場したのが嬉しかった。窓は割られたけど。あのタスマニアタイガーは狼の腰周辺にペイントでも施したのか。デフォーの仕掛けが思わぬ形で役に立った。
にく

にくの感想・評価

-
D・ネットハイム監督『ハンター』(11)。傭兵デイヴィッド(W・デフォー)はバイオ・テクノロジー企業からタスマニア・タイガーが分泌する麻酔毒を採取せよとの依頼を受ける。個性派俳優を大自然の中に立たせるまではよかったが、それもその周辺世界の設定に説得力があったればこその話だろうに。
#孤独な仕事師
#几帳面
#潔癖症ぎみ
#クラシック オペラ
#孤独な仕事師が人、家族の暖かみを知り心許していく
#物悲しい
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.3
祝、ウィレム2年連続オスカーノミネート。この人やっぱ面白い顔してるよなぁと思う。素で鬼みたい。いつ見てもスパイダーマンのゴブリン思い出す笑。ハンターとしての仕事人ぶりよりも子供たちとお風呂入ったり電圧機修理したり等の交流の方が心に残る。鬼の目にも涙てか、違うか
ヒューマンドラマ、サバイバル。

ヒューマンドラマパートいらなかった気がする。
>|