おやすみなさいを言いたくての作品情報・感想・評価

「おやすみなさいを言いたくて」に投稿された感想・評価

kuniko

kunikoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

紛争地帯で、自爆テロの様子を非情にシャッターを切る女主人公。戦場ジャーナリストというのは、自分の命を顧みず、目の前で殺人行為が行われていようと、カメラを向け続ける冷徹な面がないとできない。悲しみにくれる人や逃げまどう人、今死に行く人、置き去りにされた死体にレンズを向ける。彼女には、アイルランドに家族があって、夫とまだ若い(小さい)娘がふたりいる。生死をさまよう大怪我の後、帰省すると、家族はそれぞれに不満を抱えており、そこで家族を選ぶのか、自分の使命を選ぶのかを迫られる。しかし、ここで彼女の本質が現れてしまう出来事が起きる。彼女の娘が安全と言われていたキャンプに同行することになるのだが、そのキャンプは戦闘に巻き込まれる。その時主人公は娘をほかの人に託し、自分だけ戦場へ写真を撮りに戻っていってしまった。わたしは恐ろしいな、自分の子どもを第一に守らないんだ、違うんだなと思った。主人公はどんどん突き進み、戦車や銃で襲われた集落をカメラで追う姿は、狂気の沙汰に見えた。よき家庭人であろうと努力をするが、夫からは死臭がすると言われ、娘は使命にまい進する母親に複雑な気持ちを吐露する。その後、彼女はまた戦場へ戻る。冒頭と同じく、自爆テロの儀式のようなものが行われ、体に爆弾をたくさん巻きつけていく若い女性。その女性を見て、彼女は前のようにシャッターを切れなくなる。状況の異常さを感じ、恐れ、立ちすくむ。そのメンタリティは、以前のようにタフではないかもしれないが、今まで麻痺していた感覚が戻ったようで、すごい写真を撮ることに匹敵する重要なことに思えた。その後の主人公がどういう道を選ぶのか。娘は将来、どのような生き方を選ぶか。気になる。
whitelily

whitelilyの感想・評価

4.5
心が引き裂かれそう。

喜怒哀楽、感情は人を動かす力を持つ。だけど自分を否定されたとき心の拠り所は何処へ。戦場写真家のレベッカとその家族。世界で起きる戦争は幸せな家族の肖像に暗い影を落とす。
死と対峙する勇気は大切なもの全てを手放す覚悟と同等に思える。でもその信念は大切なものを守りながら恐怖と向き合うこと。何もかも手放さない強さを持つこと。

平和な暮らしを望みながら戦地に赴くレベッカの強さと不安に耐え続ける家族の姿に何度も胸が引き裂かれそうになった。世に伝えていかなければという使命感と裏腹に悪化する戦地の現状と悲劇を繰り返す人間の愚かさに脱力。終わりのない暴力の連鎖と無力感にただただ絶望。

そんな………?!!な終焉にエンドロールは身動きとれず。

一時の平和と継続的な戦地が対称的に映し出される描き方が凄かった。死への恐怖と不安に駆られながらレベッカを必死に理解しようとする家族の描き方も良くて、こんな風に闘っている家族も世界にはいるんだなとリアルを突きつけられた。心の拠り所を手に入れたレベッカに…あの現状は辛すぎる。

重いけれど普遍的なテーマを深く考えさせられたので観て良かった。ジュリエット・ビノシュ好きなのよね。あの目力あるけど優しい瞳。
みんと

みんとの感想・評価

4.0
最小限の台詞と最大限の音楽効果で感情を思いっきり揺さぶる作品だった。

きっと大きく賛否両論別れる作品であり、人はそれぞれ使命を持って生まれ来るのではないか?強くそう思わされる作品でもあった。

女性戦場写真家であるレベッカ。危険と隣り合わせの紛争地域に赴く彼女の帰りを待つ家族の不安は計り知れない。
絶えず死を覚悟してその帰りを待つ家族、夫の目線、子供の目線、どの立場に立っても深く共感出来る。

けれど突き動かす強い使命感と情熱は、誰かがその役割を担わなければならない重要な役目でもある。

世界のどこかで起こっている悲しい現実、例えば能天気に身近なニュースに沸き立っているその時にも世界の何処かで理不尽を強いられている人達がいる。

冒頭の自爆テロのシーンはもはや架空の世界ではない。
けれど誰かが伝えなければそれは単なる架空の出来事に過ぎないのだ。

紛争地域での撮影、心を突き動かす使命感はもはや誰も止められない、いや止めてはいけないレベッカの生き様そのもの。

ラスト娘を送り出す母親の項垂れた背中と我が娘を重ね合わせシャッターを押す事も出来なかったレベッカの無念さ、その表裏一体となった映像が頭に焼き付いて離れない。

とても重く、それでも決して目を背けてはならない作品だった。
CHまち

CHまちの感想・評価

3.2
《作品概要》
女性で戦場カメラマンを仕事とするレベッカはある紛争地域で事故に巻き込まれてしまい重症を負うことに。ぎりぎりのところで命を取り留めた彼女は病室で再び家族に再会でき、改めて自分の仕事と家族のことを見つめ直すことになるのだが…。

《感想》
ストーリー展開としては戦場から帰ってくるレベッカを心配に待つ家族の心の痛みや、戦場カメラマンの仕事に対する覚悟とプライドみたいなものを主に描いています。

戦場で写真を撮る意味とは?命をかけてそこまで続ける価値があるのか?を改めて問いただす作品。かなり重いテーマです。

日本で平和に暮らしいるから想像しにくいことだとは思いますが、だからこそこの映画を知れてよかったと鑑賞後に思いました。

ただ中盤でかなり危険な場所でも関わらず写真を撮るシーンが物語上、少し過剰な演出なのでは?という気がかりな点が少なからずあったりもしたのでそこは少し意見が分かれるかも知れません。

しかしその他は概ね完成度は高く、役者の方の演技もとても引き込まれる魅力を感じた作品でした。
雪

雪の感想・評価

3.8
こーゆー写真を撮って世の中に現状を見せるのは必要なことだと思うけど…。
レベッカにはイライラした。
カメラマンとしては最高かもしれないけど、家で待ってる人の気持ちは考えないのか。
死ぬのは自分だからとしか思ってないように思える。

娘と一緒に戦闘に巻き込まれた所も、もう母親よりもカメラマン。
あれじゃ子供はたまったもんじゃない。
帰ってきてから旦那にブチ切れられるのも当たり前。

……なんで結婚したのか…(´-ι_-`)
愛ゆえに止めるし、愛ゆえに送り出す。
矛盾するこの行動はとても悩ましい。
この決断で、一生後悔するかもしれない。夫は仲間と談笑した後にさらりと言ってたし、そんな葛藤は描かれてないけれど、母が戦場に行く度にレベッカよりもずっと生きた心地がしなかったのだと。。。

娘が戦場での母を認め始めたことが大きかったんやろう。ただ闇雲に反対するのではなく、命をかけて戦場に出向く母の生き様を知った事で母を誇りに感じたのも確かだと思う。

伝える誰かが母だったと私の母が伝える誰かである必要はないとも、きっと何度も感じたであろうに。

ひたすら娘が写真を連写するシーン。
言葉ではなく、撮られる側となった母親への無言のメッセージが強烈だった。
柚子

柚子の感想・評価

4.0
冒頭の自爆テロのシーンに衝撃を受け、そのまま映画の世界にのめり込まれていった。
あの自爆テロの取材シーンによって、観ている人に対して様々な意見・感想を抱かせるような構成に思えた。
テロをテロリスト側から見られることってまず無いし、悪役として一元的に扱われるテロリストの裏側、テロへ向かう心情を見ることでこれまでと違った考えになる。

映画の中の登場人物たちもそうだし、レビューを読んでいてもレベッカは母親らしくあるべきだ、という意見が多くて驚いた。
日本でも少し前ジャーナリストの自己責任論が問われていたけど、ジャーナリストに女性、母親であるという要素が加わることでこうも世論は変わるのか、というのが印象的。

でも芸能人の不倫がトップニュースになるようなテレビ番組を見ていると、実際に紛争地帯に出向いて世界の現状を伝えたくなる気持ちになり、比べ物にはならないけどレベッカの気持ちも少し理解できる。

私のペラッペラな感想ではうまく表現できないのがもどかしいけれど、今までの考えが変わる映画だった。
hagy

hagyの感想・評価

3.0
終わりある人生で、日々何をするのか
ジュリエットビノシュは問われます
家族を愛するために生きるか
はたまた自爆テロを写真に収めるか


各登場人物の立場に寄り添って描かれており、彼らのやりとりがリアルに映し出されます👏
けど、観てる側からすればもう少し複雑な心情になってもおかしくないはずが、案外単純な二者択一だったので、深みが感じられませんでした
今まで観てきた映画の中で最高の一本。作り込まれたストーリーと、リアリティかつ美しい上質な映像と音響が心を鷲掴みにします。
イシガ

イシガの感想・評価

4.0
それを行う原動力は、使命感とかぬるいものじゃなくてもっと本能的な怒り…

家族を大切にするってのはつまり自分を大切にすることで、その心情とその怒りは共存できない。母としては生きて、ジャーナリストとしては死んだんだろう。

なんか言葉で表せられない奥行きを感じる作品だった。
>|