愛は霧のかなたにの作品情報・感想・評価

「愛は霧のかなたに」に投稿された感想・評価

ウーマンサクセスストーリーが好きという妻にこの映画を勧めた
関節を極められた
6151

6151の感想・評価

5.0
動物と人、愛情を掛ける事に大きく変わりはないし人間同士よりも伝え方はずっとシンプル。

良い物語だった、確か。
ダイアンは、動物が好きでアフリカのゴリラの研究調査員となる。山奥でガイドを雇い一人生態を調査する。ゴリラの密漁にも反対するようになり、時には度を越した手段に訴えることも。
ダイアンのおかげでゴリラの密漁は減少するが、何者かにダイアンは殺されてしまう。
シガニーウィーバーは強い女性にはまるが、今回は少し違う雰囲気の強さが求められたのでは。剛でなく柔の強さのような。
ひろ

ひろの感想・評価

2.7
ゴリラに生涯を捧げた女性の物語。
お金の為に乱獲する民族と真っ向からぶつかるシガニー姉さんは本当に強い。
ラストの後味が悪いとこが残念
ゴリラは確かにすごいけど、ダイアンがなぜゴリラにそこまで熱意を持ったのか、最初の方がよくわからなかった。嗜好品や化粧道具などを注文するのも理解できなかったし、カメラマンともなぜ恋に落ちたのかよくわからなかった。民族は生きるために殺すので別に悪いことはしていないと思った。誰が悪いと決めつけられるものではないが、消費者がいること自体が問題なのではないだろうか。

エイリアンのシガニー・ウィーバーが
ゴリラの保護をする映画。

どういうテンションで見ればいいのか。
ゴリラの保護活動に、生涯を注いだ女性。
強くて潔い心の持ち主じゃないと、なかなかできないことだと思う。
最期が無念でならない。
マウンテン・ゴリラの保護に半生を捧げた女性学者ダイアン・フォッシーの生涯を描く。

シガニー・ウィーヴァーのゴリラな演技と密猟者との戦いは見応えあり。ゴリラとの距離も良い緊張感がある。群れのボスゴリラは着ぐるみだけど結構リアル。子供ゴリラの可愛さは反則。

しかし、人間の私利私欲の為に動物が犠牲になるのが悲しい。動物園の話は精神的に来る。

ラストは無念だろうね。まだ色々とやりたいことがあっただろうに...。

映画を通してこのような人物を知ることができるのも映画の良さの一つ。
犬

犬の感想・評価

3.7
盲腸

絶滅の危機に瀕していた中央アフリカ・ルワンダの山岳地帯に棲息するマウンテンゴリラに限りない愛を注いだ米人女性動物学者ダイアン・フォッシーの半生を描く伝記ドラマ

こんな女性がいたとは、、

女性1人でジャングルに来るのってスゴい
功績もなかなかスゴいみたいですね

内乱や乱獲など、アフリカの実情も知れる

あと、ラストがスゴい

ゴリラとの距離が近い〜
ゴリラが追ってきます💦

ただ、残念ながらシルバーバックは着ぐるみみたいです

そして、シガニー・ウィーバーの迫真の演技!
そして、ゴリラのモノマネ
途中からホントのゴリラみたいでした笑

「ゴリラはパスポートを持っていない」は名言

ゴリラに恋をしちゃう⁉︎
琉太

琉太の感想・評価

2.3
エイリアンと戦わないリプリーに魅力感じず
早送りしたい気持ちを抑えて最後まで観ました
>|