愛は霧のかなたにの作品情報・感想・評価

「愛は霧のかなたに」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

3.7
盲腸

絶滅の危機に瀕していた中央アフリカ・ルワンダの山岳地帯に棲息するマウンテンゴリラに限りない愛を注いだ米人女性動物学者ダイアン・フォッシーの半生を描く伝記ドラマ

こんな女性がいたとは、、

女性1人でジャングルに来るのってスゴい
功績もなかなかスゴいみたいですね

内乱や乱獲など、アフリカの実情も知れる

あと、ラストがスゴい

ゴリラとの距離が近い〜
ゴリラが追ってきます💦

ただ、残念ながらシルバーバックは着ぐるみみたいです

そして、シガニー・ウィーバーの迫真の演技!
そして、ゴリラのモノマネ
途中からホントのゴリラみたいでした笑

「ゴリラはパスポートを持っていない」は名言

ゴリラに恋をしちゃう⁉︎
琉太

琉太の感想・評価

2.3
エイリアンと戦わないリプリーに魅力感じず
早送りしたい気持ちを抑えて最後まで観ました
山本郁

山本郁の感想・評価

3.4
シガニーウィーバーは本当に潔い強い女性役が似合う似合う、リプリーが頭の片隅から消えなかった。
本物のゴリラの群れで撮影してる事にもシルバーバックの完ぺきな特殊メイクにもビビる。
ラストシーンは個人的に胸打たれた。
ダイアンのゴリラ保護活動とかマウンテンゴリラ愛があっぱれだった。
マサ

マサの感想・評価

3.0
マウンテンゴリラを守るために生涯をかけた女性の話。ゴリラが間近にやってくるけど、あれは本当に撮っているのだろうか?最後の終わり方は人間の欲とゴリラへの愛が真向からぶつかったノンフィクションだけにとても現実味のある結果。
アフリカのジャングルで野生ゴリラの調査をした実在の動物学者ダイアン・フォッシー(シガーニー・ウィーバー)の物語。
はじめはジャングルを嘗めてかかって苦労していた彼女、ゴリラのグループにもようやく接近し調査の成果を上げはじめる。
しかし最後に彼女が直面する大きな問題はジャングルの厳しさでも愛情を注いだゴリラの観察調査でもなく、希少野生動物であるゴリラの密猟者達であった。

ゴリラを愛するのは解りますが、作品を観る限り何となく彼女は感情の起伏が大き過ぎる人物にみえます。
気持ちが穏やかな場面と激昂する場面の差が大きい。
Wikiで調べてみる限りやはりそんな人生を送った人のようでラストについてもミステリアスのようです。
作品はその彼女の人生を的確に捉えているようです。
AyA

AyAの感想・評価

2.0
実話だとは思わなかったからびっくりした。病気で死ぬのかと思ってた笑
Daisuke

Daisukeの感想・評価

3.8
サタシネの大仕事
絶滅危惧種のゴリラを救うべく、シガニー姉さんが密猟者を絶滅させにジャングルへ行く話。エイリアンは出てこないがプレデターは出てきます。ダウンタウンの浜ちゃんもいっぱい出てきます。シガニー姉さん渾身のドラミングが見れるし、意外に実話でした。
全てを守ることはできない。
人のためにゴリラを殺すことも、ゴリラのために人を殺すことも許されない。でも、どちらかを選ばなければならなかったら…?
sho

shoの感想・評価

3.0
主人公が若干の基地外。
タイトルから感動もののラブストーリーだと勝手に思ってみたのもおかしかったが、なんか納得ができないが、実話なら仕方ないかな、、

結果的にゴリラの絶滅危機は救えたが、そのために人間が死んでもいいのか?というセリフは間違っていないと思う。
花紫

花紫の感想・評価

3.4
邦題だけ見て、シガニー・ウィーバーの恋愛ものだと思ったら全然違った。
ゴリラの生態系調査をする女性の実話。
>|