恐怖の振子の作品情報・感想・評価

「恐怖の振子」に投稿された感想・評価

巨大振り子の造型と金属の擦れ合う音が素晴らしくて痺れる。振り子も怖いが死んだフリからのおメメぱっちりヴィンセント・プライスがさらにコワイ😭

このレビューはネタバレを含みます

追いかけてくる幽霊の生っぽさは黒沢清っぽい(実際生きてるんだけど)

『スリーピー・ホロウ』とか『クリムゾン・ピーク』の一部の要素はここから持ってきているなと

ヴィンセント・プライスの死顔(直後生き返る)ちょー怖いよ
horahuki

horahukiの感想・評価

3.8
スペイン城主に嫁いだ妹が死んだ!
その死は不審なことだらけ。
「本当のこと教えろや!」と城に怒鳴り込みにきた兄が遭遇する奇怪な出来事を描いたゴシックホラー。

DVDとかVHSとか買うだけで満足しちゃって見てないやつが溢れてきたので、ちょっとずつ消化していこうと思います。まずはだいぶ前にDVDボックス買ったこれから♫

あらすじ…
妹の死の原因を知りたくて嫁ぎ先を訪ねてきた主人公。そこには亡き妹の夫である城主とその妹、使用人2人がいた。城主から死因を聞くも要領を得ず、不信感が強まるばかり。そこに死の診断をした医師がやってくる。皆の話によると、妹は屋敷にまつわる恐怖にあてられ死んだという。そして城主は埋葬の際にまだ命があったのではと考えており、生きたまま埋葬してしまった罪悪感に苛まれていたが…。

B級界の帝王として名を馳せるコーマン監督ですが、本作では確かな演出力を発揮しており、マシスンの脚本と合わさって傑作に仕上がってるように思います。冒頭、引いたカメラによって空間を大きく使った地下に降りていくシーンなんかは屋敷の荘厳で異様な雰囲気をうまく引き出してるし、色彩をガラッと変えた回想シーンなんかも良い。

そして何よりタイトルにもなってる振子の演出。台の上で縛り付けられた男の上で巨大な刃の振子が左右にガタンガタンと揺れ動く場面。他の余計な音を完全に廃し、その規則正しく無慈悲な音を効果的に利用した素晴らしい演出。『SAW』のどれかに同じようなシーンがありましたが、本作は恐怖演出という点では圧倒的。残虐さはあちらの方が上ですけどね。

崖上に立つ屋敷の外観やその内装、衣装のゴシックな雰囲気も良い。極め付けは屋敷の地下にある拷問室なのですが、様々な器具の中でも目を引くのがやはり巨大振子。どうやら実際に鉄製のものを利用したようで、縛り付けられた男のヒヤヒヤ顔はリアルな反応だったのかも(笑)美術担当が『襲い狂う呪い』では監督も務めたダニエルホラーなのですが、安いものを豪華に見せるセンスはさすがです。

マリオバーヴァの大傑作『血ぬられた墓標』でコーマンが目をつけたバーバラスティールを重要な役どころに起き、有名なあのシーンのオマージュを取り入れるあたりもホラー好きには嬉しい限り。ポーの『早すぎた埋葬』の要素を取り入れてるとはいえバーバラスティールがあんなことになるのはやはり『血ぬられた墓標』を想起させますね。

そんな感じで面白かったです!B級なはずなのですが、かなりお金かかってそうに思えるほど豪華さに溢れた作品でした。そう思わせるあたりがさすがコーマン監督ですね!
スペインの城主のところに嫁いだ姉の死を調査に来た男が、狂った城主によって捕らえられ、地下牢獄内の大仕掛けによって命をおびやかされる恐怖を描くゴシックスリラー。
監督は低予算映画プロデューサーとして有名なロジャー・コーマン。作家として手腕を振るった作品は広く知られていないが、ホラー・サスペンスの先駆として文化史に名を刻むべき偉大な監督だ。そこらの中途半端なアートかぶれよりも、よっぽど映像文化の発展に貢献している。
巨大な刃のついた振子が男の真上で動き出す場面はかなりスリリング。「ガッコン…ガッコン」と金属が接触し擦れる音、「ギイィィ!キリキリキリキリ」と歯車が軋む音、「グワン…グワン」と自分の腹の上を通り過ぎる刃が空を切る音、不気味な壁画と揺れる影、断崖絶壁上の古城と、色調を変えたサイケな映像のインサート、振子の往復にあわせてそのカットが切り替わる映像は、感覚に作用し不気味に恐怖をあおる。
邦題のタイトルの正しい読みがよくわからなくて、ネットでは「ふりこ」と書いてあるけど、この映画の存在を知った雑誌には「しんし」と書いてあった。どっちが正しいの?教えて偉いひと!
寂々兵

寂々兵の感想・評価

3.8
原作ポー、監督コーマン、脚本マシスン、主演プライスという鉄壁にも程がある年代モノの怪奇ホラーで期待通りの面白さ。白々しいほどの断崖絶壁と古城、悪魔的にゴシックな内装、俗悪趣味極まる中世の拷問器具、サイレントを彷彿とさせる回想シーンの豊かな色調。手作り感満載のミイラにも割とビビった。クルーゾーの『悪魔のような女』に影響与えてそうだなあとか適当なことを書こうとしたらこっちのが後に作られていたとは。惜しむらくはジョン・カー(引くほどの男前)が最初から最後までまったく表情を崩さないことで、せめて終盤くらいはアルジェント映画みたく大げさに目玉ひん剥いてほしかった。
中盤メチャクチャ眠くなったけど、終盤のドンデン返しに次ぐドンデン返しに次ぐドンデン返しにより、パッチリお目覚め。拷問シーンもまんまとハラハラされられちゃったよ。